カテゴリ:庭( 3 )

我が家の庭に生まれ育つ生きものたち
今日はカマキリの子供を発見。
一昨年は1ほしてんとう虫が大発生した時自然に駆除してくれた働き者のカマキリがいたが、去年はオオカマキリがつがいできていたので、楽しみにしていたら、今年は子カマキリが現れた。
まだ子カマキリだというのに、朝からせっせとバラについたありを食べてくれている。
c0156021_19365884.jpg

c0156021_19365874.jpg

c0156021_19365838.jpg

c0156021_19504751.jpg
今日は結石の調子がひどかった。結石の痛みはロキソニンで治るが、結石のつまりがややあるため、腎盂腎炎になっている様子。腎盂腎炎の熱は高く39度近くになるので、寒気もひどいしぐったり。先月に続き今年は2度目だ。泌尿器の先生にかかるには時間が遅かったので、まずは泌尿器科のお医者様に言われている通り、水分をたっぷり摂取。ポカリスエットとローズヒップティーをたっぷり飲み、処方されているロキソニンを飲んで眠り安静にしていたらやっと熱もひいてきた。まだフラフラなので、お散歩はお休み。我慢してくれている愛犬びすけに感謝。
[PR]
by 7thclouds | 2017-07-12 19:34 |

ここのところ、毎日30度を超える晴天が続いているので
洗濯物をテラスで干している。
するとほっておきぱなしだったテラスにバッタの子供達がいるのに気がついた。細くて触覚がまっすぐ短めなのでおそらくショウリョウバッタAcrida cinereaかオンブバッタの子であろうと思われる(成長に従っておそらくオンブバッタであることが判明)。この細くて青いバッタ、去年成虫を見かけた。写真に撮影する間も無くそのままだったが、その時のバッタの子かもしれない。
去年は2016年はほっておいたテラスの土にアオイトトンボが産卵していて、アオイトトンボもやごが羽化し綺麗な成虫になって風に乗り飛んで行くまでをテラスで観察できた。早朝の羽化と羽を広げ乾かし、朝一番の風が吹くのをアオイトトンボが待つ静謐な時間。その大切な瞬間までが、なんともゆっくりと流れ、実に美しかった。
そして、2017年夏我が家の庭とテラスの植木にそっと水やりするたび、ちいさなちいさなバッタの子が跳ねて水を避ける様がおもしろい。ほんの5ミリ程度のバッタの子たちが精一杯跳ねて壁に避難しつつ、葉先の水滴で水分を摂っているのもかわいらしい。こんな小さなバッタの子供達だが、精一杯楽しそうに跳ねている、その様を眺めていると、のどかでゆったりとした気分になれる。生きものが安全に育つのを見ることは人をこんなにホッとさせるものなのだと改めてしみじみ思う。
c0156021_17253731.jpg

c0156021_17253713.jpg
小さくてもしっかりバッタの形をしているのが可愛い。
今のところ4匹いる。
我が家でそだてているツルナという野菜とラズベリーの葉が気に入っているらしい。
c0156021_17253886.jpg
c0156021_17253827.jpg
ラズベリーの葉の陰でしっかり育つツルナの葉。その葉にはおそらくバッタの子が食べた跡でポコポコ穴が空いているがそれすら嬉しいほど可愛い。
c0156021_17253946.jpg

小さくても良く飛ぶが大きくなってぴょんぴょん跳ねるのを見たい。が、大きくなったらどっかへ行っちゃうんだろうなー。
c0156021_17564251.jpg

c0156021_17564242.jpg

c0156021_17564330.jpg

c0156021_18142517.jpg

二階のテラスはウッドパネルを敷いても暑すぎる。でもせっかくのテラスはやっぱり何も履かずに過ごしたい。そこで昨日乾いたばかりのインド綿の足拭きを敷いたら、サンダルいらずになった。
c0156021_18142532.jpg

大きい布団カバーも良く乾く。
びすけはこういう天気のいい日はテラスが暑すぎるのを知っていて、窓のそばで、テラスの方を眺めてる。
c0156021_18142633.jpg
びすけがベッドでおとなしくお昼寝してくれているので、クローゼットの片付けも進む。
c0156021_18180707.jpg

c0156021_09314016.jpg

c0156021_18142688.jpg

c0156021_18180783.jpg
c0156021_18243067.jpg

c0156021_09314110.jpg
まだ梅雨は終わっていないけれど、毎日猛暑日が続いている。おかげで、日に秋冬物春物枕クッション・シーツ類の洗濯を3-4回してもどんどん乾く。
好天気は有り難い。

[PR]
by 7thclouds | 2017-07-11 16:41 |

1999年から2005年イギリスのサセックス大学法学部大学院留学中には、フラットメイトとクリスマスイブをお祝いしたりしました。
今年はキャンドルの灯りともみの木でお祝い。
キャンドルホルダーはブライトンのチャーチルスクエアにあったハビタの2000年のクリスマスセールのバーゲンで6個4ポンドで購入。英国ではフラットか貸し部屋暮らし、帰国後は自宅マンション暮らしでずっとしまったままだったのです。が、今年2月に新宿早稲田のマンション売却し買い替えで東大和市桜ヶ丘に新築一戸建てを購入。せまーーいながらも自分の所有する家と庭をもちまして、念願の地植えのもみの木への最初の一歩。今まではマンションのテラスでは並べにくかったキャンドルでしたがとうとう今年初めてキャンドルホルダーを使ってみました。火を灯してみると、ガラスの柄が美しく、キャンドルホルダーはキャンドルに灯を灯してこそだと改めて思いました。
c0156021_22495202.jpg

c0156021_22495321.jpg

c0156021_22495373.jpg

c0156021_22495305.jpg

c0156021_22495445.jpg

c0156021_22495468.jpg

c0156021_22495411.jpg


今年は初めて園芸ネットプラス(楽天)で植木のカナダ松もみの木カナダトウヒ:ピセアグラウカ コニカ5号ポットhttp://www.engei.net/BrowseInfo.asp?ID=27977&SHOP=rakuten(1700円程度)を購入し生のもみの木の苗を飾りました。
ちょうど24日の晩指定で20:00過ぎにしっかり届いて嬉しいです(慌てて帰宅したかいがありました)。
まだ、50センチくらいですが、大きく育ちますように。


c0156021_22495541.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2015-12-24 22:33 |