2011年3月から続く世界中の反政府暴力テロに対する反対ー辺野古米軍基地建設なければどうなるかー国連人権委員会翁長知事演説に関し今日ツィッターで述べたこと

c0156021_13230056.jpg
現実的に 考えてみよう。今実際にマレーシアシンガポールインドネシアまで 民族至上風ギャング下剋上暴力テロ至上原理 各地各国民族至上アナーキズム自滅地上げを推進中 米国欧州ナチスの資金と武器が無限に続く ISIS アルカイダ ムスリム同胞団 のテロは浸透し米国本国国内南米テロにも イスラム至上原理と称する 暴力テロ至上原理 ムスリム同胞団 アルカイダヌースラが浸透する昨今であることを鑑みるに 辺野古 #米軍基地 なくせば 100%アジア民族極右風ギャング原理 #オウム #ナチス #民主党 #大阪維新の党 #維新の党 #統一教会 #勝手連 #反人権 の 民族至上原理 軍隊 民主党主張の 自衛隊解体後作る在日反中国反米反欧米反大国アジア民族至上原理ギャング徴兵制 自衛軍 と ISIS で反国家「アジア民族反大国運動」ゲリラ基地建設し 沖縄 人 日本人 虐殺 したうえ、形式的表面的には沖縄人含む日本軍の対中国ロシア米国豪州アジアへの侵略拠点ーに沖縄はされ アジア民族至上風在日ギャングも含め日本沖縄全滅自滅自滅地上げ(ハイドレート付き)ーというのが民主党維新の党大阪維新の党生活の党未来の党小沢一郎山本太郎嘉田由紀子緑の党などの辺野古「米国基地建設反対」狙い通りの結果なのではないかと深く懸念する。
ちなみにもし米国がナチス化し続けたら基地があるのは怖いだろうーという人に対してはこう答える。米国がたとえばナチスに政権議会を完全に支配された場合で日本を敵国とみなした場合はどうなるかーといえば、まず米国人の命を守るために即数日から数週間で全部の米軍基地を完全撤退第7艦隊含め海上の米軍艦隊も即時撤退させると同時に米軍基地にある現在の日本を守っている核兵器の傘は逆になり核兵器の落下地点が日本の都市になる。
ちなみに、では現在のオバマ政権下ではどのような時に敵国とみなされるか?オバマ大統領は明確に以下のように述べているー「もしも日本が核兵器を製造した場合即座に敵国条項を適用するつもりでいる」。
日本の核武装のための再処理MOX原発への建て替えとしての卒原発 脱原発 を推進しているのは 嘉田由紀子 未来の党 生活の党 緑の党 民主党であることも述べておこう。また政策理念として日本の核武装は自立国家の権利であるという意見は 大阪維新の党 維新の党 自民党 緑の党系議員からもでている。
さらに言うならば、もしも米軍基地が沖縄と日本全国から撤退してもナチスが完全に米国を支配した場合、米国が日本を完全破壊するのを止めようがないことに変わりはない。それは、日本が核武装すればするほどであるのは、上記に挙げたオバマ大統領の発言でもお分かりの通りと思う。日本が核武装すればますます対日開戦しやすくなるのが米国NATOナチスであり原爆による攻撃含めその前に米軍兵士家族欧米社員米軍基地職員含めを完全に帰国させ米軍基地完全撤退するであろう。
しかも万が一米国ナチスが中国ロシアを狙うなら日本を壊滅させ沖縄と日本本土北海道を米国欧州ナチスのものにしてからの方が中国ロシア侵略は楽だ。沖縄だけでなく北海道含む日本本土も地球地上げバイキングギャングに必須の軍事拠点的位置にあるのだ。
もしも日本が米軍基地を沖縄を含めた日本全国から撤退させて日本が米国に壊滅させられない道を探るならロシア中国豪州と緊密な軍事保障関係に立つしかない。
が民主党生活の党未来の党緑の党小沢一郎は、わざわざ尖閣諸島国有化で対中国対台湾開戦の危険を生み反日不景気の原因となっただけでなく、さらに中国サンゴ漁船に自衛隊を出動させ一秒でも早く対中国開戦を現実にしようという開戦法案を国会に提出した対中国開戦実現強硬派であり、ロシアとの関係では、2島返還をロシア訪問でチラつかせつつ日本国内では4島一括返還しかないと国会で発言し「二枚舌外交」でロシア議会に4島返還しない反日決議を議会全員一致で決議させ現在の日露の北方問題硬直化の理由作ったのも民主党生活の党小沢一郎未来の党緑の党だ。要するに民主党生活の党未来の党緑の党小沢一郎山本太郎嘉田由紀子飯田哲也広瀬隆などの反辺野古の先には民族至上風アジアギャング下剋上暴力テロ至上原理の「反米反欧米反大国反共反中国反ロシア反外国ならなんでもいい」アナーキズム自滅地上げの手先思う壺自滅しかない。
故に米軍基地を人権のための米軍基地であるように日本政府 米国政府 自民党公明党日本共産党社民党できちんと辺野古基地建設運用の安全性周辺風紀安全性を確保していくべきと思う。
というのが今日ツィッターに凝縮して書いたことの結論だ。
その根拠の一つに日本の安全保障と沖縄の軍事戦略的位置があるのは以前既に述べた。がさらに世界に暗く影を落とす2011年3月からの独立国家への「独立民主化運動」と称する民族原理武力内戦煽動と反政府勢力反政府軍或いは反米反共反大国政府の樹立による自滅崩壊の為の民族極右反政府運動の洗脳煽動内戦煽動の問題が深刻化していることも辺野古米軍基地建設賛成の理由だ。2011年3月からの動きは70-80年代の勝共連合統一教会の「反政府運動」と称する民族極右ギャング下剋上暴力テロ至上原理に米国が武器弾薬資金を送り続け南米共産系旧植民地を武力内戦で再植民地化しようとした動き(ニカラグア)に似ている。或いはベトナム共産系旧植民地独立政府への南ベトナム「反政府軍運動」へ武器弾薬資金を送り反政府ぐんを作り支援するだけでなく直接米軍を送り込み旧植民地ベトナムを分断しベトナム全土を再植民地化しようとした動きにも似ている。がより深刻であるとも言える。というのもかつての内乱内戦反政府運動は反共であったのに対し現在起きている米国統一教会勝共連合勝手連により世界中で進められている「反政府」自滅崩壊は地上げが狙いで理由はその場その場で変わる。ウクライナのように当初は反ロシアで親欧州EU加盟のためという「反政府」デモから内乱内戦そこにいつも間にかどこからか傭兵が現れ反政府市民も政府側市民も守る警官を射殺し治安崩壊させたのちは反ロシア親欧州EUどちらもリンチにあいしかもドネツク言語を話すと射殺される極右ウクライナ至上暴力テロ至上原理ネオナチナチスの暴力とウクライナ軍警察市民が弾圧されつつウクライナ至上原理に反発する市民が現れると今度はドネツクのせいにしたりロシア派のせいにしたり泥沼の様相の中とうとうロシアとEUとウクライナ政府はウクライナ至上暴力テロ至上原理に対しては反対で一致しウクライナもNATOもロシア軍も軍を撤退に合意したばかりだ。要するに2010からの統一教会勝手連勝共連合の内戦反政府煽動は 資本主義か共産主義化は関係なく資源ストーカー内戦でとっくに民主化独立した旧植民地国内を資源で分断し(南スーダン)統一教会勝共連合の都合でいろいろにさらに分断し反政府風民族極右ギャングにその場その場で殺戮略奪の「正当化理由」与え両方に武器弾薬資金を送り自滅させ資源を得るというやり方だ。おそらくアフリカで勝共連合統一教会が行ってきたことを中東と東欧で行っていると思われる。リビアにおいて世界中欧米各国に石油を安定的に供給しリビアの平和と経済人権を守ってきた独立国リビアの誇りカダフィに関するデマと民族極右ギャングによる反欧米反共反大国原理暴力テロ至上原理洗脳でリビア王室を盛り上げつつ「移民差別反対」という煽動でカダフィがリビア国内テロを警戒したい星起訴し収監していた獄中のほとんどの移民ギャングを「「解放」せよー」という洗脳煽動で暴動は始まった。実際獄中にいたのは実態現実にほとんどがアルカイダやムスリム同胞団現在のボスコハラムやISISヌースラ等暴力テロ至上原理移民ギャングの構成員であったのにも拘らずリビアの石油独占を狙う白人ギャング至上原理統一教会勝共連合「NGO」が中心になった反大国反政府運動風反か内戦煽動で民族極右ギャングにテロリストを恰も「「政治犯」であったのに反外国反大国反欧米でリビアをリビア民族の唯一の資源石油を外国に売るなという運動のせいで恰もギャングとされてしまった」という「証拠」と称する一見本当の人権正義運動風実際はデタラメ嘘の再構成ニセ映像偽文書「証拠」偽造文書を大量にリビア人市民にメールで送りつける原理洗脳で市民暴動起こしカダフィを殺戮させあとは「人間は平等王室反対」反政府反欧米反共反ロシア反大国反外国反国家「運動」でリビアじゅうの暴力至上ギャング原理を恒常化した。結果リビア本国人ほとんどを国外避難させ避難民化した一方リビアに残ったアルカイダヌースラムスリム同胞団等移民ギャングは何度の「民主化」選挙で政府が変わってもテロ繰り返しリビア地上の中東イスラム人最後の一人になるまで殺しあわせる為米国欧州統一教会勝共連合「NGO」は未だ武器弾薬資金をリビア「反政府組織」と称する統一教会勝共連合イスラム民族極右移民ギャングへ送り続け中東じゅうを殺戮し続けるISISへの武器資金流入口にもなっている。ちなみにリビア「反政府反欧米反共反ロシア反大国反外国民族独立」組織という名の民族極右原理ギャングが殺しあう原因であったはずのリビア唯一の資源石油はカダフィ死後すぐから欧州のファシスト党白人至上ギャング下剋上原理が実質支配する欧州石油会社が独占「管理」している。
ちなみに2013年以降世界中の一等地は欧州統一教会勝共連合「NGO」のもとの白人ギャング至上原理の幹部がほぼ独占している。
勝共連合統一教会で有名なのは勝手連との関係が密接なジョージソロスである。ジョージソロスはユダヤ人でありつつ「自分はアメリカ人である」ことを重要であると言ってはばからないジューイッシュナチスとしても有名だ。
勝手連は台湾系在日反中国反共反大国反外国反国家暴動煽動内戦煽動のムスリム同胞団に似た組織で反人権と大麻拳銃合法化を隠れた武器としているアジア民族至上風暴力テロ至上原理のアジア自滅地上げ勝共連合の手先にすぎない。勝共連合統一教会の勝手連が反統一教会という嘘に全く引っかからないできたがやはり勝共連合実態統一教会民族極右ギャングに至上原理民主党は統一教会に献金受ける勝共連合そのもの大阪維新の党や維新の党と一つの政党になる途上である。不思議はない。唯一不思議なのは元々同じ穴のムジナ(ムジナにそれじゃかわいそうか)民主党維新の党生活の党小沢一郎山本太郎嘉田由紀子緑の党が集合結合し民族極右風ギャング下剋上原理アジア自滅地上げ勝共連合統一教会の素地あらわにするその矛盾をまるでカバーアップするかのようにしか思えない反安保法制国民連合を提案するのか?だけだ。

さて話を戻そう。
2011年3月のエジプト内乱内戦は「エジプトの春」とメディアではもてはやされたが実態はエジプト自滅地上げのために米国の勝共連合統一教会 ムスリム同胞団が送り込んだ米国人韓国人ナイジェリア人ドイツ人など多国籍統一教会(勝手連)s共連合民族極右内戦煽動員50-100名の「民主化NGO」による米国ドイツ中心の外国による武器資金提供を伴う具体的内戦煽動による結果だった。そもそもムバラク政権は経済人権平和で中東の優等生イスラエルパレスチナ問題の平和的仲介役でもあった。また安定的な石油供給を行うOPECの中心として石油供給量のみならず価格の安定で世界経済の安定をシリアリビアサウジUAEイランヨルダンナイジェリアイエメンなどとともに進めてきた。ムバラク政権下では女性の人権も向上してきた。ムバラク政権では女性閣僚多数輩出し女性経営者学者も多く一夫多妻制の実質的廃止を進め少数民族ベドウィンの権利を保護するだけでなくベドウィンのエコツーリズムをエジプト観光に取り入れベドウィンの経済的自立発展によりベドウィンの権利を法政策的にも発展させまたエジプト人スンニ派優遇を避けシテシーアキリスト教系コプト族の宗教の自由を守るためスンニ派「イスラムの優越の禁止」を憲法に定め憲法を守ってきたムバラク政権。そのムバラク政権を「われわれイスラム人の石油を世界に売っているイスラム民族への冒涜 米国への売国奴 イスラムであるエジプトを欧米に売りわたさせるな!」とムバラク大統領に無関係なムバラク一族の親族親戚の一部と民間企業の経済行為にかこつけ「ムバラク大統領退陣要求」を行ったムスリム同胞団は「イスラム民族(ギャング暴力テロ原理)の優越」を掲げ、「ムバラク大統領退陣要求」暴動の中 獄中のアルカイダを「解放」しカイロ市内警官156名を撲殺その他ムバラク支持者のみならずムバラクに反対の野党労働組合の幹部や中心層を撲殺やアルカイダにより射殺。その後「女性の権利拡張」「会計士税理士助産婦薬剤師などの専門職はイスラム民族系エジプト人スンニ(エジプト統一協会員)に限る(みかじめ料を各富裕層商店主の売り上げから統一教会=ムスリム同胞団アルカイダに吸い上げる。乳幼児の臓器売買や子を欲しがる夫婦への乳児売買に統一教会=ムスリム同胞団アルカイダの助産婦に限る 高齢者若年者問わず統一教会=ムスリム同胞団アルカイダに寄付しない富裕層の個人薬剤師にも統一教会=ムスリム同胞団アルカイダの薬剤師がこれまで通り独占するのが目的)」と訴え富裕層中間所得層エジプト人スンニ派高学歴高度な専門職(会計士税理士助産婦薬剤師)に熱狂させつつ貧困層のエジプト人主流派スンニ派だけでなくエジプト国内の多くのスンニ派移民の貧困層には無料テントでの(統一協会)薬剤師医師による相談で無料投薬無料治療と食糧の無料配布を行う統一協会 勝共連合ナチスお得意の無料投薬無料食糧責め「選挙」行い大勝。しかし選挙に勝利したとはいえ、「女性の権利拡張にはムスリム同胞団が今後も政党として活躍できるよう」ムバラクが守ってきた「イスラムの優越をスンニイスラム民族の優越説く政党の禁止」を削除する憲法改正も同時に行いました。結果キリスト教系コプト族シーアシテ派スンニ派以外の民族特に優秀な専門職会計士税理士助産婦薬剤師などの職についているイスラエル人ジューイッシュなどへの嫌がらせ暴力が恒常的に起こりました。そもそもイスラム民族の優越の実践を旨とするムスリム同胞団が合法的な「政党」になりジューイッシュや多民族他宗教への暴力略奪は普遍的合法的となったためです。さらに、ムスリム同胞団が勝利したのちムスリム同胞団が行った政治はギャング暴力テロ至上原理のアルカイダISISと同じ暴力テロ至上原理であるムスリム同胞団本来の主張つまりムスリム同胞団の政党化と憲法破壊の結果は「女性の物化」の実践という悪夢のはじめでした。女性の権利拡張の公約とは全く正反対になりました。ムスリム同胞団の次の選挙の公約は暴力実態そのものの女性蔑視であり「女性は家の中で手錠でつないでおき子を生む道具としてしか扱わない 夫か父親と以外は外出禁止」と言ったものでしたし町中には「男性教育」「じょせいきょういく」「男女カップル創出」「夫婦講座」が作られ未婚の男女が「男らしく女らしく」なる「早く結婚し子供を多くつくる」「講座」や合同結婚式への申し込みの強制や既婚夫婦には「女は男に口答えしてはいけない。女は政治的な意見を言ってはいけない。女はそもそも意見を述べてはいけない。女は男とともにでなければ家から一歩も出てはいけない。女は男に気に入られるため男とたくさんの子を生むためあらゆる努力をしなければ行けない。男は女が口答えしたら罰を与えなければならない。特に他の者公衆の面前で女が意見したり口答えしたら殴る手錠で家に「しまう」などの方法を「講義」」する「NGO」民間の(日本の統一協会 勝手連)ムスリム同胞団小屋がモルシ時代には多く設けられあらゆる人はその男性講義夫婦講座に行く義務を無言の暴力テロ至上原理による威迫により課せられた。「エジプトにもっと自由を ムバラク大統領退陣要求 ムバラクの腐敗を暴く」との触れ込みでできたドイツ副首相のご指名ジューイッシュへの暴力略奪が「実践実績」モルシ大統領には当然すぐに不満が高まった。「もっと自由を」は要するに民族至上風暴力テロ至上原理ギャングの合法化の意味の「自由」エジプト人スンニ派にとってもスンニ派以外にとっても異常な人権弾圧の時代がモルシ政権であった。当然モルシ政権反対デモが各地で起こったが、モルシ政権反対のデモはムスリム同胞団系ギャングに襲われ潰された。特にモルシ政権反対のデモ隊の女性はほとんどがデモ最中に引きずり倒され殴られレイプされた。モルシ政権反対のデモ隊の男性やデモ隊を殴ろうとしない警官までがリンチで殺されたりキリスト教系コプト族デモ参加者は電気ショックを与える電気鞭で拷問を受けた。
民主的選挙でいつも圧倒的勝利のムバラク大統領であるにも関わらず「ムバラク大統領退陣要求」のみを掲げそのような内容のないムスリム同胞団の政党化を掲げムスリム同胞団アルカイダISISが中東自滅暴力テロを行った理由はおそらくエジプトムバラク政権が統一教会=反米系統一教会勝共連合白人バイキングギャング原理中東自滅暴力テロ原理ムスリム同胞団アルカイダISISがエジプト政権やエジプト経済に食い込めなかったための嫌がらせかとも思われる。が「民主化」「エジプトの春」と称するエジプトでの内乱は幸いにもエジプトの司法長官マンスールと軍司令長官シシと警察トップがエジプト国民市民の人権の尊重のためギャングアルカイダムスリム同胞団逮捕で無事エジプトの平和と人権と人権保障の為の法治を取り戻し終えた。
が「春 革命」と呼ばれる勝共連合の各国民族至上ギャング下剋上原理を使った各国の「首相退陣要求」から始まる暴動内乱自滅崩壊資源地上げはエジプトでは幸いにも止まったものの、その後も続いている。リビアでの「カダフィ退陣要求」「カダフィ独裁からの自由」と称しリビア本国人ほとんどを避難民にし残りのリビア本国人を生き地獄のリンチにあわせ続ける一方リビアの唯一最大の産業石油の権利を欧州ファシスト党支配の石油会社に全て奪いリビアにいるものが最後の一人になるまで殺しあわせるから始まったリビア内乱自滅崩壊や終わる事なき殺戮。同じパターンはシリアでも起きている。民主的選挙で選ばれ常にあらゆる民族宗教から人気を誇るアサド大統領をどうしても退陣させるデモ隊暴動からシリア本国人の6割以上が難民となった。そもそもシリア内戦はなぜ起きたかというとーシリアのスンニ派(統一協会系)移民ギャングの子供が(おそらく最初から煽動目的で)アサド大統領とアサド政権の悪口をそこいらじゅうに書きまくり警官が咎めても咎めるほど子供が書く扇動的な落書きが暴動を呼ぶことになり、警官が子供を逮捕し警察署に身柄を拘留したところ統一協会日本の勝手連系民族至上反欧米暴力テロ至上原理スンニ派)移民ギャングの子供の親が泣き叫び子供を返せとデモと暴動を煽動したため暴力が「発展」した。どれも資源に豊富な国家地域で起きている。
どれもハイドレートのある日本で起きている 統一教会勝手連の日本人洗脳による安倍政権への言いがかり安倍退陣要求とよく似ている。

さて、以上がなぜ私が「辺野古 なければ今よりひどい」と思う根拠の一つだ。

さらに以下に昨日平成27年9月22日に沖縄県翁長知事が述べた内容について私が本日ツィッターに書いた意見をそのまま載せておく。翁長知事の民主主義的な意思表示はまさに反暴力を旨とする日本共産党と社民党にふさわしいあり方ではある。が一方で人権侵害と構成するのはかなり無理があるように私は感じたし国連人権委員会での反応もニュースやyoutubeで見る限り浸透はなかったように思う。通訳なしで挑んだ姿には感動した反辺野古派多かっただろうと思う。が英語で言うだけでは伝わらない。ロジックが言えていなかったからだ。翁長知事の平和を願う気持ち基地のないお近話願う気持ちは賛成はしないが沖縄の人々の苦しみとしてわかるー。が沖縄の軍事戦略的地理的条件は変わらない。米国南米北米豪州まで狙う無慈悲冷酷な侵略原理究極白人バイキングギャング至上反ジューイッシュ反アジア反イスラム反地球反人権反生命反国家反警察反法律反貨幣反経済の暴力テロ至上原理ギャング下剋上普遍化原理バイキングギャング(ドイツスイスカナダ米国アイスランドスイス北欧世界中のナチス)の地球地上げ「戦略」にとって沖縄の地理的位置はむごいほど重要だということは永久に変わらない。日米露中台湾韓国北朝鮮アジアひいてはインドパキスタン南北米豪州ニュージーランドへの侵略拠点にちょうどの位置と農業酪農の兵糧確保各大陸との距離は変えようがない。
日本政府が反暴力政府である限り沖縄は日本で居続け日本政府自衛隊と米国基地運営とが反暴力で反テロであり続けることを祈り新規続けそのような運営そのような辺野古基地建設運営を日本政府自民党公明党日本共産党社民党(民主党生活の党未来の党緑の党小沢一郎山本太郎嘉田由紀子飯田哲也広瀬隆岩上などは沖縄の民族至上風ギャング下剋上至上原理の自滅地上げ狙いなので日本からの独立など沖縄破壊への動きもあるので論外だが)と安心安全な沖縄を守っていくしかないものと思われる。

以下は翁長知事の国連人権委員会発言と辺野古基地建設運営に関して本日書いたのツィート。
「いつか基地のない世界へ」までは究極の願いととして理解できるが #基地は人権を守るため にあり #米軍基地 #人権侵害 なら隣県生まれの人が警察官でも人権侵害ということにになりかねない。昨今の変なペンタゴン懸念されるが安保否定結局国内外バイキングギャングテロ思う壺だ
世界バイキング地上げに #沖縄 の位置は #ISIS 中韓北朝鮮反大国反日ゲリラ #ナチス にとり日米中ロへ攻めあげる重要拠点 #辺野古 #米軍基地 なくすという事は寧ろ沖縄が反日ナチス日本攻撃側につく権利留保か
沖縄日本でナチスの露中台韓アジア攻撃へ基地提供する意図論理的に帰結
#辺野古
#国連 #人権委員会 映像 みて翁長知事演説国連人権委員に全く響いていなかったと感じたなぜなら本来 #米軍基地 #警察 #人権保障 のため
#翁長知事「#沖縄基地 米軍基地の偏在の #苦悩」#日本 政府へいうべき事柄だ
(翁長知事記者会見を添付)https://t.co/eeoOR24RJM
さら
#沖縄 位置 中台韓北マレーシアインドネシア反大国アジア自滅地球地上げゲリラ #ISIS #ナチス にとり日米中露へ攻めあげる重要拠点 #辺野古 #米軍基地 なくすという事は #沖縄全滅 沖縄拠点に対日米露中台韓アジア開戦 対露中開戦へ基地提供の意図論理的帰結
#安全保障 #日本
現実的に #辺野古 #米軍基地 なくせば 100%アジア民族極右風ギャング原理 #オウム #ナチス #民主党 #大阪維新の党 #統一教会 #勝手連 #反人権 #自衛軍 ゲリラ基地建設し #沖縄 人 #日本 人 をレイプ虐殺しアジア自滅ゲリラ と #ISIS の日米中露ア侵略拠点化


[PR]
by 7thclouds | 2015-09-23 14:04 | 辺野古基地