バラを育てるのはたのしい! 今年もバラが咲きました (1) jubileecelebration ガーチルードジェキル ダフウッドイブリンなど平成28年5月15日日曜日曇り涼しい

c0156021_09574814.jpg

葉の色が濃く花の色との組み合わせも美しい
ガーチルードジェキル(イングリッシュローズ)
(デヴィッドオースティン社大苗)

先週から我が家のバラも咲き始めました。
去年はとうとう蕾さえつけなかったガーチルードジェキルがとうとうたくさん咲いてくれました。
c0156021_09574966.jpg

アイリスオーヤマの牛糞ペレットとデヴィッドオースティンのローズフードそして創和のミミズ糞入りたい肥を1月から3月の間に足してあげたのがよかったのかもしれません。

ダフウッド(つるバラ ランブラー英国製)
こちらは毎年最初に咲く英国製つるバラ(ランブラー)ダフウッドです。大苗二年目でおおきくしっかりとしたカップ咲きに咲きました。
c0156021_09574909.jpg

このようにステムが短いのと微香なのでブーケに向いています。
c0156021_09574983.jpg

我が家では今年はIKEAのミルクピッチャーに挿してみました。ステムが短いと口の広い花瓶ではまとまりにくいからです。
c0156021_09574922.jpg

c0156021_10320343.jpg

c0156021_10320358.jpg


jubileecelebration ジュビリーセレブレーション
(イングリッシュローズ)
c0156021_09575088.jpg

大苗から2年目ジュビリーセレブレーション(イングリッシュローズ デヴィッドオースチン社)
香りも良くフルーティな香りです。
ステムが細く長く垂れるようにうつむき咲きが可愛らしくイングリッシュローズの中でも健気でティっぽい感じのバラ。
c0156021_09575037.jpg


今年のジュビリーセレブレーション(手前奥左クリーム色系)はうすーくピンクと混じったようでそれでいて微妙にオレンジがかったクリーム色が素敵です。
c0156021_01293973.jpg

(右奥はゴールデンセレブレーション(デヴィッドオースティン社イングリッシュローズ)のクリーム色がかったオレンジ色)(右手前はイングリッシュローズのガーチルードジェキル(デヴィッドオースティン社)

最初に好きになったバラが黄色だったこともあり黄色のバラが少なくないので写真に収めるとごらになる方には見分けがつきにくいかもしれませんね。
ダフウッドはカップ咲きで最後までカップ咲きのまま。
ややうすーくオレンジとピンクがかかったクリーム色のjubileecelebrationはカップ咲きから花びらが平たく開きます。
そういえば、エリザベス女王即位50周年記念のゴールデンジュビリー(1977年)にちなんでデヴィッドオースチンが作出したのがこのジュビリーセレブレーション。

即位の記念とはまた日にちが違うのですがエリザベス女王は今年の誕生日で90歳を迎えられました。
英国王室で最高齢になられた今年2016年4月21日英国エリザベス女王90歳の誕生日に
http://www.afpbb.com/articles/-/3084710?act=allに間に合わなかったけれど、今年もたくさん花をつけています。
Happy birthday Queen Elizabeth II

ちなみに女王陛下即位50周年をお祝いした「ゴールデンジュビリー」と似ているゴールデンセレブレーションはゴールデンジュビリーとは無関係ですがゴールデンジュビリーと名前がにているのでうっかり間違えてしまいます。デヴィッドオースチン社の公式サイトによるとゴールデンセレブレーションは南オーストラリアで賞をとったバラということです。きれいな強くて明るいゴールデンオレンジ色と香りが庭に広がります。
c0156021_09575073.jpg

ジュビリーセレブレーションをガーチルードジェキルと一緒にガラスの花瓶に挿してみます。
するとジュビリーセレブレーションの方は花びらがひらいたかんじになっているのがよくわかり対照的ですね。
イングリッシュローズもいろいろです。

咲いた後花びらがそりかるようになるバラも好きで、以前新苗で購入し育てたことのあるバラにクレプスキュルhttps://www.i-rose.net/products/detail.php?product_id=4179というバラがあるのですがこのバラもいつかまた植えようかと思っています。

イブリン(Evelyn)イングリッシュローズ デヴィッドオースティン社)
去年12月クリスマス休暇前にデヴィッドオースティン社に大苗を注文した際にメールで「イブリンの苗はもう販売なさらないのですか?」と伺ったところデヴィッドオースティン社の方から冬の鉢苗(勿論鉢苗でも花も蕾もない休眠中の苗)でよければ販売しています」とお答えいただき大喜びし大急ぎで注文。
大きめの鉢に植え替えアイリスオーヤマ牛糞堆肥ペレットバーク堆肥ペレット創和の鶏糞とたい肥とデヴィッドオースティンのローズフードなどを与え二階のテラスで大事に育てています。
c0156021_09575163.jpg

昨日から咲き始めました。
以前10年前ほどに新苗で相原バラ園さんから購入して育てたことがあるイブリン(その年の夏から働き始め急に忙しくなったのもあって夏の水遣りを怠り枯らしてしまいました)。

咲き姿がシャリフアスマ(今年大苗を西側で育てています)よりやや小ぶり、香りがしっかりとしていて大好きなバラです。









[PR]
by 7thclouds | 2016-05-15 07:40 | バラを育てるのはたのしい!