2017年 09月 02日 ( 1 )

8月10日から9月1日まで22日間東京都立川市の国家公務員共済組合立川病院の内科に入院し水腎症腎盂腎炎尿路感染胃腸の炎症等の治療を受けていました。立川共済病院(立川病院)の医師看護婦スタッフのみなさまおせわになりました。
c0156021_10320087.jpg

6月以来何度も結石と腎盂腎炎の39度以上の高熱で胃腸の炎症も併発していましたが、とうとう8月10日には右脇腹の痛みがひどく、胃の辺りの痛みも極度に達し、このままでは結石の詰まりも悪化すると判断。以前水腎症を治療し結石破砕手術を行ってくださった東京都港区の国家公務員共済虎ノ門病院からは約2年半前新宿区早稲田のマンションから東大和市の新築戸建てに買い替えし引越した際に、「急に結石が詰まって症状悪化した時のために」と立川共済病院への紹介状を出していただいて既に一度診ていただいていた立川共済病院(立川病院)の緊急外来へ。血液検査とCT検査の結果、ここ1ヶ月の消化の良い低タンパク高カロリー色と安静が功を奏し左の腎臓から落ち尿管に詰まって蓋をしていた2個の7ミリ4ミリの結石は細かくなって左の腎臓の詰まりは解消されていたものの、右の腎臓の結石が尿管に落ちて詰まって右腎臓が炎症で腫れた軽度の水腎症になっているということでした。右腎の軽い水腎症と高度の炎症(炎症反応15)及び脱水状態等で緊急入院しました。
c0156021_10320014.jpg

c0156021_10441032.jpg

24時間抗生物質抗炎症剤輸液等の点滴の甲斐あり1週間
で5部がゆに。徐々に
c0156021_10320018.jpg

全がゆへ。
c0156021_10320195.jpg

最後は普通食に戻り胃腸の炎症も水腎症や尿路感染症もおちつき退院でき嬉しいです。
c0156021_10441017.jpg

c0156021_10320196.jpg

c0156021_10441119.jpg

結石が腎臓の出口や尿路につまり腎臓をせき止める結果腎盂腎炎を起こしやすくなったり、腎臓が腫れ、腎臓の浮腫状態で腎機能が働かなかったり腎機能が落ちると血液をろ過して血液に栄養分や水分を漉しとることができなくなる為尿毒症や腎不全の原因にもなります。
結石が腎臓や尿路に詰まって腎臓をせき止めてしまったら安静にし急性期の炎症を抑えてから場合により結石を破砕するしかありません。他方、尿管に結石が溜まり腎臓をせき止めると急な悪寒とともに39度台の高熱が突然出る急性期の腎盂腎炎を起こしやすくなります。腎盂腎炎を治すには解熱剤と抗生物質抗炎症剤が必要ですが、解熱剤などは胃腸を痛めやすく胃腸が痛めば痛みと胃の機能の低下で栄養分や水分を徐々に摂りにくくなくなってきます。すると脱水状態になり腎臓や尿管もさらに詰まりやすくなり結石の詰まりによる腎盂腎炎も悪化を繰り返します。私の今回の入院時の状態がそうでした。ですが、今回の入院中に、胃と腎臓に負担の少ない解熱剤抗炎症剤と従来の倍量の胃薬を点滴で使っていただいたので回復できたのです。

そもそも、結石で腎臓をせき止めないようにする方法はないのかといつも考えてしまいます。結石を詰まりにくくする方法はないにしても結石を作らない方法はあるのか?といえばこれもはっきりしないのです。が結石ができなくなるかはわからないけれどしばらくは高熱と解熱剤抗生物質抗炎症剤でひどく痛む胃腸を守るためにもシュウ酸が多いと言われるコーヒー紅茶緑茶ほうじ茶玄米茶などの飲み物をやめてみようと思っています。

ちなみにほうじ茶にも一般緑茶を焙じただけに過ぎないのでカフェインが緑茶同様多く含まれシュウ酸も含まれるます。にもかかわらずうっかりほうじ茶を麦茶扱いしてしまい、そうでなくても高熱と解熱鎮痛剤で傷んでいた胃腸をさらにカフェインで傷めてしまったようで大変な激痛の胃痛に苦しみました。腎盂腎炎の高熱で苦しんだ6月以降はシュウ酸を多く含むコーヒー紅茶をやめ1日1リットル程度飲む麦茶やポカリスェットを2リットル程度飲んでいました。が途中で麦茶に飽きてしまい、ついうっかりほうじ茶に変えた時から、胃痛が劇的に激しくなり、空腹時もさることながら、空腹時以上に食べている時消化するときにも胃と十二指腸のあたりが猛烈に痛むようになりました。緊急入院した日は、右脇腹は結石でつまっていたこともあって歩くだけでも胃と右脇腹が痛むほどでした。ほうじ茶で胃痛が劇症化するという事はないでしょうから、高熱と解熱鎮痛剤と抗生物質で胃腸がかなり傷んだところへさらに濃くいれたほうじ茶を飲んでさらに傷んだのでしょう。
これまでは、ほうじ茶は風邪の時の水分補給などに合っていたのですが、結石や結石詰まらせた際の解熱鎮痛剤や抗生物質で傷んだ胃にはカフェインが強過ぎシュウ酸も含むので、もう絶対にやめておこうと思うようになりました。麦茶やはと麦茶などにがカフェインもシュウ酸も含まれません。が何より安全なのは水道水(やポカリスェットや類似の補水液)であるというのが、入院中含め結石詰まりやすく結石が腎臓を塞きとめ腎盂腎炎になったり腎臓を腫らす水腎症になりやすい私の結論です。

さて、本日、平成29年9月1日無事立川共済病院(立川病院)を退院し東大和市桜が丘の自宅に戻りびすけと久しぶりにはしゃぎました。
c0156021_10320246.jpg

まだ結石の治療は継続ですが結石が詰まらなければそれほど心配ないのですが、、、
1ヶ月でびすけもずいぶんぼさぼさになってしまいましたねー
c0156021_10320208.jpg

c0156021_10320228.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2017-09-02 16:18 | 腎臓塞きとめる結石は怖いー 水腎症