タグ:シャリフアスマ ( 4 ) タグの人気記事

c0156021_19243491.jpg
今日の夕方のパットオースチンとシャリフアスマ
c0156021_19243449.jpg

そして
c0156021_19243518.jpg
アランティッチマーシュ
そして
c0156021_19243577.jpg
エイブラハムダービーも大きく咲きました。
c0156021_19243502.jpg
オリーブとシャリフアスマをバックに撮影(北側の庭)
c0156021_19243608.jpg
エイブラハムダービーとアランティッチマーシュ
c0156021_19243640.jpg
パットオースチンとエイブラハムダービーとアランティッチマーシュ
c0156021_19243760.jpg
上からアランティッチマーシュ、エイブラハムダービー、パットオースチン
全て去年デヴィッドオースチン社の公式インターネットサイトから購入し植えた大苗が育って大きく咲いたイングリッシュローズです。
デヴィッドオースチン社の公式インターネットサイトURL: http://www.davidaustinroses.co.jp/japan/advanced.asp?PageId=1988









[PR]
by 7thclouds | 2017-05-23 19:09 | バラを育てるのはたのしい!

c0156021_23023361.jpg
北側の庭
去年秋の遅くまで咲いたので心配していたパットオースチンですが、今年もたっぷり大きく咲きました。
ティーっぽく反り返りながら見事に咲くパットオースチンはデヴィッドオースチンの奥様のお名前にちなんだバラです。北側でも日当たりがよければよく咲きます。
c0156021_23023425.jpg

c0156021_23091230.jpg

c0156021_23091279.jpg
その隣にはシャリフアスマを植えています。これは昨日の様子ですが
c0156021_23091360.jpg

同じシャリフアスマ、
今日の午後大輪のカップ咲きで咲きました
c0156021_23023530.jpg
北側でもよく日が当たるのでしっかり育ちました。葉の色も明るくきれいです。
透明感のあるピンクの薄い花びらがカップ咲きに咲くところが、シャリフアスマの良さです。
c0156021_23091310.jpg

西側の庭
c0156021_23091492.jpg
西側ではアランティッチマーシュ
c0156021_23023550.jpg
去年西側に植えたアランティッチマーシュ。今年は大輪に咲きました。明るいピンクに近い紫の深いカップ咲きが素敵です
c0156021_23091486.jpg

c0156021_23023636.jpg
去年植えた西側のエイブラハムダービー。オレンジピンクのような色合いはエイブラハムダービーにしては少し変わり色風の今年のエイブラハムダービーですが香りの濃さは変わりません。


[PR]
by 7thclouds | 2017-05-22 22:49 | バラを育てるのはたのしい!

c0156021_21391155.jpg
皆さん「バラを育てるのはとても大変とくにまずお金がかかる!」とお思いでしょうが例えばデヴィッドオースチン社のイングリッシュローズの場合最も育てやすい大苗(バラの台座に各種苗を移植してしっかりと育て上がった苗のことを言います 新苗に比べて三倍ほどのお値段ですが薔薇初心者には育てやすい苗です)で種類は毎年8種類ほどからの限定となりますが6本で16500円です。私は去年はこのパターンデヴィッドオースチン社のバラの大苗を購入しました。以前は相原バラ園などからしか購入できなかったデヴィッドオースチン社のイングリッシュローズも数年前からデヴィッドオースチン社の日本支社ができデヴィッドオースチン社直接の通販ができたので嬉しいと思っていました。旧自宅マンションテラスで楽しんでいた時に枯らしてしまった相原バラ園で購入した新苗や大苗のイングリッシュローズ。ですが、再び昨年購入した新築建売一戸建て我が家の小さな庭で再びイングリッシュローズやハイブリッドティやオールドローズを育て始めました。今年は以前相原バラ園から購入して大きく育てたのに梅雨の時期蒸れでダメにしてしまったり忙しさで水やりを怠りがちで枯らしてしまったバラを再び育てようというのがテーマ。パットオースティンもシャリフアスマもエイブラハムダービーもアランティッチマーシュもどれも良く育ってくれていたのにもかかわらず忙しさで水やりを怠りがちで枯らしたりしてしまった大好きなバラたち。一軒家のいいところは雨が降ってくれて忙しくてもきちんと水やりが自然にできるところ。難点は、てんとう虫にかじられること。ですが、生協でみつけた無農薬フェルム社の虫よらず(ニームマリーゴールドなど)を追肥に使用したりニームをコンパニオンプランツにして回避できました。蚊が湧かないように水たまりを作らないよう気をつけること(蚊除け草12鉢ほど購入しましたが効果はあったような気がします。冬の間にかれてしまいましたが)
http://davidaustinroses.com/japan/ZedBasketOffersCALC.asp?Action=Add&OfferCode=X16&SpecialOfferId=439&ProductId=6194&ProductPriceId=4591&Theme=&OfferCategoryId=0&OfferColourGroupId=0&ListAction=&OfferSearchText=
例えば相原バラ園でつる性オールドローズ大苗ならひと苗3780円くらいからあります。
https://www.i-rose.net/products/list.php?transactionid=e9b3ae39c2c8c647a8fefcd9db9434debe21b5fd&mode=&category_id=29&maker_id=0&name=&orderby=&disp_number=15&pageno=2&product_id=&classcategory_id1=&classcategory_id2=&product_class_id=&quantity=&rnd=gio
このほかには鉢や土を購入しなければなりませんがその予算はどのくらいかかるかというとー例えばデヴィッドオースチン社の大苗の場合根が長いのもあってできれば高さ45センチ50センチの40リットルの鉢が望ましいので鉢が2000円。土(培養土やバーク肥料の場合でも)が約1500円さらに鉢底砂や鉢底ネットや根腐れ防止の炭など購入すると合計2000円(ここら辺は10ー15鉢分くらいになりますが)。
すると苗は2750円鉢は2000円土や肥料などが約2000円で1鉢あたり合計6750円
(このほかガーデニング全くの初心者の場合水やりのホースやシャベル植木や植木鋏など購入すると6000円から10000円程度)
例えば5月の母の日の時期デヴィッドオースチン社や相原バラ園が販売する鉢植えバラは大苗ではなく中位に育った苗で6000円くらいからになります。この種の鉢苗を二年ほど育てた苗が大苗です。そこで苗から育てるバラ愛好家(初心者は)冬の大苗を裸苗(植木鉢が付いていない苗)から育てる事が多く今の時期が比較的お手頃なお値段でしかも大きく丈夫に育った大苗を購入するのに唯一の時期でどのバラ園もこの11月から2月遅くても4月初旬ごろまでだけに裸苗の販売を行うことが多いです。デヴィッドオースチン社は11月から3月末ごろ以外は先ほども述べた母の日などの鉢苗しか販売しません。相原バラ園はこの時期のほか4がつすぎにも大苗の三分の一の価格の新苗を販売しますが、小ぶりでまだ若い苗なので十分注意が必要になります(がとにかくできるだけ1苗ごとの価格を安くたくさんいろいろなバラを苗から育ててみたい場合は育ててみる価値はあります。が苗が若いので根が細い分水やりを少し怠っただけで枯れてしまうことも多いので水やりを怠らないことや梅雨の時期台風の時期の群れや青虫アブラムシを箸でこまめにとってあげる指でプチプチ駆除するなどの工夫が必要です)。

今年もバラの植え込みの時期皆さんも今年こそ思い切って始められてはいかがでしょうか?
5月のバラの真っ盛りには家の中に毎日咲いたばかりの我が家で育ったバラを花瓶に挿すのも素敵です。
バラを育てるのはたのしい!ですよ045.gif041.gif

登録前のミニバラは狙い目だが2月初旬が勝負で近所に花市場か登録前のミニバラいれている花屋さんがあるかで決まる
もちろん近所のお花屋さんによっては100円のバラの苗があなたを待っているかもしれません。がそれは近所のお花屋さんが登録前の苗を仕入れてくるかどうかにかかっています。さらに、わたしが旧自宅マンションの近所の新宿区早稲田馬場下町の花屋でみつけた100円数百円の登録前バラ苗は1月終わりから2月最初の頃だったのでどれも新苗のミニバラでしたので、今年はもう遅いかもしれません。またよく返り咲きしましたが、咲き終わった後の追肥も大事でした。

1鉢だけ残った我が家の100円ミニバラ
今も昨昨年の春前に地下鉄東西線早稲田駅そば早稲田新宿区馬場下町スーパー三徳早稲田店脇の花屋で購入した100円ミニバラの苗は元気です。1鉢だけ残ってくれました。昨年秋に植え替えしたのでこの冬の植えかえはせず様子を見ます。
もしも気軽にバラの苗を育てるならミニバラから始めて見てもいいですね001.gif




[PR]
by 7thclouds | 2016-02-14 22:16 | バラを育てるのはたのしい!

あったかい日曜日 だったけれど夕方になってしまった

お風呂場でたっぷり水に浸かって芽まで出てきた
c0156021_20550714.jpg

デヴィッドオースチン社で今年購入した5本のバラの苗のうち水に浸かってるだけじゃ物足りなさそうだったパットオースティンとシャリフアスマを植え込みました(写真は元気いっぱいのアランティッチマーシュとサマーソングアブラハムダービーです。来週植え付けの予定です)
一階リビングに山積みの段ボールのほとんどは2006年に軽井沢追分100坪程度の新築戸建へ旧自宅マンションを買い換えて移住しようかと計画していた頃冬寒いのと雪が深いので結局購入をやめる前についつい勢いで買い込んだ赤玉土大玉中玉小粒腐葉土ニーム入り腐葉土やピートモスそれから植木鉢やバラを誘引するオベリスク。だけど2006年ごろ倉庫にしまうための運搬の際自分で荷造りの時にどれがオベリスクかどれが腐葉土か書いておかなかったのでどれがどれかわからず全部開ける体力がない(段ボール開けるのも手が痛いし)
結局今年も一階の荷解きは断念。
デヴィッドオースチン社の大苗の苗の根の長さに合わせ高さ60センチのグラスファイバー製の鉢を購入
(色むら品で一個3000円以内 楽天)
c0156021_21390904.jpg

結局せっかく倉庫を開けて運び込んだものの
土は去年結構よかったアイリスオーヤマ社のバーク堆肥ペレット
c0156021_21390936.jpg

今年初めて使うアイリスオーヤマ社の培養土ゴールデン粒状培養土
c0156021_21390970.jpg

今年はさらにバラに欠かせないアイリスオーヤマ社完熟牛ふんペレットを足しました。
c0156021_21391045.jpg

そこにいつもの創和さんの鶏糞
c0156021_21391078.jpg

を元肥としても根ばりよくするために根にもつけ
さらにデヴィッドオースチン社のローズフードも少々元肥に加えた。
c0156021_21391029.jpg

c0156021_21391117.jpg

さて北東向で去年は相原バラ園の黄バラ ランブラー種のダフウッド(黄バラ 微香)が咲きましたが、夏に蒸れたので二階のテラスに今はいます。
c0156021_21391109.jpg

昨年秋から木立性ジュリアは西側の庭で育てていて元気に育っているので西側で育てることも考えてはいたのですが結果的にには重くなったので玄関先で育ててみることにしました。
高さ60センチの鉢はデヴィッドオースチン社の大苗の根の長さからはちょうど植えやすかったものの高さ60センチの鉢は思った通り土の量がかなり入るのでグラスファイバーでも結果的にかなりの重さになりました。
高さ60センチの鉢二個にゴールデン粒状培養土40リットルとバークペレット35リットル牛ふん完熟ペレット5リットルさらに鶏糞10リットル使用。
やはり重くて西側の庭に持って行けなかった。

パットオースティンとシャリフアスマ^_^
とりあえず北東でしっかり育ってね〜^_^

あったかい夕暮れでしたので年末に購入して植え替えてあげてなかったレモンティツリーをちゃんと植えてあげました。
c0156021_21391113.jpg

暗くなっちゃったけどね。

[PR]
by 7thclouds | 2016-02-14 19:45 | バラを育てるのはたのしい!