蒸した空気にパレオ

そういえば、蒸した空気の動かない夜には、パレオを巻いて寝ている。亜熱帯化が進んでいるといわれる東京で、クーラーを苦手として、使わないでいるうちにとうとうはずしてすっきり暮らしている私にとって唯一辛いのは湿気た空気が止まったままの夜の過ごし方。さっき書いたように、扇風機というてもあるが、湿気た空気を動かすよりも、じっとして少しずつひんやりした空気をからだに感じる方がいいときもある。そんなときは、島に素潜りしにいくたびに少しずつ買い集めたパレオだ…タヒチ、ランギロア、ポナペ、セイシェル、グアム、サイパン、マウイ、オアフなどどこも湿気とシャワーそして強い陽射し、蒸した空気が動かないかんじなど、日本という島国にぴったりだ…。以前は泳ぎに行くときだけ使ってまいていたが、今年あたりは寝間着がわりにまいている‥。
実際、島国では、夜の間におもてに干しておくと、多少シャワー(スコール)にあっても朝はやくのきれいな強い日差しとカラッとした空気でピシッと乾いてくれる。 アイロンいらずなのだ…♪が、東京では少なくともそこまでは望めない…ので、アイロンしなくてもあまり気にならない日本で買った小さめで乾きやすい水着用パレオも寝間着がわりには活躍中だ。
[PR]
by 7thclouds | 2009-07-21 23:06 | 自然 海