カテゴリ:音楽( 5 )

年末の片付けでリビングの半分以上を占めていた引越し荷物を荷解きしたら奥の和室5畳が本で埋まった。
来週にかけ分類してブックオフすることにした。
荷物の箱の山がとりあえず開いたので、キッチンテーブルが奥に行き、リビングらしくなってきた。
荷物の山の奥に埋もれていたステレオも出せるようになったのでやっと鳴らし始めたDENONのスピーカーSC-T55XG/33XGもSONYのアンプも元気だ。
荷解きを終えてリビングの半分のスペースが空くまではスピーカーはもしかして「大きくて邪魔」と思いかけていたが、やっぱり、スピーカーの良さは音の立体的な空間がうまれることと鳴りと音の深みや奥行きだ。
何より以前のコンクリマンションと違い木造一軒家なので音漏れはどうかと思ったが、意外に大丈夫だった。
DENON SC-T 55XGは中音の奥行きが良いし33XGはツィーターが金属の分高音中音の抜けと切れが良い。
TEAC S330はバランスもよくこのサイズでこんなに響きが綺麗なのはいつも驚き。
どちらも、素敵に鳴ってくれる。特にジャズとクラッシックは、このようなスピーカーだと生音の感じが伝わって、素晴らしい。
アンプはソニーのF222ESJ。
お値段は抑えめだがその割に音はくっきり中音がウォームだ。
SONY DB790マルチアンプはHMDIがなくちょっと時代遅れになったが、ビデオコードと赤白黄色コードで我が家のやや古い型のSONYブラピアには十分繋げる。
このマルチアンプは音の厚み深みはやや薄いがクラッシックの弦の高音は綺麗によく響く。重っ苦しくて好きになれない感じのマーラーもこのアンプで聴けば別の曲のように軽やかだ。
スピーカーは大きいから邪魔かなと思ってTEAC S-330だけ残して売払いそうになっていたけれど、XGは古いからさほど値もつかないししかも何よりどれも可愛い。結局アンプCDスピーカー2セット維持。
今日は、雪の時期にぴったり、
Watching The Snow マイケルフランクスをのんびりきいている。
c0156021_17481805.jpg

ゆったりとし気持ちになれるマイケルフランクスはソファーでブランケットにくるまって聴く冬が似合う。
このアルバムの歌詞はクリスマス休暇を念頭に各曲がそれぞれロマンチックなストーリーになっている。
愛犬びすけと私だけだが、のんびりロマンティックな曲を聴いていると時間が止まって世界中が雪に閉じ込められたようで、素敵だ。
だが、待て待て。まだ片付けは終わっていない。
向こうの部屋にたっぷり本が片付けを待っている。
とりあえず、お散歩へ行ってきたので、びすけは幸せそうに寝ている。
c0156021_17481880.jpg

風邪と副鼻腔炎🤧がやっと治った感じで、ホッとしたらもう来週で1月が終わる。
c0156021_17481968.jpg



[PR]
by 7thclouds | 2017-01-21 17:22 | 音楽

c0156021_16551463.jpg

イギリス留学中年末年始の楽しみの一つに、クラッシックFMの雑誌があり、
新春号には毎年年間ベストテンを集めたCDが付録でついてくることだった。
2000年新春号の付録CDで聴いた一曲目がヨハネスブラームスヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.77
Violin Concerto in D,Op.77
Jascha Heifetz ヤッシャハイフェッツ バイオリン
Chicago Symphony Orchestra シカゴ交響楽団
Fritz Reiner フリッツライナー指揮

全楽章かろやかに踊るように響く曲。
春に聞くと新緑がのびのびと空に向かっている感じで、夏に聴くと涼やか、秋にはあったかな気持ちになり、冬に聴くとココアによく合う感じ。

いつ聴いても、どの楽章も、メロディアンサンブルともに管と弦がよく響き合い素晴らしい。
オススメです。

特に好きなのがこの第2~3楽章最初クラリネットから始まり弦の響きへつながって行くところは、やはりモーツァルトの世界に近いのですがそれだけでなく、ハイフェッツの震えるような演奏がこの楽章の激しさと熱さ、それでいて、のどけき通り過ぎる風の様な。そこにまた管が風が戯れるようにくるりんと弦に混ざり合いひろくたかく音を空の彼方まで連れて行く。
草原の広がりと暖かな日差しのような。

クラッシックFMはこの第3楽章を年間No1CDの最初にあげています。
III.Allegro giocoso,
ma non troppo vivace

一度聴いたら忘れようのないほどスピード感躍動感きりりとして音が転がり跳ね上がり踊るようで、あの頃毎朝起き抜けにこの曲を聴いていました。
外の鳥たちのさえずりとも良くあっていて。

チャンスがあれば、この楽章だけでもラジオなどでリクエストしたりして、ぜひ聴いてみてくださいね。
c0156021_17104741.jpg


同じアルバムのチャイコフスキー
ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35
Violin Concerto in D, Op. 35
もゆったりとした中にハイフェッツのバイオリンがとても愉しげにステップを踏み続ける素敵な曲です。
[PR]
by 7thclouds | 2013-03-28 16:55 | 音楽

カサンドラウィルソン2013年5月31日から6月2日までブルーノート公演決定。
いちにち2回公演。
詳しくはブルーノート東京以下のURLまでhttps://reserve.bluenote.co.jp/reserve/schedule/move/201305/

カサンドラウィルソンのアルバムCassandra Wilson glamoured
c0156021_1627643.jpg

家族(夫。今は離婚し単身犬と暮らす)の転勤で1998-1999頃鹿児島で暮らした。
その頃時々行った天文館のタワーレコードオススメの一枚で試聴したNew moon daughter Cassandra Wilson。
それ以来、ずっと大好きで福岡と東京ブルーノートでのライブも楽器とのインプロビゼーションな演奏がとても面白くカサンドラウィルソンの歌=楽器としてのヴォーカルというイメージがより広がった。
カサンドラウィルソンのアルバム最近よく聴いているのは、このglamoured
一曲目 Stingの曲-Fragile
"nothing comes from violence
And nothing ever could"

この世界隅々に響いて欲しい
c0156021_1963174.jpg


More
[PR]
by 7thclouds | 2013-03-28 16:10 | 音楽

c0156021_22322871.jpg

c0156021_22322867.jpg

c0156021_22322845.jpg

c0156021_22322842.jpg

c0156021_22322850.jpg

c0156021_2232282.jpg

c0156021_22322835.jpg

はじめてのフジロックフェスティバル!
お天気でも、雨のなかも、雨がやんでからも、みんなですてきな時間を過ごせてシアワセデシタ!
土砂降りでも泥んこでもぜんぜーん気にならない、なーんか野外だ…うれしい!しかも、ななめ前列確保でしっかりステージが見えた‥…まだオアシス後遺症!!ツェッペリンの曲がしばらく流れて、はじまった。
とにかく、幸せな時間がしみし゛みーとすぎて、明日の朝までずーっとみんなで聴いていたいというか、うたってもいたいというか!気がつくと、雨もやんでいた…リーアム()&ノエル(子育てに忙しい!)またきてね~(とわたしだけでなく会場全員思っていたと思う)
パティスミスは、会場に降りてそのままはなしかけてきそうな感じ。あの会場の森の空気がすごくすきなんだろうとおもう…木々の精とはなしてるかのような、詩のパフォーマンスもよかった

ポールウェラーは、やっとみることができて、cafe
blueのファンというまったくファンとしては端っこのほうのわたしでも、途中のpianoなポールウェラーは少し意外。土砂降りの雨て゛ステージもすごい状態だったけれど、後半やっエンジンかかった感じでしたね
さて、今回やっとたどり着けたフジロック!実際的感想は…!
雨用ブーツと椅子は絶対必需品と事前に派遣先のY女史に教えてもらっておいて本当によかった~!!ありがたかった!雨ガッパというか雨よけのジャケットも持って行って正解だったのに、あまりにあまりに青空晴天なので油断!おいていってしまった!……が、せめて、長袖上着をうっかり日焼け止めに着たままでイテヨカッター!
というのも……~
ホントに本当に山の天気は変わりやすく、シャトルバスで45分の苗場スキー場へ着くと、雨!…
風が吹くと、夜半にはかなり本気で冷えます!凍えます。
待ってる時間がたくさんなので絶対に椅子は助かりました~
傘は人ごみで差していられないので雨合羽の保温性のあるものを、絶対、どれほど湯沢駅がお天気で暑くても、ですね~

帰りのシャトル待ちが寒くてつらかったけれどNASPAニューオータニで部屋に帰ってのんびりお風呂につかりホッ。

朝はすっかり晴れてきれいな朝焼け!
夏の湯沢の虫の音や鳥の声と日差しを感じながら、まだすいてる関越で昼過ぎには戻る。またすぐそこに森があったら、いいのにね。
[PR]
by 7thclouds | 2009-07-26 22:32 | 音楽

"just call my name ...

ill be there...."
"I'll be there"
by The Jackson 5

More
[PR]
by 7thclouds | 2009-06-27 17:08 | 音楽