カミナリと雨の中自転車で帰宅。平成28年3月28日月曜日晩から雨

c0156021_22481955.jpg

今日で某省の国際調査専門職翻訳英文チェックなどの非常勤終了。3月31日が辞令期間最終日だけれど、明日から腎臓結石の破砕手術で港区T病院へ入院なので有給をとり今日が最終日だった。天気予報通り晩から雨なのが西武拝島線の窓を急に叩く雨音でわかった。
夜9時過ぎカミナリと雨の中自転車で帰宅。
数分駅前の自転車置き場で迷うほどすごいカミナリ。
数年前新宿区早稲田町の旧自宅マンションから今の東大和市の新築戸建に買い換えるに気がかりだったのが大嫌いで現実的に危険も伴う落雷をどう避けるか?だったことを思い出した。「一軒家なら避雷針をたてる?」調べてみると避雷針は重く価格もそれなりで屋根への負担もかなりあるようだとわかった。「それは結構大変だ。」とひとりしみじみ考え抜いた結果
「避雷針あるマンションに囲まれた戸建なら大丈夫」と結論づけた。数年の家探しの最中しばらくは忘れていた。
ところが一昨年の秋頃ふと偶然母の住むところから30分のところになんとなく気に入った感じの建て売り新築戸建があるのを不動産屋のサイトで見つけさっそく見学しほとんどすぐに気にって決めたのがこの我が家だ。一軒家に買い替えた理由のほとんどは何と言っても私がちょっとリュウマチで辛くても犬のびすけが庭で散歩できるようにしたかった。それに思いっきり階段を駆けあがらせてあげたかった。見学してみると「程よく」細ーい庭は思ったよりはそれなりに一応「奥行き」がある「マンションのテラスの植木もしっかりおけそう!それにカミナリの時も安心」ここに買い先を決めた後比較的すぐに旧自宅マンションを思った通りの値段(約4000万円)で売却できた。売却した金額内で購入できた。
そして去年の2月に我が愛犬びすけと引っ越し住み始めた。
c0156021_22481989.jpg


もちろん、周りは避雷針のあるマンションだらけ。
今から考えるとずーっと「落雷を心配しないで済む一軒家暮らし」はどうしたらよいか考え抜いていたからきっと思った通りの建て売り新築戸建に買い換えることができたのだとふと思う。
購入して早1年と少しになる。
今日みたいなカミナリの日に雨の中自転車で帰宅し思うのは、普段から「こうしたい」ということを「どうしたらいい」と詰めて考えておくとそういういい意味のこだわりはいざという時なんとなく役に立つ決め手になる、そんな気がする。
c0156021_23214117.jpg

夕方7時ごろ出勤帰り新宿紀伊国屋書店前雨降ってなかった
c0156021_22482079.jpg

商店街は桜の準備。
今年は結石破砕手術入院中に桜が満開になりそう。
[PR]
by 7thclouds | 2016-03-28 22:46 | びすけとの日誌