フューリー 新宿ピカデリー 2014/12/1

c0156021_253891.jpg
c0156021_253951.jpg
c0156021_254014.jpg
c0156021_254084.jpg
c0156021_254142.jpg
c0156021_25425.jpg
c0156021_254391.jpg
c0156021_254319.jpg
c0156021_228582.jpg
作品名フューリー
監督名david ayer
評価(星5つ)
映画
フューリー FuryはSONYコロンビアピクチャーズ 角川書店 の配給
製作は監督デビットエイヤーの他の作品も製作するQED

第二次世界大戦
死闘DDAYより以降の実話
映画宣伝ではまるで戦車映画のようだが、そういう映画ではない

戦争とは始めてしまえばどれも凄惨で壮絶だ そのことを淡々と伝え
却って戦争回避の重要さをあぶり出してみせる

ブラッドピット や
この映画の役者さん達をみていると
あるいはこういう映画をみると
俳優というのは すごい職業だなと思わされる
ブラピに軍人?
と思っていたが、観てみると
説得力がある
自分がブラピの部下の兵員であってもに"バイブル(兵員役のあだ名)"のように戦車から飛び出て武器を集めるだろうとすら思ったくらいだ

バスターズ(イングロリアスバスターズ)好きな方には
http://m.imdb.com/title/tt0361748/?ref_=m_nmfmd_act_15
とDJANGOの時も書いたけれど
これも映画Inglorious basturds好きな方特に絶対におすすめ。

監督はこれが5本目のデビットエイヤー

フューリーの監督キャストのこれまでの作品などについてはIMDBをご覧ください。
http://m.imdb.com/title/tt2713180/

[PR]
by 7thclouds | 2014-12-02 01:43