ぱぱぱっとクッキング アオサとタコの酢醤油七味トウガラシ和え2016/02/14Sunday

c0156021_14174129.jpg

平成28年2月14日お天気の日曜日
今日は2月中旬前にしては暑いくらいのお天気
お昼過ぎで気温18.6度 午後3時過ぎで23.4度!
雨上がりのお天気の日曜日
c0156021_15581607.jpg

c0156021_15581695.jpg

c0156021_16022061.jpg

きょうはおやすみなのでのんびりおひるごはんにしました

タコと白子をオリーブオイルでローストしたので
ローストした蛸の足と水で数十秒戻した沖縄のアオサを
酢醤油と七味トウガラシしであえてみました

材料(一人分)
蛸の足1-2本
アオサ(数十秒水で戻したもの)大さじ2
酢 大さじ2
醤油1
七味トウガラシ 大さじ1

両手のひら分の大きさのタコ
c0156021_14174191.jpg

と白子をオリーブオイル大さじ3〜4でグリルパンで中火で片面4分ずつ強火で片面4分づつ焼く
c0156021_14174152.jpg

IKEAイケアのトングはいつもローストやムニエルを料理するときフライ返しより掴みやすくて大活躍
c0156021_14252607.jpg

ちなみにお皿は英国ブライントンに以前2006年ごろまではあったハビタのバーゲン購入したもの。
ナイフフォークは東京新宿のコンランショップで2006年ごろ購入したものでs。
コンラン卿がかつて英国で最初に投資額が少なくて済むので庶民向けに作ったインテリアショップが英国のハビタ。ですがもう英国ブライントンにハビタはありません。コンラン卿が英国で最初に展開したインテリアショップ「ハビタ」その後本格展開したコンランショップ。現在もコンランショップは新宿や丸の内や世界中で展開中です。
c0156021_14174140.jpg


焼きあがった蛸の足をきり
器に入れ
水で数十秒戻しておいたアオサ
c0156021_14174238.jpg

c0156021_14174270.jpg

の水気を絞り
器に入れ

酢大さじ2醤油大さじ1と七味唐辛子大さじ1を
かけていただく
オリーブオイルでローストしても脂っこくなく柔らかく
美味しい一品です

c0156021_14174233.jpg

釉の透明感と程よい厚み使いやすい深さでお気に入りの器は
確か新宿伊勢丹5階か新宿高島屋で。多分京都たち吉だったかもしれませんがもう10年近く前なのでないかもしれません。デパートには陶器や漆漆器や曲げわっぱなど日本の知恵が生きる器がたくさん。例えば10年前ごろ藤井窯の素晴らしさを紹介してくれていたのは伊勢丹5階の特選コーナー。
デパートの良さは磁器ウエッジウッドもたち吉も染付けの器も有機小麦粉のうどんもニューヨークのキールズのアマリリスの化粧水も世界中からしっかり探してきて教えてくれる新しい発見がある。楽しいだけじゃなくデパートでならではの世界中からの素敵な商品が集まってる。そしてデパートなら一度に購入できること。アマゾンや楽天通販を大活用の私ですが時にデパートや小売店町の近所のお米やさんヨーカドースーパーなど行ってみるとバーゲンもあり覗いてみると発見がある。今日は暖かでお買い物ウィンドウショッピングにもいいですね。


さて、お味噌汁はハナマルキの即席味噌汁に水で数秒戻したアオサを入れていただくことが最近多いです。一人暮らしの知恵としてはハナマルキの具が豆腐やネギなどついてる即席味噌汁もアオサや岩のりオススメです。
c0156021_14252650.jpg


お茶は福岡の八女茶
c0156021_14252683.jpg

焙煎に水車を使うので安心なお茶です。洪水の後水車小屋は治ったでしょうか?
最近お茶を入れるのはイケアIKEA(東大和市桜が丘我が家の近所では立川店)のガラスのテーポットを愛用。
お茶が触れる部分が小さ取り外せるので洗うのが楽です。
c0156021_14252768.jpg

c0156021_14252782.jpg

お茶の味もしっかり出ます。ガラスなのでお茶の色ほうじ茶の色紅茶の色ジャスミン茶の色などそれぞれ楽しめます。
c0156021_14252755.jpg

お茶飲碗は新宿伊勢丹5階か新宿高島屋
萩焼で薄い飲み口が気に入っています。
テーブルマットはIKEAイケア立川店
茶托はお客様にはお出ししますが自分だけの時は木のテーブルを傷めないようにテーブルマットの上やイケアIKEAのコースターの上に置きます。
なんとなく湯呑みでお茶を飲むよりも薄口の焼き物や漆器磁器でお茶をいただく方が好きです。
湯のみでたまに口あたりがうすく小ぶりで気に入っているものもあるのですが、大抵の湯のみは飲み口が大きくぼったりしすぎているか飲み口が細ければ細長で洗いにくい。なんとなく湯のみが好きじゃない理由です。

イカ(烏賊)について
ちなみにイカのワタとイカの和え物も美味しいのですが烏賊は皮をむかないと焼いても硬くてあまり美味しくないです。焼いてもね、野味とは言えるけど、イカの美味しさはちゃんと付近でゴシゴシ皮をむかないと美味しくなく皮のコリコリだけでなんだかという感じ。お寿司屋さんとか料亭(ちゃんとした普通の)のイカが美味しいのは皮むいて下ごしらえしてあるから。
なのでイカは8センチー12センチ程度の小さめの烏賊(ホタルイカじゃなく)を酢を多めにやわらく煮ると美味しいです。
たまーに気が向くと大きいイカを買ってきて固く絞った濡れ布巾で皮をむいてイカとイカの腸の和え物(塩をきつめにするとイカの塩辛)など楽しみますが、皮むきが面倒で最近は作ってません。
ま、タコもあまり大きいものは鍋に入らない大きな蛸の足をぶつ切りにして焼いても硬くて。そもそもそんな大きなタコあまり売ってませんけどね(大きなタコは茹でたり茹でて酢漬けになって売られてるだけなのはそのため)。

[PR]
by 7thclouds | 2016-02-14 13:15 | ぱぱぱっとクッキング