タグ:アオサ ( 3 ) タグの人気記事

今日もぱぱぱっとクッキング減塩ぎみ低カロリー食
c0156021_19543023.jpg

メインはコープみらい(みえぎょれん販売株式会社)三重県伊勢志摩産あおさ
(祝2016年5月開催 三重県伊勢志摩G20!)041.gif003.gif001.gif058.gif
c0156021_19543050.jpg

と八甲田山の麓の長いも
c0156021_19543010.jpg

c0156021_19543000.jpg

c0156021_19543129.jpg

(ざるどうふのザルをとっておくと便利です)
材料
アオサ(水で戻して軽く水気を切ったもの)
大さじ二杯
長芋7〜8センチの長さ
卵一個
醤油小さじ2

アオサを水で5分戻す
長芋の皮をむき拍子切りにし
器に入れ
水で戻して水気を軽く切った
アオサ大さじ二杯をのせ
全卵(卵黄だけならもっとまったり感が増す)
をのせる
c0156021_19543156.jpg

食べるときに卵をとき
醤油小さじ2をいれよくかき混ぜてからいただく
c0156021_19543149.jpg


まったりとしたアオサと卵に
シャキシャキとした長芋の食感が春らしい
もっとまったり食感がよければ
長芋を細かい千切りに
あるいはとろろのようにすりおろしても美味しい。

アオサは沖縄産や三重産のものを使うことが多いです。乾物なので保存が楽で使いたいとき5分で水で戻せるので料理にとても使いやすい食品です。
伊勢乾物によると空気を吸い込みやすいので開封前は冷蔵庫か冷凍庫に開封後は密閉して冷凍庫か冷凍庫涼しく湿度の少ない場所での保管が必要とのことです。変色するからだそうです。

そのまま味噌汁に入れても卵スープに入れても
アオサのふわふわ感と繊細な舌触りで減塩を気にせずに済みます。
今日のように水で戻軽く水気を切って
サラダや和え物に入れてもツルツル食感と海らしい風味で食欲が増しカロリーがほとんどないのにふわふわ感があるので自然な満腹感があります。
伊勢乾物のアオサの栄養成分の表を見ると
ワーファリンと抵触する(効き目を減らす)カリウムが
のり海藻類の中で最も少なく、カロチンは多いことがわかります。

料理に使いやすく美味しいので昨年来よく食卓に上ることの多いアオサですが意外に栄養成分もあり食物繊維だけでなくビタミンを補給できるとわかり嬉しいです。

そもそももずくが大好きで夜中お腹が空いたらもずくを食べてまた寝てしまう私なのですが昨年初夏コープみらいの沖縄産食品特集で注文したアオサの味が濃く潮の香りがしてアオサのファンに。
今ではもずくとアオサがいつも食卓に欠かせなくなりました。
c0156021_19543107.jpg

c0156021_19543297.jpg

c0156021_19543235.jpg

びすけも夕飯食べてます。
もう食べ終わったぁ005.gif035.gif041.gif045.gif
[PR]
by 7thclouds | 2016-04-14 18:56 | ぱぱぱっとクッキング

c0156021_14174129.jpg

平成28年2月14日お天気の日曜日
今日は2月中旬前にしては暑いくらいのお天気
お昼過ぎで気温18.6度 午後3時過ぎで23.4度!
雨上がりのお天気の日曜日
c0156021_15581607.jpg

c0156021_15581695.jpg

c0156021_16022061.jpg

きょうはおやすみなのでのんびりおひるごはんにしました

タコと白子をオリーブオイルでローストしたので
ローストした蛸の足と水で数十秒戻した沖縄のアオサを
酢醤油と七味トウガラシしであえてみました

材料(一人分)
蛸の足1-2本
アオサ(数十秒水で戻したもの)大さじ2
酢 大さじ2
醤油1
七味トウガラシ 大さじ1

両手のひら分の大きさのタコ
c0156021_14174191.jpg

と白子をオリーブオイル大さじ3〜4でグリルパンで中火で片面4分ずつ強火で片面4分づつ焼く
c0156021_14174152.jpg

IKEAイケアのトングはいつもローストやムニエルを料理するときフライ返しより掴みやすくて大活躍
c0156021_14252607.jpg

ちなみにお皿は英国ブライントンに以前2006年ごろまではあったハビタのバーゲン購入したもの。
ナイフフォークは東京新宿のコンランショップで2006年ごろ購入したものでs。
コンラン卿がかつて英国で最初に投資額が少なくて済むので庶民向けに作ったインテリアショップが英国のハビタ。ですがもう英国ブライントンにハビタはありません。コンラン卿が英国で最初に展開したインテリアショップ「ハビタ」その後本格展開したコンランショップ。現在もコンランショップは新宿や丸の内や世界中で展開中です。
c0156021_14174140.jpg


焼きあがった蛸の足をきり
器に入れ
水で数十秒戻しておいたアオサ
c0156021_14174238.jpg

c0156021_14174270.jpg

の水気を絞り
器に入れ

酢大さじ2醤油大さじ1と七味唐辛子大さじ1を
かけていただく
オリーブオイルでローストしても脂っこくなく柔らかく
美味しい一品です

c0156021_14174233.jpg

釉の透明感と程よい厚み使いやすい深さでお気に入りの器は
確か新宿伊勢丹5階か新宿高島屋で。多分京都たち吉だったかもしれませんがもう10年近く前なのでないかもしれません。デパートには陶器や漆漆器や曲げわっぱなど日本の知恵が生きる器がたくさん。例えば10年前ごろ藤井窯の素晴らしさを紹介してくれていたのは伊勢丹5階の特選コーナー。
デパートの良さは磁器ウエッジウッドもたち吉も染付けの器も有機小麦粉のうどんもニューヨークのキールズのアマリリスの化粧水も世界中からしっかり探してきて教えてくれる新しい発見がある。楽しいだけじゃなくデパートでならではの世界中からの素敵な商品が集まってる。そしてデパートなら一度に購入できること。アマゾンや楽天通販を大活用の私ですが時にデパートや小売店町の近所のお米やさんヨーカドースーパーなど行ってみるとバーゲンもあり覗いてみると発見がある。今日は暖かでお買い物ウィンドウショッピングにもいいですね。


さて、お味噌汁はハナマルキの即席味噌汁に水で数秒戻したアオサを入れていただくことが最近多いです。一人暮らしの知恵としてはハナマルキの具が豆腐やネギなどついてる即席味噌汁もアオサや岩のりオススメです。
c0156021_14252650.jpg


お茶は福岡の八女茶
c0156021_14252683.jpg

焙煎に水車を使うので安心なお茶です。洪水の後水車小屋は治ったでしょうか?
最近お茶を入れるのはイケアIKEA(東大和市桜が丘我が家の近所では立川店)のガラスのテーポットを愛用。
お茶が触れる部分が小さ取り外せるので洗うのが楽です。
c0156021_14252768.jpg

c0156021_14252782.jpg

お茶の味もしっかり出ます。ガラスなのでお茶の色ほうじ茶の色紅茶の色ジャスミン茶の色などそれぞれ楽しめます。
c0156021_14252755.jpg

お茶飲碗は新宿伊勢丹5階か新宿高島屋
萩焼で薄い飲み口が気に入っています。
テーブルマットはIKEAイケア立川店
茶托はお客様にはお出ししますが自分だけの時は木のテーブルを傷めないようにテーブルマットの上やイケアIKEAのコースターの上に置きます。
なんとなく湯呑みでお茶を飲むよりも薄口の焼き物や漆器磁器でお茶をいただく方が好きです。
湯のみでたまに口あたりがうすく小ぶりで気に入っているものもあるのですが、大抵の湯のみは飲み口が大きくぼったりしすぎているか飲み口が細ければ細長で洗いにくい。なんとなく湯のみが好きじゃない理由です。

イカ(烏賊)について
ちなみにイカのワタとイカの和え物も美味しいのですが烏賊は皮をむかないと焼いても硬くてあまり美味しくないです。焼いてもね、野味とは言えるけど、イカの美味しさはちゃんと付近でゴシゴシ皮をむかないと美味しくなく皮のコリコリだけでなんだかという感じ。お寿司屋さんとか料亭(ちゃんとした普通の)のイカが美味しいのは皮むいて下ごしらえしてあるから。
なのでイカは8センチー12センチ程度の小さめの烏賊(ホタルイカじゃなく)を酢を多めにやわらく煮ると美味しいです。
たまーに気が向くと大きいイカを買ってきて固く絞った濡れ布巾で皮をむいてイカとイカの腸の和え物(塩をきつめにするとイカの塩辛)など楽しみますが、皮むきが面倒で最近は作ってません。
ま、タコもあまり大きいものは鍋に入らない大きな蛸の足をぶつ切りにして焼いても硬くて。そもそもそんな大きなタコあまり売ってませんけどね(大きなタコは茹でたり茹でて酢漬けになって売られてるだけなのはそのため)。

[PR]
by 7thclouds | 2016-02-14 13:15 | ぱぱぱっとクッキング

c0156021_04403812.jpg

平成28年2月12日金曜日
某省での国際調査専門職の非常勤の仕事の帰り丸ノ内線霞ヶ関駅から西武新宿線へ向かう途中に小田急新宿店地下があり地下には明治屋や千疋屋さん伊勢丹でも有名なrf1/2有機野菜店やパンのポンパドールベーグル店や果物ジュースの店などが入っている。丸ノ内線新宿駅地下から入りRF1/2の奥に魚市場がある。特に週末は混み合うがややまとめ買いするとお安めのお魚でもおまけしてもらえることがある。ウロコ取りもワタ取りもしてもらえるし刺身にできるものはきちんと刺身にしてもらえる。順番待ちなので時間はちょっとかかることもある。
昨晩の収穫は白子イイダコ大好きなカサゴ!
以下は白子のムニエルアオサ乗せて食べてみたら美味しかったので魚市場での買い物の項目と重複しますが別立てでブログしました。
白子ムニエルアオサのせ

白子はこぶし大にきり小麦粉を軽くはたきます
c0156021_04403858.jpg

ビニール袋やボールに小麦粉を入れ冷蔵庫で冷やしておくと天ぷらでもムニエルでもパリッと仕上がります。ビニール袋で冷やしておいた小麦粉にこぶし大にちぎった白子いれ小麦粉をまぶすと片付けが楽です。
オリーブオイルを大さじ2杯グリルパンやフライパンに入れごく軽く煙が立つ程度に中火で熱したところに白子を入れ白子の厚みにもよりますが表3〜4分裏側も3〜4分軽めの強火で焼きます。
c0156021_04403807.jpg

水に5分程度つけ戻したアオサ
c0156021_04105194.jpg
の水気を切り
c0156021_04403943.jpg

c0156021_04403910.jpg

焼きあがった白子のムニエルを皿に盛り
水気を切ったアオサ大さじ1をのせ
酢大さじ2お醤油大さじ1をかけて召し上がってください。
c0156021_04403951.jpg

(以下は私のこのブログDiary with Biscuitの「平成28年2月12日」の日記と重複掲載です)白子はいつもローストすることが多いのですが、ムニエルにして生協沖縄フェアのアオサをのせて酢醤油で食べてみました。
生協沖縄フェアのアオサは昨年末平成27年2015年12月頃に買ったもので冷蔵庫にしまっておいたもの。

たまたまサラダ味噌汁用に軽く水で数分戻したアオサをテーブルにのせていたので白子のムニエルに載せてみただけなのですがふわふわ白子のまわりの小麦粉にまったりとあっさりアオサが絡み意外にも食感が合っていました。

[PR]
by 7thclouds | 2016-02-13 04:12 | ぱぱぱっとクッキング