カテゴリ:雑感( 187 )

日経新聞電磁版によると渋谷パルコパート1とパート3が2016年今年の8月7日の日曜日より建て替えのための一時休業になるという。渋谷パルコのホームページもPARCO PART1とPART3の建て替えのための一時休業についてでていた。http://shibuya.parco.jp/spage2/event/8216/

パルコPARCOパート1と現在のGAPの位置にあったいまはなきパルコPARCOパート2をつなぐあのちょっと坂の細い道はのちにスペイン坂と名付けられたが高校生の頃あの細い坂道の上を渡る連絡通路を歩くだけでなんとなくワクワクした。

ウイッキペデァで渋谷PARCOPART1PART2PART3の開店の年代を調べてみると渋谷パルコ「パート1」開店は1973年6月。パート1は5階の連絡通路で1981年9月に開業したパート3と連結している。「パート2」の開店が1975年12月だが2007年に耐震不足で休業しその後そのまま2011年4月6日に閉てんとなった

いまおもうにパルコの各ビルの名前は1978年5月にリリースされた山口百恵の「プレイバックパート2」という曲名にもつながるくらいトレンドだった。

更に「プレイバックパート2」という曲名の「プレイバック」は1975年5月10日に発売されたソニーのβ方式カセットテープビデオテープテープレコーダー(VTR)が一般に普及し始めたこととも関係あるのだろう。我が家の押入れにもまだソニーのβ方式ビデオテープとVTRがある。

私にとって渋谷は小学生の頃母や友達といった公開録画のNHKホール、小学生の頃父とハチ公で待ち合わせて映画を観に行った映画館やコンバースのスニーカーを買ってもらったアメリカ屋靴店、公園通りと反対側では東急文化会館の
プラネタリウムにもよくつれていってもらった。高校の文化祭のライブで着るソフトスェード風のシックなワンピースを父と母に買ってもらったにが渋谷パルコぱパート2。

出来立てのパルコパート2への連絡通路をワクワクして歩く私ともう数十年以上前に亡くなった父が今も微笑んでいる

大学の頃サークルにバンド仲間とお揃いのスタジアムジャンパーを着て探した古着のアロハ、消防署のあるファイアー通りのSHIPSのトレーナー


結婚していた頃元夫と行った渋谷道公園通の東京基督教団体東京山手教会http://tokyoyamate.com/index.html
ドキュメンタリー「ハーベイミルク」やマンデラ救済コンサートAMANDRAをみに行った。

最近では渋谷公園通りといえばパットメセニーグループを聴きに行った渋谷公会堂、オペラ「トゥーランドット」を観に行ったNHKホール

ここ数年は愛犬びすけを中心とする暮らしで代々木公園のドックランに行った帰りに時々車で通る道ー渋谷公園通り

なんとなく渋谷がちょっと遠くなっちゃってたけど、
3年後の2019年、
東京オリンピックの一年前に
ぱパルコパート1パート3が
また渋谷に戻ってくる日を楽しみにしよう。


[PR]
by 7thclouds | 2016-04-14 13:31 | 雑感

なぜ日本がハワイを襲ったか?それは「我々は大東亜圏である 大国米国ロシア中国と戦う正義の戦士だ 蒋介石とともに大国帝国米国ロシア共産主義と戦うのだ ハワイのハメハメハ大王よ アメリカに我々は無宣告で空爆し我々小国が一矢報いることができることを教えてやる 大帝国米国ロシア中国に我々大東亜圏が大東亜圏であること大東亜圏は大国中国共産主義ソビエト共産主義にかちぬき大東亜圏の独立を守り抜いてみせる」という名目の軍事産業の継続のための戦争だった。軍事産業は戦争を必要とする。国債を欧米で売りまくり開戦に反対する政治家をテロで殺戮させ東条英機軍事利権狂は戦争する理由を作り続けた。
そして、盧溝橋事件は起き真珠湾攻撃が起きた。
ハワイの人たちに迷惑な話だった。フィリピンの人たちにも迷惑な話だった。中国にとっても米国人にとってもロシア人にとっても欧州人英国人オランダ人にとっても大迷惑な話だった。

大東亜圏構想の構造
大東亜圏構想とは当時どういうものであったか?
日本の天皇家を中心にーと擬制した東条英機を中心とした反欧米反共のアジア民族主義反西欧反大国主義だ。

節分の豆まきはいいがマカデミアナッツはいいが
米国のチョコレートはダメで英国のショートビスケットもダメ

今起きている大東亜圏構想の構造
今日本で起きている大東亜圏構想も似ているが中心がもっとはっきりと 第二次世界大戦侵略大国国家日本 以外であることが特徴だ。侵略国家日本がアジアの最下層民で無くして仕舞えばいい国ー例えば大国日本や中国共産党と戦った台湾や「大国中国に従わない」韓国北朝鮮香港ハワイのかつてのカメハメハ大王国家は大アジア民族主義にふさわしいとされ日本は日本の風習はなくして仕舞えばいいものであるとされているのではないか?
アジア自滅のための構造は今度は日本ダメ米軍基地もダメ香港台湾南北朝鮮万歳日本の文化は破壊し西欧文化も文明も破壊し大アジア圏アジア民族至上主義が「大アジア圏の為に」日本を破壊しアジアの一部にする必要があるー
そういうアジアの自滅地上げのための大アジア圏構想のためのロジックとして統一教会も勝手連も民主党生活の党未来の党も反神社反豆まき反おせち反日本政府反米軍基地反自衛隊反日へ突入する。
逆に第二次世界大戦パターンもある。維新の党大阪維新のように神社神道日本の国旗国歌起立斉唱を強制し大東亜圏構想の中心としての日本の神道皇道を反西欧反大国主義反共の中心に起き結果反米軍基地反欧米反共産主義反大国主義へ向かいアジア各国を「守る」と称し日本のアジア侵略帝国主義を正当化するパターンだ。
どちらも侵略帝国主義であり私は相容れない。

私はマカデミアナッツも好きだがピーカンナッツもすきだ
節分も大切にしたい
日本人として生まれたことを大切にしたい。
節分は日本文化の強制ではない
「大アジア圏構想」の人たちに日本の文化を消されるという形の反日洗脳をされる必要もないし節分を外国人や日本人に強制するのも変だと思う。
が日本の文化を普通に普遍的に維持するのは英国のパンケーキデーと変わりなくどの国にもある事で普遍的なことだ。
古い小麦粉と砂糖等を食べきるパンケーキデーはキリスト教の灰の水曜日と関連づけられるがようするに作物との関係で新たな作物のサイクルのための準備である。古い豆をいって食べるのも神社と絡めるが新しい農作サイクルのために古い豆を入り稲作の安全と豊作を祈った。朝廷天皇家は要するに日本古来の古い氏子のうちのごこくほうじょう五穀豊穣安全天候の安定を願う人たちの一族の血族の流れの保護であり農作サイクル始めに神社が豆まきで新しいその年の五穀豊穣安全天候の安定を願った。
そのことを強制することもないが咎める理由もない。

むしろマカデミアナッツにひろげつつ辺野古の米軍基地自衛隊警察や節分を咎める方向性や節分を強制する流れの方が大東亜圏構想によるアジア侵略帝国主義正当化に近いと懸念する。

マカデミアナッツも豆だが本来的な節分の意味と無関係だ
古い小麦粉を使い切るという意味ではパンケーキデーにお好み焼きならまだわかるが日本に古いマカデミアナッツはない

日本の農作物である古いピーナッツを食べきるならわかる気がする

マカデミアナッツには反大国主義反共反米反中国という名目の領土小国によるアジア世界自滅破壊地上げのための小国帝国侵略の匂いがする
のが気になる
がマカデミアナッツも好きなのでそういう背景がないならいいなとちょっと懸念する
大豆よりマカデミアナッツでいいじゃんーにはいろいろある

がマカデミアナッツを食べることを排斥もしない

が節分を行う大豆を食べることを右翼国粋と排斥されるのは嫌だ
節分を右翼国粋と咎めるのも国歌国旗国歌強制も同じことだとわからないひとたちがおおくないようねがう


[PR]
by 7thclouds | 2016-02-04 06:29 | 雑感

c0156021_00365708.jpg
*以下さくばインスタグラムに投稿したものと同じです。

I just cannot stop watching eyes of fish that seem to be about saying like" I was swimming so quick so smooth so nice so cool in the sea and the shimmering sunshine lights dispersing into the sea bottom that I was always relaxing. Hey octopus barracuda I swear I promise that I protect the sea the earth for you to the time you come back to the sea to swim...! I kissed the barracuda.
I just thought that I saw his/her eyes a bit smiling and saying "ok"...
c0156021_00365733.jpg



[PR]
by 7thclouds | 2016-01-20 21:00 | 雑感

MerryChristmas
c0156021_22330195.jpg

c0156021_22330144.jpg

c0156021_00092285.jpg

2006年夏 イスラエルの エルサレムを訪れた。
幼い頃読んだ旧約聖書のマリアが迫害にも負けずイエスキリストを生んだ場所だ。
訪れてみると漆喰が美しく残る今は小さな教会になっている細長い建物の脇に馬屋はあった。馬屋は思ったよりも広く40畳ほど。
天井が高く20メートルくらいでちょうど協会側から少しせり上がったような感じで教会の側からは階段を上がり中二階のような構造だが馬屋の入り口は裏に面しちょうど一階のような構造になっているになっている。欧州中東によくある高低差をそのまま生かす構造だ。
旧約聖書通りのひっそりとした馬屋のすみのあたりに、馬のための干し草おきがあり、そこにマリアはかくまわれひっそりとイエスキリストを生んだ。

マリアが迫害されたのは、薬草でライ病の人々の症状を和らげ、人種間の争いや細かな紛争解決に秀でていただけでなく、殺し合いよりも生かし合うことがお互いの利益にかなうことを説きマリアの「汝殺すなかれ」が中東と地中海地方つまり世界の中心でに拡がっためと思われる。

クリスマスイヴを祝う理由は、単にイエスキリストを生んだ寒い晩、善いために迫害されるマリアを助けた人たちがいたこと、マリアがその善意の中で子を無事生んだこと、「汝殺すなかれ」が迫害されても、汝殺すなかれ反ギャング反暴力反妬みのいじめとデマとデマにより拡幅され正当化され広まった善きものへのいじめと迫害を12月24日の晩止めることのできる人がエルサレムにいたその善意の勝利を祝う事にもある。

「汝殺すなかれ」を拡めたマリアへの迫害を止めたサマタリアン カナン人の地で善きものを守り抜いたエルサレムの地で、エルサレムを奪い合う争いがまだ続くことはざんねんだ。

エルサレムは本来的にはカナン人のサマタリアン人であるイスラエル人とJudaism のものであり、とどうじに素晴らしきアラブ人はイエスキリストの出現を予言したのではなかったろうか?そしてそのことは、いずれもが、マリアへの迫害を止めたベツレヘムをその善を祝いその証明でもあるイエスキリストの誕生を祝い「汝殺すなかれ」のJudaism キリスト教イスラム教の祝う喜ぶ理由が「汝殺すなかれ」の反ギャング反暴力テロ反差別であることの確認であったはずだ。Judaism Christiniasm Islam はどれも(無宗教者を含め)同じ信念つまり互いに慈しみあい助け合い生かしあう平和と人権と福祉を尊び反暴力反虐殺反差別によりもって全ての人の繁栄を推進しようという「汝殺すなかれ」に生きようと最善を尽くすそれぞれであったはずでありそれぞれであるはずだ。
確かに現在エルサレムの場所はパレスチナ自治区の中にある。ユニセフはエルサレムの世界遺産記念をパレスチナで登録している。
がそのことそのものが、2015年の時を経てまだ続くマリアとイエスキリストへの迫害のように思うのは私だけであろうか?




c0156021_22330111.jpg

c0156021_22330200.jpg

c0156021_22330245.jpg

c0156021_22330283.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2015-12-24 22:01 | 雑感

憲法変えても変えなくても、核兵器開発で核武装してもしなくても、集団でも個別でも、自衛隊だけでも 海上保安庁でも私人でも民間警備会社でも、正当防衛要件満たさない自衛行為は、国連憲章と国際法で、違法性を阻却しないので、ダメはダメ^_^
なのにしぶとい小沢一郎生活未来緑の党民主党維新みんな結い幸福実現の反欧米反共産反人権アジアヤクザアナーキズム下克上原理の国内外人権侵害渇望の異常
(明らかに勝ち組中国米国欧州に恩売るため反共産反人権反欧米原理に弱い日本自滅破壊でハイドレート地上げ進める「本当は反共やってて落ちぶれて惨め台湾極右反共ヤクザ。戦前も戦後も同じ躍進中国共産党との分断反共だけで理もなく続け結果台湾の落ちぶれ加速させた責任とラサらたくなくて中国紛争にアジア唯一の(中国以外で)欧米並み軍事大国に本を反共原理反欧米コンプレックスだけで引きずりこんでみたがやっぱり思ったとおり日本は世界の落ちこぼれ敗戦国になってくれた。おかげで台湾が世界中から嫌われ欧米列強からも正当性ないと見放されドイツまで中国共産党に支援品送り続けた台湾利権腐敗ヤクザの中国共産党への負けは日本のおろかで調子のりおだてとあおりに弱い馬鹿さ加減絶対勝てるわけない異常な狂気の世界を理もなく理のない台湾ヤクザの居直り対中国共産党反共原理戦争に加担した。にもかかわらず日本がバカで台湾一般人だけでなく、日本を勝ち目ない反共原理狂気の負ける為の戦争に引き摺り込んだ台湾ヤクザまで日本帝国主義の被害者ということに。多くの一般台湾人市民には地域仕切る地理的事実支配台湾人ヤクザにはむかいようがなかったところ更に日本軍が台湾人ヤクザの用心棒傭兵に頼みもしない狂気の反共原理で勝手に「守ってやるぞ」と暴虐の限りを台湾一般台湾人にまで振り回したからだ。一般台湾人にとってはどれほどの許し難い怒りと不条理だったことだろう。侵略のくせ「守ってやるだとぉ!」と怒るのは普通だったのが中国共産党だけでなく地理的に台湾人ヤクザに台湾側にされた人々の怒りと被害は当然日本の侵略にいかって当然であるからだ。それは言い訳ではないが、日本のヤクザ在日各国ヤクザの政治的主戦場とかした軍需産業利権腐敗のテロで日本政府日本軍或いは欧米アジア平和人権派外国人が日本人が弾圧され虐殺され拷問されて行ったことと似ていなくもない。が日本はわざわざ外国に侵略してまで日本のギャング下克上アナーキズム暴力でアジア中国韓国フィリッピンシンガポールビルマミヤンマーマレーシア台湾世界を暴力で埋め尽くした酷い行いをした日本人の愚かさを詫びねばならない。
さて一方、戦前戦後通じシタイホウダイ台湾人ヤクザは戦後も日本でのみならず実は本国台湾においても台湾人一般人をヤクザの独裁政権長く続けるなど苦しめ続けてきたが中国米国と経済協調路線の懐の深い政権が成立しやっと社会インフラ整備進んだところで反米反共原理に追い込まれている若者が増えているのは大変残念なことだ。他方、日本でも台湾ヤクザの独裁は戦前戦後通じシタイホウダイであったがとくに反米反共原理で株の配当あげに労働組合潰しに輸入された在日台湾ヤクザの集団の場合従来より最初から反共反人権反労働権反欧米反個人所有権)という台湾ヤクザの特種な全体主義下克上民族公平の実践と称する暴力実践原理毛原理で極めて悪質な統一教会生長の家と合間って日本の反国際平和反人権の基礎組織在日台湾ヤクザ中心の全国勝手連を形成してしまった。在日台湾ヤクザにしてみたら中国共産党とも仲のいい欧米に対する憎しみで日本の反米反共反人権反中国反欧米核武装推進極右旧民社党の労働組合国際平和主義人道人権主義徹底反暴力の日本共産党潰しに加担「英語できなくて何が悪い」国際化に乗り遅れた日本人民間サラリーマン中心に浸透しつつある。政党で言えば民主党緑の党維新の会生活の党未来の党幸福実現みんなの党結いの党宗教風政治団体で言えば生長の家統一教会と並ぶ原理ヤクザ集団だ。
が実際反欧米反共原理勝手連生長の家統一教会在日ヤクザの本音は「反共産反欧米反人権なんてどーでも良い」
のではないか?中国共産党と米国欧州ロシアの絆は硬い。どう考えたって、わざわざ尖閣諸島国有化と韓国性的虐待の否定を政府が行なって紛争の火種作る日本政府に勝ち目はない。在日台湾ヤクザの行く末は日本自滅地上げ破壊し中国共産党と米国などに恩を売り、大手をふるって、中国共産党と台湾の統一を図ることだろうか。

こんな時代変わり身早い在日台湾ヤクザの反欧米反共反中国反ロシア反共原理に振り回されて気がついたらアジアで日本だけ反共反中国反ロシア反欧米核武装テロ国家で世界相手に負けボロボロでいいのか?
在日台湾ヤクザの方は中国共産党に引け目感じず大手をふるって中国大陸中国共産党と国家統一できれば別にいいわけだ。日本油田石炭石油知的特許権ハイドレート手土産なら悪くない。まあ資源豊富な中国にハイドレートなんていらないかもしれないがあって困るもんじゃない。中国として気になるにはそのあと台湾ヤクザとともにアジア征服のバイキングギャングナチスが台頭してくるのではないかという懸念だ。
私が中国共産党なら台湾政府はともかく台湾ヤクザの国家統一にはのらないが。それなら、日本が自民党か日本共産党社民党公明党でいくならば、米中露韓国日台湾の反ヤクザ反ギャング反ナチスで穏当無難に外交で進めて行く。多少米国の挑発があってもオバマ政権クリントン政権のリレーは続く。

他方、日本の有権者の選択肢と自民党政権の穏当さの維持が日本のこれからを決める。日本が民主党緑の党維新の会生活の党未来の党結いの党幸福実現みんなの党統一教会生長の家全国勝手連に振り回され反欧米反共ギャング下克上アナーキズムテロ国家にならずに済むありうる方向は、日本共産党社民党公明党自民党政権か日本共産党社民党公明党議席増やし自民党をけん制。欧米中国韓国ロシア豪世界各国と正統性ある人権主義のまともな政治を国内外で裏表なく行って、世界各国と非軍事的協調と消費力技術力の平和的活用に貢献することで世界の人権平和経済に必要な日本であり続ける他はない。

にもかかわらずなぜ今憲法改悪などの自滅路線か?
有権者の知識の足りなさもあるのではないか?
なぜ今反自民原理で自民より開戦早い民主党緑の党維新の会生活の党幸福実現みんなの党結いの党未来の党反米反共なのか?
なぜこれほど重大な国会危機にあって、日本共産党社民党公明党自民党の連立が作れないのか?

その前提として、憲法を変えてもきちんと各国を守る歩いは戒める国連憲章と憲法違反しなくても国連憲章違反にあたる武力行使行うことが国を根幹から自滅的に破壊するという事実を知ってほしい。

国連憲章の各国にとっての意味
国際連合憲章2条4項の「武力による威嚇または武力の行使」にあたる「自衛 」 或いは国連憲章51条の正当防衛にあたらない「防衛行為」は国際連合憲章違反に あたる蓋然性があり日 本への連合国攻撃正当化要件だ。

国連憲章

国際連合憲章2条4項の「武力による威嚇または武力の行使」にあたる「自衛 」或いは国連憲章51条の正当防衛にあたらない「防衛行為」は国際連合憲章違反にあたる蓋然性があり日 本への連合国攻撃正当化要件だ。

国際連合憲章2条4項は「すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない」
とし憲法9条のみによらず「すべての加盟国は」「その国際関係において」「武力による威嚇又は武力の行使を「いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない」とある。
この規定は国際連合の安全保障委員会の安全保障行動の発動根拠となる。
そこで、自衛権の行為が憲法に照らしてだけでなく、国際連合憲章に照らし2条4項違反しない範囲であるかが重要になる。
更に国際連合憲章51条は正当防衛の要件満たした場合にのみ2条4項の例外を規定する。この国際連合憲章51条は英語やフランス語で読むならば
Collective SelfDefence, Droit de Légitime Defence Collective とあり明らかに正当防衛要件を満たした場合のみに限られしかも安全保障理事会の決定による国連平和監視団や国連平和維持活動いわゆるPKOの活動が決定されている場合に国連平和活動が間に合わなかった場合の止むに止まれぬ緊急事態で平和への脅威と認定される場合にかつそれぞれの個別の警察行為が正当防衛要件急迫不正の侵害に対する止むに止まれぬ手段正当性相当性範囲内行為である場合にそのような正当防衛要件満たした行為が集団的集合的に行われても国連憲章違反にあたらないとする条文だ。

この国連憲章の正式文書は英文仏文であり、誰がどう読んでも、right of self-defence は 正当防衛の権利であるのにのかかわらずなぜか 日本語訳は大きく間違っている。
「個別的又は集団的自衛の固有の権利」はひつこいようだが一国の運命を左右するほどの大誤訳だ。

自衛と正当防衛は全く次元の違うものだからだ。

自衛というのは行為として「主観的に自分を守るつもりだった」と説明される行為に過ぎない。
一方、正当防衛とは自衛行為の中の、客観的に急迫不正の侵害に対して行われたと判断されしかもやむに止むを得ない場合の必要最小限度の手段程度の相当性の範囲内の自衛行為のみを正当防衛という。

51条の意味は大雑把な「自衛権」の話ではない。自衛行為のうちの正当防衛行為のみを許容するという条項だ。
つまり、自衛行為のうちの
1.客観的に急迫不正の侵害があり、
2.手段相当性の程度が最小限度である場合
3.「安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間」の加盟国への武力行使があった場合
4.国連平和維持活動など正当防衛の武力行使ののち直近に国連憲章安全保障理事会に報告がなされた場合
5.51条の正当防衛行為であったと判断された場合に限り
国連加盟国の行なった自衛行為が国連憲章安全保障理事会の決定による平和維持活動や経済制裁の対象にならないという内容の条項であり、かならず正当防衛と認められるか不明な「自衛権」と日本語訳が誤訳しているのは、甚だしい日本にとっての不利益国益害するもので一日も早く訂正訳を発表されるべきだ。

国連憲章の2014年5月10日現在の正式の日本語訳は明らかに国連憲章公用語である英語版と明らかに異なる誤訳だ。
故意に日本人自身が埋め込んだオフサイドトラップだ。

"individual or collective self-defence if an armed attack occurs against a Member of the United Nations"
「とある一国の加盟国に対する
(とある加盟国に武力行使が行われた際)
固有に備わる個人的集団的正当防衛の権利までを(国連憲章の規定は)害するものではない」

集団的個別的は多国間協力正当防衛のことではない:
日本語訳で集団的自衛権と間違って訳されている部分の誤解が多く発生しているがこの「個別集団的」は一国内における個別正当防衛行為および一国内の集団的集合的正当防衛行為も正当防衛の要件を満たしている場合には国際連合憲章2条4項にあたらないとするに過ぎない。つまり、一国の軍隊警察の個別の軍事行為が正当防衛要件を満たしている場合も一国の軍艦航空機戦闘機それぞれが個々に正当防衛の要件満たしていて意思の疎通を持って集団的に或いは主体的主観的な意思の疎通を持たずに実態事実として個々に正当防衛要件満たしている攻撃の集合的形式になった場合でも2条4項にあたらないとする。
この為51条は「加盟国がとった措置は」と述べるに過ぎずこの文言も51条は一国の軍事機関警察機関が個々に正当防衛行った場合でも意思の疎通を持って或いは持たずに個々に正当防衛を集団的にあるいは集合的に行った場合の除外規定であると解されるのが普通だ。もしも複数国家間共同正当防衛要件の話ならばかならず「加盟国各国は」「複数の加盟国が」となるのが法文の普通だ。

国連憲章公用語英語版では明らかにa Member とあり、「とある加盟国の一国に対し武力行使が行われた際に」とはっきり一国のうちの個人的個別個々の正当防衛行為及び集団的集合的正当防衛どちらについても害しない(国連平和維持軍が活動制裁するべき武力行使とはみなされない場合とするということ)とされ、日本のメディアや多くの学者が誤解して議論されているような多国間集団的集合的共同軍事行動を許容する条文ではない。

Article 51

Nothing in the present Charter shall impair the inherent right of individual or collective self-defence if an armed attack occurs against a Member of the United Nations, until the Security Council has taken measures necessary to maintain international peace and security. Measures taken by Members in the exercise of this right of self-defence shall be immediately reported to the Security Council and shall not in any way affect the authority and responsibility of the Security Council under the present Charter to take at any time such action as it deems necessary in order to maintain or restore international peace and security.

つまり、外国の警察軍事行為との共同正当防衛を直接認めた条項ではない。

地理的範囲:
51条文言が「加盟国がとった措置は」とあり、「加盟国が国外においてとった措置」でないことからもこの条文は自国領土領空領海内での正当防衛要件満たしている軍事警察行為に関する除外規定である。
この点この51条が「第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動」の章にある為あたかも海外における国連平和維持活動の一環としての共同軍事行為に関する許容規定のようにみる者も多いのかもしれない。
が、国連安全保障理事会の決定による国連加盟国或いは非加盟国に対する国連平和活動における共同軍事行為については以下の通り49条が定めるところであり、51条とは無関係である。
寧ろ、51条がこの章の最後に置かれている通り、また51条が「この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間」における例外的な状態を想定した上、加盟国一国の各軍事行為個々の正当防衛も集団的或いは集合的正当防衛も正当防衛要件満たし、かつ直ちに安全保障理事会に報告された場合安全保障理事会が正当防衛要件満たしていると認めた場合においてのみ許容されるとするに過ぎない。「(51条)この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない」

国連憲章7章が定める平和維持活動における相互援助義務条項国連憲章第49条は以下の通り:
「第49条
国際連合加盟国は、安全保障理事会が決定した措置を履行するに当って、共同して相互援助を与えなければならない。」

最近の事例にはイスラエル領海内の船上検問におけるトルコ船籍のトルコ民間人への銃撃の正当防衛性が争われたものがある。イスラエル領海内船上検問ですら世界のイスラエル製品不買運動にまで発展した大変難しい事例であった。状況としては明らかに急迫不正の侵害に対する必要最小限の手段程度の相当性範囲内であったにもかかわらずガザパレスチナ紛争パレスチナ支援側民間船との間の正当防衛であった為、国連安全保障理事会の正当防衛要件判断は大きく揺れ時間をようしたが結果正当防衛要件満たしていると判断された。
ことほど左様に51条が定める正当防衛要件満たしている軍事防衛自衛行為は自衛行為と日本側が認識すれば良いというものでは全くない上更に絶対要件として当然に自国領土領空領海内を厳密に指すと国際法上常識として現在も理解され通用しているしそう解することは、国連憲章第2条4項や51条が「安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間」になされた武力行使の正当防衛要件についての条文つまり国連平和維持活動以外の状況を指す条文であるところ、国連憲章との整合性からも、当然である。

国連平和維持活動における正当防衛:
国連憲章7章51条以外の文言から、国連平和維持活動における通常の正当防衛要件満たしている軍事行為は広範囲に認められると解する。
国連憲章7章の国連平和維持活動における軍事多国間協力における相互援助の義務からも無限の相互協力形態における共同軍事行為がなされることを許容予定しているのが国連憲章だ。

第49条
国際連合加盟国は、安全保障理事会が決定した措置を履行するに当って、共同して相互援助を与えなければならない。」


この点国連安全保障理事会の決定による措置行う場合にも日本国憲法と整合性持って行える「相互援助」を行うのみであるはずだ。

領海内領空領土内の軍事同盟外国軍や外国市民保護許容の根拠条文:
先も述べたとおり、この51条は当然に国内領海内領空領土内における自衛としての正当防衛要件満たしている場合の除外規定である。国連安全保障理事会の決定による措置行う場合以外の国内の同盟関係にある他国の警察や軍隊への攻撃への反撃はどうなるか?
まず、日本国内の外国軍外国市民が個々に一般刑法の正当防衛要件満たしている限りにおいて武力行使が違法性要件欠き犯罪不成立となる。
では、日本領土領空領海内の同盟関係にある他国の警察や軍隊自身の軍事警察行為は正当防衛要件満たしている場合の、日本在住外国市民および日本国民の違法活動による外国軍外国市民への武力行使による攻撃への日本警察軍隊による反撃は刑法上警察軍隊の正当行為と認められる。とするならば、以前も書いたが、日本国内の他国の警察や外国軍隊への他国或いは自国民からの武装攻撃への正当防衛として日本の軍隊警察はその武力行使の正当防衛要件満たす必要最小限の正当防衛行為である限りにおいて51条の正当防衛要件満たしている限りにおける被許容行為と言えるだろう。その場合、日本が本来持つ日本領土領空領海内での日本の平和への脅威となる行為への一般的正当防衛行為の一環として51条で認めるのだろう。「安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間」における正当防衛要件満たしている軍事行為に限って、である。
ここに集合的正当防衛の意味が出てくる。つまり、日本国内領土領空領海内の外国軍や外国人警察官へ日本人或いは外国人が武力行使を行った場合、当該外国軍外国警察官外国市民には国連憲章にかかわらず日本の刑法上の正当防衛の権利が認められる。急迫不正の侵害に対する防衛に必要最小限な手段相当性の範囲など正当防衛要件満たしている限りにおいて自衛行為が認められる。そのような場合に、外国軍外国市民への攻撃が日本の領海内領空領土内で日本人或いは外国人により行われた場合、日本の軍隊や警察が外国人外国警察官外国軍隊を守るための武力行使はどのように根拠付られるか?国連憲章51条を準用運用し自己の為の正当防衛要件満たしているのと同視できるような急迫不正の侵害に対する必要最小限の手段方法の相当性の範囲内でしかも外国市民外国警察官外国軍隊の存在態様行為或いは攻撃者への外国軍隊外国警察官の正当防衛要件満たしている限りにおいて、国連憲章51条の準用で、日本の軍隊や警察が直接攻撃されていない場合にも、国連憲章2条4項に違反しない場合があると考えられる。
この場合国連憲章51条が定める要件すなわち、安全保障理事会が必要な措置をとるまでの間、正当防衛要件、事後直近の安全保障理事会への報告の要件を日本が満たす必要がある。
ーーーーーー
以下国連憲章
参照条文
「国際連合憲章 国際連合憲章広報センター URL : http://www.unic.or.jp/info/un/charter/text_japanese/
国連公用語英語版
URL;http://www.un.org/en/documents/charter/chapter7.shtml
第2条
この機構及びその加盟国は、第1条に掲げる目的を達成するに当っては、次の原則に従って行動しなければならない。

この機構は、そのすべての加盟国の主権平等の原則に基礎をおいている。
すべての加盟国は、加盟国の地位から生ずる権利及び利益を加盟国のすべてに保障するために、この憲章に従って負っている義務を誠実に履行しなければならない。
すべての加盟国は、その国際紛争を平和的手段によって国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決しなければならない。
すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない。」
更に国際連合憲章51条は平和に対する脅威の章で平和に対する脅威に対する国際連合憲章の正当防衛とみられる対応措置と平和に対する脅威に対する正当防衛行為と認められる場合には2条4項の例外を認めるとする51条を置く。
「「第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動 」
第51条 この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない (イタリック等筆者私冨田麻里による強調)。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。」
Nothing in the present Charter shall impair the inherent right of individual or collective self-defence if an armed attack occurs against a Member of the United Nations, until the Security Council has taken measures necessary to maintain international peace and security. Measures taken by Members in the exercise of this right of self-defence shall be immediately reported to the Security Council and shall not in any way affect the authority and responsibility of the Security Council under the present Charter to take at any time such action as it deems necessary in order to maintain or restore international peace and security.
[PR]
by 7thclouds | 2014-05-11 16:27 | 雑感

c0156021_10254335.jpg

c0156021_10145352.jpg

c0156021_10145330.jpg

愛知県に上陸した台風18号接近昼前にかけてかぜがつよまるとの予報。植木を取り込んだり紐でまとめたり。
鴉雀鳩もコウモリ猫犬たちも蝶もコガネムシもみんなじょうずにあらしから避難してね009.gif
c0156021_10235370.jpg

c0156021_10235591.jpg

c0156021_10235678.jpg

c0156021_10235792.jpg

c0156021_102358100.jpg

c0156021_10235925.jpg

c0156021_1024064.jpg

c0156021_1024182.jpg

c0156021_1024214.jpg

057.gif

More
[PR]
by 7thclouds | 2013-09-16 10:14 | 雑感

夏バテに効いたのは…

c0156021_17363287.jpg

ワタシノバアイ…ゆでたてのとうもろこしとじゃがいもF89F.gif
[PR]
by 7thclouds | 2013-08-31 17:36 | 雑感

c0156021_19381461.jpg

c0156021_19381433.jpg

c0156021_19381420.jpg

c0156021_19381432.jpg

何となくハンバーガーとポテトたっぷり食べたくて早稲田駅近くマック。音楽がボーカルズで家族ずれで混むH&M本店のあるあたりのロンドンのマック思い出す。
[PR]
by 7thclouds | 2013-08-28 19:38 | 雑感

お昼寝

c0156021_16141531.jpg

[PR]
by 7thclouds | 2013-08-20 16:14 | 雑感

今朝もマンションの廊下に風で舞い込んだコガネムシ発見001.gif
c0156021_8531373.jpg

c0156021_8531330.jpg

c0156021_8531312.jpg

c0156021_8531326.jpg

c0156021_8531376.jpg
時々園芸のページに「コガネムシは根を食べる」というがうちのベランダのバラもどの植木もコガネムシの幼虫が食べるという根も成虫が食べるという花弁も一度も食べられたことはない。不思議だ。
大抵うちのベランダへ避難した後しばらくして飛んで行ってしまうことが多いからか?

「昆虫」にやられたことがあるのはアブラムシと青虫くらいかな。

c0156021_8531362.jpg

[PR]
by 7thclouds | 2013-08-14 08:53 | 雑感