<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0156021_15125207.jpg
c0156021_15484445.jpg

東京都新宿区早稲田町の自宅マンションに住んでいた頃は割と頻繁に作っていた有機のパン。買い替えでこの戸建建売4LDKの新築一軒家を購入し暮らし始めてからは、官庁独立行政法人での翻訳の仕事で通勤もあり、忙しくてすっかりブレッドメーカーも物置化しまっていました。が、ここのところ家にいることが多いので、やっと少しづつ引越しの後の片付けが進んでいます。と言っても要するに多すぎる物を捨てるかどうかの決断と捨てる作業や紙類のシュレッド裁断作業がほとんどなのですが、、、とにかく、引越しの後の本当の意味での片付けが2年半ののちにやっと始まったところですね。東京都新宿区早稲田町のかつての自宅マンションは2LDKで面積はこの一軒家の約2/3。ですから計算上は物を捨てなくても東大和市桜が丘のこの新築建売一軒家へ引っ越しただけで十二分に居住スペースが広くなりはずなのです。ですが、1999ー2005年英国国立大学サセックス大学法学部大学院時代に増えた本や生活用品や帰国後買い込んだベランダ園芸用品等で荷物が増えすぎ借りていた8畳のコンテナ倉庫の荷物を一昨年夏にで運び込んで以降、建坪面積約30坪100平方メートル近い新築4LDK一軒家を購入しのびのび一人暮らしな筈が寝室とキッチン以外は荷物が天井までぎゅうぎゅうの状態になってしまいました。しかも当初は荷解きの段ボールや梱包材が和室に詰まっていた為荷物を広げるスペースすらほとんどなく、荷物の半分以上は荷解きもできない状態でした。せっかくの「優雅なひろびろ一人暮らし」が、これでは悲しい。
そこで、少しづつ引越し荷物を解きつつ、年を越し、やっとこの春あたりから、捨てるものを決め思いきり捨てる作業に取り掛かり始めました。すると結構「片付いた」感が湧く程度に片付いてきました。
c0156021_15125313.jpg
そもそもこの新築建売戸建を購入した決め手の一つが収納の多いところ。フードストッカーいっぱいに買いためた保存食などを徐々に食べてくうちフードストッカーにしていた収納にボールなど調理用具や食器を置くスペースが広がってきたため、物でいっぱいだったブレッドメーカーの周りもスッキリ。そこで冷蔵庫に保存しておいた有機の小麦粉強力粉と冷凍庫にしまっておいたドライイーストでロールパンに挑戦。このブレッドメーカーでは一度だけバゲットを作った以外はいつも一斤パンばかり。そこでせっかく片付いた広いキッチンでドゥ機能を使い、今週月曜日ロールパンを作ってみました。味はまあまあ。今朝の一個で終わりになったので今日は2回目のロールパン作りです。
材料と作り方はブレッドメーカー(ウィリアムズ-ソノマ)添付のクックブックにほぼ沿っていますが、私の作り方の特徴2次発酵機能付きでなくても捏ねだけブレッドメーカーを使い後は普通のオーブンで菓子パンを作れるところです。
私の有機ロールパンの特徴は: ①2次発酵機能付きでない普通のオーブン或いはIHロースターでも200度の温度設定が可能なら2次発酵の付いていない普通のオーブン(と料理用温度計)を使い2次発酵させる、②バターの代わりにオリーブオイルを使う、③溶き卵の代わりに薄めた牛乳を使う、点です。

有機ロールパン(材料)(ウィリアムズ-ソノマのブレッドメーカー添付のクックブックを参考にしました)
水 1/2カップ
卵 1個
強力粉 3カップ
牛乳 大さじ1
砂糖 大さじ3
塩 小さじ1と1/2
オリーブオイル 60g
ドライイースト 小さじ1と1/2
(乾燥防止と焼き色用に
牛乳大さじ3をぬるま湯大さじ1で薄めたもの)
打ち粉用有機薄力粉

作り方(ウィリアムズ-ソノマのクックブックを参考)
1 水と砂糖と塩オリーブオイルをいれたところに強力粉を入れる。
2 強力粉の上にくぼみを作りドライイーストを入れる
3 ブレッドメーカーのドゥ(Dough)モードを選びSTARTボタンを押す。
4 ドゥモード(捏ねと発酵)終了(1時間40分)のブザーがなったら、油を薄く塗ったボールに開け、ボールにラップをぴったりかけ、暖かい部屋で30分発酵させる(1次発酵)。
c0156021_15125469.jpg

5 打ち粉をした板(まな板でも可)に開け、スケッパーなどで12等分する。
6 手のひらで生地を丸め空気を抜き、
c0156021_15125415.jpg
c0156021_15125437.jpg

堅く絞った清潔な濡れ布巾をかけ15分生地を寝かせる。
7 のし棒で細長く伸ばし先を三角形に尖らせ
c0156021_15125575.jpg

c0156021_15125539.jpg
底辺の広い方から生地を巻く。薄く油を塗った天板に巻いた端を下に並べる。
8 表面に刷毛でぬるま湯を塗る。
9 天板に並べた成型したロールパンを30度で30分置き2次発酵させる。
成型したパン種を並べた天板をオーブンに入れ3分180度にし3分程度そのままにし料理用温度計でオーブン庫内温度を測り30度近辺になったらオーブンを1分間180度にし3分間置くことを合計6回合計30分ほど繰り返し、2次発酵前の2倍程度に膨らむまで2次発酵させる。

このように2次発酵機能付きでないオーブンでも2次発酵は簡単です。オーブン(IHロースターでも充分)で30度の状態を作り料理用温度計でオーブン庫内中央空間を測り30度〜35度程度に維持するよう数分づつ140度〜180度にオーブンの火を入れては止める作業を約30分間繰り返せば成型したロールパンのパン種を2倍の大きさに膨らませる2次発酵ができます。料理用温度計で温度を測るときに絶対にオーブンやIHロースターに直接触れさせないようにしてください。温度計が割れることもあるので気をつけてそっと庫内中央空間の空中の温度を測りましょう。これは、私が自分で編み出した方式で自己流ですがちゃんと2次発酵でき膨らみます。私個人の経験では湯煎で30度で2次発酵させる方法は温度が上がりすぎたりして膨らみません。が、オーブンやIHロースターを使って140ー180度へ上がる途中の中間温度を利用する方が確実で温度も一定。なので、きちんとこまめに電源を切る(あるいは温度をゼロにしてまた140度〜180度へ設定し数分温める)事を5ー6回30分程度繰り返すだけで絶対に成型したパン種は2倍に簡単に膨らみます。置きっ放しの1次発酵より一見面倒なようでも、180度のオーブンに入れ1分から3分温めオーブン(IHロースター)の電源を切り3分程度待ちまた同じことを約6回ほど繰り返せばいいだけです。
c0156021_15125545.jpg
ロールパン成型し2次発酵終えたパン種。

9 乾燥防止と焼き色用に牛乳大さじ3をぬるま湯大さじ1で薄めたものを刷毛で塗り、200度に予熱したオープンで15分焼く。
焼く前に刷毛で卵の卵黄のといたものを塗る理由が乾燥防止と焼き色用ということなら卵と同じタンパク質の牛乳を薄めて同様のタンパク質の膜を作ればいいのだと思って200度で焼く前にパン種を牛乳をぬるま湯で薄めたものを刷毛で塗ってみました。この方法も全くの自己流で今日初めて試して見たのですが色合いは私好みの薄い感じの焼き色に仕上がりました。パンの焼き上がり食感も柔らかで結構良かったです。が、好みで溶き卵の薄めたものを刷毛で塗っても良いでしょう。溶き卵を薄めたものを刷毛で塗りと塗った部分が濃い色にやけます。
c0156021_15541416.jpg
ロールパンは発酵時間がかかるので朝8:45ころからブレッドメーカーのドゥ(捏ね)を開始し作り終わったのが午後1:30過ぎ。
c0156021_15541475.jpg

c0156021_15541476.jpg
ですが、ちょうど昼食の時間に間に合いました。
c0156021_15574066.jpg
今週月曜日初めてのロールパンを作った時はウィリアムズ-ソノマのクックブックにほぼ一致した分量で作りましたが、2回目の今回は少し多めにパン種を作りオーブンと両方で18個くらいのロールパンを作りました。
[PR]
by 7thclouds | 2017-07-26 13:20 | 有機素材でお料理

c0156021_17122887.jpg
熱い日本茶を飲んでいたら、甘いものを食べたくなったので、今年も我が家でわらび餅を作りました。
材料: わらび餅粉(有機のわらび餅粉も探せばあるのかもしれないけれど、アマゾンですぐ手に入ったのは普通のわらび餅粉(*原料はサツマイモでんぷんです。わらびの根の粉本わらび粉ではありません)
c0156021_17122984.jpg
有機きな粉と黒蜜
c0156021_17123030.jpg
作り方: 200gのわらび餅粉に対し900ccの水を入れわらび餅粉を少しずつとかし強火で温め透明になりかかったら弱火でよく練ってさらに透明になるまで弱火で木べらでよく練って火を入れる。焦がさぬよう気をつける。なかなか全部が透明にまでならなかったら全体の1/3か半分くらいが透き通ってきたら火を止め平たい薄めの型に入れる。大き目のボールに水を張っておいて型ごとすっぽり水につけわらび餅の粗熱が取れ水が温かくならなくなるまで水を替えながら大き目のボールなどの水の中で冷ます。冷やす時間を入れても10分かからない。この時、冷蔵庫で冷やすとぷるんとしたかんじがなくなるので気をつけて。わらび餅粉は乾物なので日持ちがする。型は私は生協で購入したステンレスのところてん型を使っている。ステンレス型は冷えるのが速いので便利。
c0156021_18032614.jpg

c0156021_18401022.jpg

家で作ると、わらび餅を食べたい時すぐ食べられるのが嬉しい。
c0156021_17123161.jpg
これでも今年は去年よりは透明でつるんとしたわらび餅ができた。
c0156021_17123181.jpg
保存方法: わらび餅に限らず和菓子は割と痛むのが早いので常温で半日で食べきってください。冷蔵庫に入れるとぷるんとした感じはなくなり味は葛餅に近くなります。できれば型ごと大き目のボールなどの水の中につけたまま冷蔵庫に入れることをおすすめします。
c0156021_17410263.jpg
今回は、IKEA立川のサマーキャンペーンのジャーサラダについてきたジャーに水をいれそこにわらび餅を入れて保存してみました。
c0156021_17410360.jpg
c0156021_17470082.jpg
ル・クルーゼのハートの器に入った辛子昆布とダルフォーのマーマレード、豆板醤やオリーブ油の並びにしっかり収まったジャーわらび餅。ジャーは便利ですね。
さらにモチモチ感は全くなくなりますが、水から型をあげ型から出してラップ包んだ場合冷蔵庫で保存することもできます。この場合味はさらに葛餅に近い感じになります。2日程度で食べきってください。因みに、まだ冷凍保存は試したことがないのですが一個づつラップに包んだりあるいは容器に入れて冷凍保存もできると思います。ぷるん感のない透明感のない白い羊羹のようになってしまうのは冷蔵状態とほぼ同じですが2日でなく冷凍は2週間くらいは日持ちすると思います。
c0156021_18414094.jpg
腎盂腎炎 腎臓結石: そういえば国家公務員共済組合虎の門病院泌尿器でみていただいた結果、腎盂腎炎は6.8ミリの結石などいくつもの結石が詰まった結果腎臓内に尿が逆流するために起きているものということでした。血液検査の腎臓関連の結果は全て良好でホッとしました。抗生物質で腎臓内に逆流する尿により起きる細菌感染の原因細菌の繁殖を抑え腎盂腎炎を治療し腎機能の低下を防ぎながら今後の結石の状態を見ることになりました。これまでの結石の経過からすると、結石が自然に落ちず逆流による腎盂腎炎や水腎症が頻繁なら結石の破砕手術もいつかの時点ではあるのかもしれません。とりあえず今日明日の入院は無くなりホッとしました。
c0156021_18205848.jpg
さて、わらび餅ですが、犬的には全然興味のない和菓子らしくびすけはぐーぐー寝ています。
c0156021_19125834.jpg

c0156021_19282055.jpg
夕方天候急変:あんなに晴れていたのにYahoo!天気予報が東大和市に豪雨警報18:20ごろ。急にすごい風が吹き雷がなっている。今Yahoo!の注意報欄をみたら雷注意報に変わった。

[PR]
by 7thclouds | 2017-07-16 16:58 | 有機素材でお料理

我が家の庭に生まれ育つ生きものたち
今日はカマキリの子供を発見。
一昨年は1ほしてんとう虫が大発生した時自然に駆除してくれた働き者のカマキリがいたが、去年はオオカマキリがつがいできていたので、楽しみにしていたら、今年は子カマキリが現れた。
まだ子カマキリだというのに、朝からせっせとバラについたありを食べてくれている。
c0156021_19365884.jpg

c0156021_19365874.jpg

c0156021_19365838.jpg

c0156021_19504751.jpg
今日は結石の調子がひどかった。結石の痛みはロキソニンで治るが、結石のつまりがややあるため、腎盂腎炎になっている様子。腎盂腎炎の熱は高く39度近くになるので、寒気もひどいしぐったり。先月に続き今年は2度目だ。泌尿器の先生にかかるには時間が遅かったので、まずは泌尿器科のお医者様に言われている通り、水分をたっぷり摂取。ポカリスエットとローズヒップティーをたっぷり飲み、処方されているロキソニンを飲んで眠り安静にしていたらやっと熱もひいてきた。まだフラフラなので、お散歩はお休み。我慢してくれている愛犬びすけに感謝。
[PR]
by 7thclouds | 2017-07-12 19:34 |

ここのところ、毎日30度を超える晴天が続いているので
洗濯物をテラスで干している。
するとほっておきぱなしだったテラスにバッタの子供達がいるのに気がついた。細くて触覚がまっすぐ短めなのでおそらくショウリョウバッタAcrida cinereaかオンブバッタの子であろうと思われる(成長に従っておそらくオンブバッタであることが判明)。この細くて青いバッタ、去年成虫を見かけた。写真に撮影する間も無くそのままだったが、その時のバッタの子かもしれない。
去年は2016年はほっておいたテラスの土にアオイトトンボが産卵していて、アオイトトンボもやごが羽化し綺麗な成虫になって風に乗り飛んで行くまでをテラスで観察できた。早朝の羽化と羽を広げ乾かし、朝一番の風が吹くのをアオイトトンボが待つ静謐な時間。その大切な瞬間までが、なんともゆっくりと流れ、実に美しかった。
そして、2017年夏我が家の庭とテラスの植木にそっと水やりするたび、ちいさなちいさなバッタの子が跳ねて水を避ける様がおもしろい。ほんの5ミリ程度のバッタの子たちが精一杯跳ねて壁に避難しつつ、葉先の水滴で水分を摂っているのもかわいらしい。こんな小さなバッタの子供達だが、精一杯楽しそうに跳ねている、その様を眺めていると、のどかでゆったりとした気分になれる。生きものが安全に育つのを見ることは人をこんなにホッとさせるものなのだと改めてしみじみ思う。
c0156021_17253731.jpg

c0156021_17253713.jpg
小さくてもしっかりバッタの形をしているのが可愛い。
今のところ4匹いる。
我が家でそだてているツルナという野菜とラズベリーの葉が気に入っているらしい。
c0156021_17253886.jpg
c0156021_17253827.jpg
ラズベリーの葉の陰でしっかり育つツルナの葉。その葉にはおそらくバッタの子が食べた跡でポコポコ穴が空いているがそれすら嬉しいほど可愛い。
c0156021_17253946.jpg

小さくても良く飛ぶが大きくなってぴょんぴょん跳ねるのを見たい。が、大きくなったらどっかへ行っちゃうんだろうなー。
c0156021_17564251.jpg

c0156021_17564242.jpg

c0156021_17564330.jpg

c0156021_18142517.jpg

二階のテラスはウッドパネルを敷いても暑すぎる。でもせっかくのテラスはやっぱり何も履かずに過ごしたい。そこで昨日乾いたばかりのインド綿の足拭きを敷いたら、サンダルいらずになった。
c0156021_18142532.jpg

大きい布団カバーも良く乾く。
びすけはこういう天気のいい日はテラスが暑すぎるのを知っていて、窓のそばで、テラスの方を眺めてる。
c0156021_18142633.jpg
びすけがベッドでおとなしくお昼寝してくれているので、クローゼットの片付けも進む。
c0156021_18180707.jpg

c0156021_09314016.jpg

c0156021_18142688.jpg

c0156021_18180783.jpg
c0156021_18243067.jpg

c0156021_09314110.jpg
まだ梅雨は終わっていないけれど、毎日猛暑日が続いている。おかげで、日に秋冬物春物枕クッション・シーツ類の洗濯を3-4回してもどんどん乾く。
好天気は有り難い。

[PR]
by 7thclouds | 2017-07-11 16:41 |