バラを育てるのはたのしい!平成28年2月14日日曜日デヴィッドオースチン社シャリフアスマとパットオースティン大苗の植え込み(1)

あったかい日曜日 だったけれど夕方になってしまった

お風呂場でたっぷり水に浸かって芽まで出てきた
c0156021_20550714.jpg

デヴィッドオースチン社で今年購入した5本のバラの苗のうち水に浸かってるだけじゃ物足りなさそうだったパットオースティンとシャリフアスマを植え込みました(写真は元気いっぱいのアランティッチマーシュとサマーソングアブラハムダービーです。来週植え付けの予定です)
一階リビングに山積みの段ボールのほとんどは2006年に軽井沢追分100坪程度の新築戸建へ旧自宅マンションを買い換えて移住しようかと計画していた頃冬寒いのと雪が深いので結局購入をやめる前についつい勢いで買い込んだ赤玉土大玉中玉小粒腐葉土ニーム入り腐葉土やピートモスそれから植木鉢やバラを誘引するオベリスク。だけど2006年ごろ倉庫にしまうための運搬の際自分で荷造りの時にどれがオベリスクかどれが腐葉土か書いておかなかったのでどれがどれかわからず全部開ける体力がない(段ボール開けるのも手が痛いし)
結局今年も一階の荷解きは断念。
デヴィッドオースチン社の大苗の苗の根の長さに合わせ高さ60センチのグラスファイバー製の鉢を購入
(色むら品で一個3000円以内 楽天)
c0156021_21390904.jpg

結局せっかく倉庫を開けて運び込んだものの
土は去年結構よかったアイリスオーヤマ社のバーク堆肥ペレット
c0156021_21390936.jpg

今年初めて使うアイリスオーヤマ社の培養土ゴールデン粒状培養土
c0156021_21390970.jpg

今年はさらにバラに欠かせないアイリスオーヤマ社完熟牛ふんペレットを足しました。
c0156021_21391045.jpg

そこにいつもの創和さんの鶏糞
c0156021_21391078.jpg

を元肥としても根ばりよくするために根にもつけ
さらにデヴィッドオースチン社のローズフードも少々元肥に加えた。
c0156021_21391029.jpg

c0156021_21391117.jpg

さて北東向で去年は相原バラ園の黄バラ ランブラー種のダフウッド(黄バラ 微香)が咲きましたが、夏に蒸れたので二階のテラスに今はいます。
c0156021_21391109.jpg

昨年秋から木立性ジュリアは西側の庭で育てていて元気に育っているので西側で育てることも考えてはいたのですが結果的にには重くなったので玄関先で育ててみることにしました。
高さ60センチの鉢はデヴィッドオースチン社の大苗の根の長さからはちょうど植えやすかったものの高さ60センチの鉢は思った通り土の量がかなり入るのでグラスファイバーでも結果的にかなりの重さになりました。
高さ60センチの鉢二個にゴールデン粒状培養土40リットルとバークペレット35リットル牛ふん完熟ペレット5リットルさらに鶏糞10リットル使用。
やはり重くて西側の庭に持って行けなかった。

パットオースティンとシャリフアスマ^_^
とりあえず北東でしっかり育ってね〜^_^

あったかい夕暮れでしたので年末に購入して植え替えてあげてなかったレモンティツリーをちゃんと植えてあげました。
c0156021_21391113.jpg

暗くなっちゃったけどね。

[PR]
by 7thclouds | 2016-02-14 19:45 | バラを育てるのはたのしい!