ジュビリーセレブレーション、ジュリア、ムステンウッド 東京都東大和市桜が丘自宅の我が庭もバラの季節

c0156021_351810.jpg

c0156021_62314.jpg

c0156021_62462.jpg


c0156021_351988.jpg

c0156021_3511021.jpg

c0156021_3511022.jpg

c0156021_3511173.jpg

c0156021_5581622.jpg

エマハミルトンも虫食いにあいながら咲き出した
イングリッシュローズにしてはこぶりでかわいらしくさく
まだオレンジ色は強く出てないので、隣に植えたジュビリーセレブレーションと色合いはあまり変わらない
がジュビリーセレブレーションは香りがエキセントリックというかフルーツ香とも違うまるでスパイス系香水のような香りが花びらと色合いの柔らかさとミスマッチな感じで面白い
c0156021_5581752.jpg

エマハミルトン先週一気にいくつも咲き出したが、花びらも小ぶりで、切り花にして挿すまでもなく、はらはらと花びらがこぼれるので、花瓶に挿して写真に残せていない。
が思っていたよりたくさん花がつく。
ムステンウッドはイングリッシュローズらしい花びらが密でカップ咲き香りもしっとりとしていて、我が家のように狭い細い庭、むっとするほどバラの香りがするのがいいなと思う私には向いている
花数は少ないが大きくたっぷり咲き紫と赤の混じったいい色合いだ。
最近は青みの強い紫が濃すぎる感じも人気かもしれないが、数年前咲かせて、(植え替えで枯らせてしまったが)元来丈夫なティッチマーシュのような赤身もあり軽さもある紫系が好きだ。
今から、今年の冬から来年にかけては、エマハミルトンに似たサマーソング
あんなにいい加減に育てていたのに「私が南の日差しだけあれば十分なのよ」と健気に大輪で咲いてくれたティッチマーシュを植えようと思う。
[PR]
by 7thclouds | 2015-06-06 11:15