<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日は涼しくて気持ちいい秋らしい天気。
びすけも久しぶりに二階のテラスでのんびり。
c0156021_10310694.jpg
でも、なぜかコデマリの葉が好きで、私に「食べちゃダメ」されてちょっと拗ねてます。
c0156021_10311109.jpg
c0156021_10311443.jpg
c0156021_10332357.jpg
けれど、私の手からバッタたちが食べ残したラズベリーの葉っぱを食べさせてもらい、またご機嫌に。
c0156021_10403718.jpg
c0156021_10404288.jpg
c0156021_10444348.jpg
秋らしい澄んだ空
c0156021_10404504.jpg
シアワセ🙂
c0156021_10424314.jpg
c0156021_10441525.jpg
今年2は私が結石と胃腸の炎症で8/10-9/1の22日間入院し留守中だったせいか、11歳の年齢のせいか、仔犬の時と同じように唾液がアルカリ化してヒゲが茶色っぽくなってしまいました。わたしがそばにいるとわたしに「チュ」125.png111.pngするためびすけはいつも徹底的に口の周りをきれいに拭くので唾液のアルカリ成分に毛がやけずに済んでいるのかもしれませんね。ちいさな仔犬の頃はそこまで口の周りを綺麗にできなかったから唾液のアルカリで毛が茶色になっていたのだと仮定すると納得いきます。

二階のテラスのオカノリ(フユアオイ)も
c0156021_10360926.jpg
オカワカメ(雲南百薬)も元気一杯です。
c0156021_10361337.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2017-09-14 10:30 | びすけとの日誌

今年は雨が多かったせいか、我が家の二階のテラスの野菜がよく育った。

オカノリ
オカノリ(冬葵 フユアオイ)はいつも茎ばっかり伸びて、食べようと思う頃には、花と茎と葉がちょっとあるだけでしたが、今年はしっかり葉がよく開いてやっと食べることができました。それもこれも毎年茎ばっかり伸びて花を咲かせたオカノリ(フユアオイ冬葵)自身がちゃんとタネをつけ自然にタネをはぜらせていたからだと自然の仕組みに驚きます。
c0156021_09574169.jpg
c0156021_08523155.jpg

c0156021_08591412.jpg
c0156021_08591986.jpg
が、他のプランターに植えた人参全然は出てきませんでした。3年後には葉が出てくるのでしょうか?それはないかなぁ。

オカワカメ(雲南百薬)
生命力豊富なオカワカメ
二階のテラスのホースにも伸びて収穫しやすくなってます。
c0156021_08594353.jpg
c0156021_08594629.jpg

つるな(ニュージーランドほうれん草)
シュウ酸が多いと知り、使うときは茹でてから使うようにしようと思っています。食べても特にアクは感じません。柔らかく食べやすいのでお味噌汁やスープ炒め物にも使いやすいでづ。
今年は何よりもバッタたちの好物でそれはそれで微笑ましかったのですが、成長したバッタたちは一階の庭の草むらに下りたようで秋になって急につるなが再び伸び始めました。
c0156021_09012179.jpg

アシタバ
オカワカメ(雲南百薬)と一緒植えしたのと茎が細いのでピンときてなかったのですが、明日葉。
アシタバって柔らかいイメージですがこれは味と香りが強く素晴らしい薬味になりますが葉が堅いのでアシタバっぽくないですが、日光種苗さんのアシタバの苗が大きく育ったものです。
c0156021_09034036.jpg

ラズベリー
c0156021_09213695.jpg
今年も春から初夏にいっぱい実をつけ朝から庭でラズベリー摘んで食べてました。食べるのに夢中で写真撮り損ね。

実がひとしきりついて終わって葉だらけになった頃からはバッタたちの栄養に。ラズベリーの葉はそのままお湯を注いで飲んでもよく、うちの愛犬びすけも時々食べるくらい柔らかく香りも青臭さがなく美味しい。バッタたちが我が家の二階のテラスを子育て場所に選んだ理由はラズベリーの葉が気に入ったからでしょうか。バッタたちが大変お気に召してくださって、おかげで二階のテラスの植木の水やりの時いつも6-7匹いるバッタたちがぴょんぴょんテラスの壁に跳ぶのが楽しみでした。
c0156021_09390952.jpg

c0156021_09391555.jpg
バッタたちの子作りのためか一階の庭などに巣立ちしました。昨日びすけと散歩の途中家の近くの道路でみかけたのもうちにいた子でしょうか?子バッタたちがいた頃が懐かしいです。
c0156021_09103791.jpg
c0156021_09104122.jpg

レモンバーム
冬は枯れてもまた春から夏はよく葉が茂ります。お湯を注いで飲んでも美味しい。シュウ酸ない。
c0156021_09272712.jpg

アケビ
c0156021_09323805.jpg
バッタたちはグルメ。大好物はラズベリーの葉。次にニュージーランドほうれん草とアケビの分厚い葉もお好みのようでしたね。
c0156021_09380878.jpg
c0156021_09381206.jpg

イチジク
今年は場所を朝日のあたる側に移したら夏はよく葉を茂らせていました。大きな鉢に植え替えする頃です。苗を楽天のイングの森で購入したてのときはただの棒切れのようで心配でしたがこんなに大きく育ちました。大き鉢に植え替え、横に広げる剪定で横枝を増やしいつか実をつけるようにしようと思います。
c0156021_09412874.jpg
c0156021_09590113.jpg

他にもオリーブやマルベリー、アロニアなど育てていますが今のところまだ観賞用。
オリーブ
c0156021_10000337.jpg

秋、二階のテラス
c0156021_10120203.jpg
c0156021_10121052.jpg
c0156021_10121598.jpg
c0156021_10122664.jpg
二階のテラスでラズベリーの葉を食べるびすけ。
今年2017年は私が結石と胃腸の炎症で8/10-9/1の22日間入院し留守中だったせいか、11歳の年齢のせいか、仔犬の時と同じように唾液がアルカリ化してヒゲが茶色っぽくなってしまいました。わたしがそばにいるとわたしに「チュ」125.png111.pngするためびすけはいつも徹底的に口の周りをきれいに拭くので唾液のアルカリ成分に毛がやけずに済んでいるのかもしれませんね。ちいさな仔犬の頃はそこまで口の周りを綺麗にできなかったから唾液のアルカリで毛が茶色になっていたのだと仮定すると納得いきます。
二階のテラスに出た後は部屋に入ってもまだご機嫌116.png
c0156021_10005223.jpg
c0156021_10005715.jpg

[PR]
by 7thclouds | 2017-09-14 08:48 | ガーデニングはたのしい!

9月も2週目になり、愛犬びすけと近くの都立東大和南公園でお散歩すると夕陽が道に長く斜めにつよく照り、空気が乾燥し、気持ちのいい季節を感じます。長袖の服を出してブーツを履いて、秋支度が楽しいです。でも、朝晩は涼しくなってきますからなんとなく夕食を作るのが億劫な時も。それでもカラダと胃ががあったまるスープなら手軽に作れます。
今日は二階のテラスのオカノリ(要注意:ハーブのページによると妊娠中の方は絶対に避けてくださいとされています)の新芽の葉が出てきて美味しそうだったので、オカノリ(フユアオイ)のスープを冷蔵庫にあったものと合わせて作ってみました。
オカノリ(フユアオイ)はこの東大和市のこの新築建売戸建を購入し住み始めたときに日光種苗から苗を購入し植えたのですがこの2年半以上いつも食べドキを過ぎてしまいました。すると茎だけが伸び花をつけて葉は固くなって食感が良くないのでほっておきっぱなしになってしまっていたのです。それでも、毎年ちゃんとタネがはじけて芽が出て花が咲きタネがはじけてくれていました。自然ってすごいですよね。今年はちょうど若い葉を摘むタイミングを逸しなかったので、生協の無塩せきソーセージとトマトとネギ、冷蔵庫の片付けがてらみつけた残っていた有機の大麦ともち米でスープを作ってみました。ソーセージと野菜と穀物を柔かく煮て食べるので、朝食にも夜食にも向いてます。
c0156021_20454837.jpg
材料
無塩せきソーセージ 8本
有機大麦(ラテラ オルゾペルラート)カップ2/3
もち米 カップ2/3
トマト小〜中2個
細い葉ネギ 4-5本を 5センチ長さに切ったもの
水 800-900cc
塩 大さじ2/3オリーブオイル
オリーブオイル 大さじ1
好みで オカノリ(フユアオイ)
(⚠️要注意: 小児と妊娠中の方はオカノリ(フユアオイ)は食さないでください)
c0156021_08470742.jpg
作り方
1直結16-17センチ程度の片手ホーロー鍋鍋などに水と大麦ともち米
(好みで水にさらしておいたオカノリ(フユアオイ)両手いっぱい程度)を入れる。
2 トマトを四つ切りにし入れる。
3 ソーセージをそのままいれる。
4 塩大さじ2/3を入れ、 弱火(IHなら2)で10分煮る
5 葉ネギを5センチ長さに切ったものと、オリーブオイル大さじ1を入れさらに10分煮る。
c0156021_20523400.jpg
c0156021_20523894.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2017-09-12 20:20 | ぱぱぱっとクッキング

平成29年9月9日 土曜日 曇り時々晴れ 
水腎症と胃腸の炎症で東京都立川病院内科へ22日間入院し9月1日に退院し今日でちょうど1週間。消化の良いおかゆや炒り卵など入院食に近い食事で無事過ごした1週間でした。美味しかった入院食ですが、入院食にさすがに出てこなかったのがおやつ。そこで今日の午後は久しぶりに家でパンケーキを焼きたっぷりのメープルシロップでいただきました。そして、今夜は消化が良いわらび餅を改めて作ってみました。わらび餅作り、今日で3回目。やっとぷるんとしていて透き通ったわらび餅ができました。
これまでは、わらび餅を作ったつもりなのにずいぶん白く固まってしまい、2回ともちょっとがっかりしてしまいした。そこで、今回はわらび餅粉の袋の裏に書いてある「作り方」に指定してある水分量900ccより多い1300ccの水分量で作ってみたのですが、それがよかったようです。やっと透明なぷるんとした感じになりました。さらに今回はIHで火にかける前にわらび餅粉(甘薯澱粉)をさらさらに水に溶かしてからIHの6〜7でよくかき混ぜ熱し透明になってからはIHの1で数分さらによく練りました。ちなみにわらび餅粉は本わらびのこなではなくいつも使っている甘薯澱粉です。もっと「ぷるん」とさせるためには直径18センチ程度の鍋で、わらび餅粉200gを1600cc程度の水によくとかしてから熱を入れる方がいいのかもしれません。
c0156021_20363481.jpg
c0156021_20553724.jpg
c0156021_21154382.jpg
c0156021_20463226.jpg
c0156021_20463529.jpg
c0156021_20463996.jpg
今回は水分量を増やした分出来上がり分量も増え、いつものトコロテン/羊羹型には入りきらなかったので、デザート用のグラスにいれて冷やしました。
c0156021_20464297.jpg
ゼリー風の外観に、ゼリーよりもぷるんとした食感で、面白いデザートになりました。このようなデザートグラスにいれれば、きな粉と黒蜜に限らず、フルーツソースやフルーツ、カスタードとも合いそうです。
c0156021_20535183.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2017-09-09 21:05 | ぱぱぱっとクッキング デザート編

8月10日から9月1日まで22日間東京都立川市の国家公務員共済組合立川病院の内科に入院し水腎症腎盂腎炎尿路感染胃腸の炎症等の治療を受けていました。立川共済病院(立川病院)の医師看護婦スタッフのみなさまおせわになりました。
c0156021_10320087.jpg

6月以来何度も結石と腎盂腎炎の39度以上の高熱で胃腸の炎症も併発していましたが、とうとう8月10日には右脇腹の痛みがひどく、胃の辺りの痛みも極度に達し、このままでは結石の詰まりも悪化すると判断。以前水腎症を治療し結石破砕手術を行ってくださった東京都港区の国家公務員共済虎ノ門病院からは約2年半前新宿区早稲田のマンションから東大和市の新築戸建てに買い替えし引越した際に、「急に結石が詰まって症状悪化した時のために」と立川共済病院への紹介状を出していただいて既に一度診ていただいていた立川共済病院(立川病院)の緊急外来へ。血液検査とCT検査の結果、ここ1ヶ月の消化の良い低タンパク高カロリー色と安静が功を奏し左の腎臓から落ち尿管に詰まって蓋をしていた2個の7ミリ4ミリの結石は細かくなって左の腎臓の詰まりは解消されていたものの、右の腎臓の結石が尿管に落ちて詰まって右腎臓が炎症で腫れた軽度の水腎症になっているということでした。右腎の軽い水腎症と高度の炎症(炎症反応15)及び脱水状態等で緊急入院しました。
c0156021_10320014.jpg

c0156021_10441032.jpg

24時間抗生物質抗炎症剤輸液等の点滴の甲斐あり1週間
で5部がゆに。徐々に
c0156021_10320018.jpg

全がゆへ。
c0156021_10320195.jpg

最後は普通食に戻り胃腸の炎症も水腎症や尿路感染症もおちつき退院でき嬉しいです。
c0156021_10441017.jpg

c0156021_10320196.jpg

c0156021_10441119.jpg

結石が腎臓の出口や尿路につまり腎臓をせき止める結果腎盂腎炎を起こしやすくなったり、腎臓が腫れ、腎臓の浮腫状態で腎機能が働かなかったり腎機能が落ちると血液をろ過して血液に栄養分や水分を漉しとることができなくなる為尿毒症や腎不全の原因にもなります。
結石が腎臓や尿路に詰まって腎臓をせき止めてしまったら安静にし急性期の炎症を抑えてから場合により結石を破砕するしかありません。他方、尿管に結石が溜まり腎臓をせき止めると急な悪寒とともに39度台の高熱が突然出る急性期の腎盂腎炎を起こしやすくなります。腎盂腎炎を治すには解熱剤と抗生物質抗炎症剤が必要ですが、解熱剤などは胃腸を痛めやすく胃腸が痛めば痛みと胃の機能の低下で栄養分や水分を徐々に摂りにくくなくなってきます。すると脱水状態になり腎臓や尿管もさらに詰まりやすくなり結石の詰まりによる腎盂腎炎も悪化を繰り返します。私の今回の入院時の状態がそうでした。ですが、今回の入院中に、胃と腎臓に負担の少ない解熱剤抗炎症剤と従来の倍量の胃薬を点滴で使っていただいたので回復できたのです。

そもそも、結石で腎臓をせき止めないようにする方法はないのかといつも考えてしまいます。結石を詰まりにくくする方法はないにしても結石を作らない方法はあるのか?といえばこれもはっきりしないのです。が結石ができなくなるかはわからないけれどしばらくは高熱と解熱剤抗生物質抗炎症剤でひどく痛む胃腸を守るためにもシュウ酸が多いと言われるコーヒー紅茶緑茶ほうじ茶玄米茶などの飲み物をやめてみようと思っています。

ちなみにほうじ茶にも一般緑茶を焙じただけに過ぎないのでカフェインが緑茶同様多く含まれシュウ酸も含まれるます。にもかかわらずうっかりほうじ茶を麦茶扱いしてしまい、そうでなくても高熱と解熱鎮痛剤で傷んでいた胃腸をさらにカフェインで傷めてしまったようで大変な激痛の胃痛に苦しみました。腎盂腎炎の高熱で苦しんだ6月以降はシュウ酸を多く含むコーヒー紅茶をやめ1日1リットル程度飲む麦茶やポカリスェットを2リットル程度飲んでいました。が途中で麦茶に飽きてしまい、ついうっかりほうじ茶に変えた時から、胃痛が劇的に激しくなり、空腹時もさることながら、空腹時以上に食べている時消化するときにも胃と十二指腸のあたりが猛烈に痛むようになりました。緊急入院した日は、右脇腹は結石でつまっていたこともあって歩くだけでも胃と右脇腹が痛むほどでした。ほうじ茶で胃痛が劇症化するという事はないでしょうから、高熱と解熱鎮痛剤と抗生物質で胃腸がかなり傷んだところへさらに濃くいれたほうじ茶を飲んでさらに傷んだのでしょう。
これまでは、ほうじ茶は風邪の時の水分補給などに合っていたのですが、結石や結石詰まらせた際の解熱鎮痛剤や抗生物質で傷んだ胃にはカフェインが強過ぎシュウ酸も含むので、もう絶対にやめておこうと思うようになりました。麦茶やはと麦茶などにがカフェインもシュウ酸も含まれません。が何より安全なのは水道水(やポカリスェットや類似の補水液)であるというのが、入院中含め結石詰まりやすく結石が腎臓を塞きとめ腎盂腎炎になったり腎臓を腫らす水腎症になりやすい私の結論です。

さて、本日、平成29年9月1日無事立川共済病院(立川病院)を退院し東大和市桜が丘の自宅に戻りびすけと久しぶりにはしゃぎました。
c0156021_10320246.jpg

まだ結石の治療は継続ですが結石が詰まらなければそれほど心配ないのですが、、、
1ヶ月でびすけもずいぶんぼさぼさになってしまいましたねー
c0156021_10320208.jpg

c0156021_10320228.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2017-09-02 16:18 | 腎臓塞きとめる結石は怖いー 水腎症