天皇陛下 新年祝賀の儀
戦後憲法を国民と民主主義と共に歩まれ国民による憲法の元天皇陛下自らの信念である日本と世界の平和と人権幸福に寄与する象徴天皇制の内実を常に実質化されていらした天皇陛下。
国民と憲法のもとにある天皇陛下として日本国民の苦楽と共にありその心を支える天皇陛下。
日本国民とともに健やかに新春をお迎えになられた天皇陛下とご一家。
平成29年1月1日日曜日議会各国大使との新年の挨拶の儀が元日皇居で執り行われた。

日本国民として自国の政府自民党安倍晋三政権自民党公明党政府議会、憲法、自国の天皇陛下を誇りに思えることをそのことを表明できる日本であることを幸福であり幸運であると年頭に改めて思う。
そして2017年も引き続き日本だけでなく世界各国が人権安全経済人道扶助のため各国政府憲法王室と国民が協力し合い等しく窮乏危難暴力に苛まれることのない世界となっていくことを新春に願う。
c0156021_14300738.jpg

c0156021_14300776.jpg

世界各国で起きているテロや反政府暴動の内戦内乱は究極的には理由は萬の対立煽りによる自滅地上げのために起こされている。
中東にテロが多いのは石油が豊富でどんな人も一生苦労がないくらい石油資源で国の財政が豊かだから妬まれているからだ。2005年中東を訪ねた時に驚いたのは国民全員の中高年が一生のんびり暮らせる年金社会保障が石油の財源で確保されていることだった。
テロで狙われた中東での内乱は一見政治的対立のように見えるが反政府テロの内実は緑の党であり反外国で反洋服反靴反西欧の民族テロでしかも反王室反国家反警察反所有権反刑務所反精神病院反医療という殺す主義だ。
特に非白人圏のテロや反政府民族テロの特徴は反洋服で特徴的なのはイスラム国の服装であり日本では民主党民進党自由党緑の党と近いオウム緑の党が反洋服反自動車反靴反電力反火力のジハディスト系の一方で統一教会世界自由民主連合は背広姿で各国人種を融合しながら反国家反王室反法律(緑の党)の反政府各国人発自滅内乱暴力テロを誘導する。地上げのための内乱暴動のパターンは違えどいずれも特徴は高齢者身体弱者の移動の自由の取り上げ社会からの締め出しだ。なぜなら暴動内乱自滅に使える暴力には身体的能力が不可欠だからだ。そこで、統一教会世界自由民主連合勝共連合の反西欧じゃないけれど暴力至上の植松聖のようなものもいれば「背広靴車禁止あらゆる電気廃止電力インターネット廃止警察税金法律軍隊廃止公務員行政国会天皇制憲法廃止地方議会公立学校大学廃止」赤軍アレフひかりの輪政党で言えば背広派オウムとも言える民主党民進党自由党緑の党市民連合の「天皇制憲法自衛隊米軍警察税金公務員公立行政反対」のような民族テロも次々現れる。

ウクライナではメイデンが反ロシア民族衣装、欧州ではナチスの白人至上テロの反イスラム反アジア、イスラム国の反西欧至上。両面からの地上げのための内乱扇動のアプローチの結果が例えば人種融合のイスタンブールのクラブ(ディスコ)での乱射事件につながる。

テロや反政府暴動の危険に警戒しつつも今年も伸びやかに人道命を慈しむ心を慈しむ平成29年に。
c0156021_14395156.jpg

c0156021_16160194.jpg

c0156021_14395268.jpg

c0156021_16160100.jpg



[PR]
by 7thclouds | 2017-01-01 13:43 | 新年