71回目の終戦記念日 2016年平成28年8月15日 月曜日 曇りのち晴れ

#終戦記念日 71年前のこの日
c0156021_07534311.jpg

#日本 #日本政府 と #昭和天皇 が 玉音放送 で勇気を持って命がけで無事終戦を宣言した。この事は日本と世界を救った。
終戦宣言が昭和天皇から行われたことで東条英機の狂気のギャング下剋上によりアジアと世界と日本を凄惨な残虐行為の競争の場に変えた日本による世界侵略を終えることができた。日本のアジア自滅侵略の根幹は「「#中共 から #大東亜圏 守る中共への侵略及び中国共産党への侵略(反撃)「咎める」#欧米列強 粉砕」と称す誤った国策に基づくものであった。終戦宣言により大東亜圏戦争(第二次世界大戦)で思いもよらない惨禍で被害にあわれた 中国(香港)台湾フィリピン韓国シンガポールマレーシアミヤンマーアジア各国の被害者の方々が癒えることはないかもしれないが、それ以上の被害者を出すことを止めることができた。「中国共産党粉砕 中国共産党国家建設完了の阻止の為の満州国家建設」という蒋介石と東条英機との狂気の侵略戦争を止めるため銃をとらざるを得なくなり多大な被害を被った英米仏中露連合軍の兵士もまたこの日終戦記念日の今日の重大な生き残ってもらえた。
日本が「アジア守る」と言ってはアジア人を虐殺し略奪しまた最後にはアジア諸国の人々をヒューマンシールド盾につかいひたすらアジアを侵略するーその姿は現在のイスラム民族至上反共暴力原理小沢一郎山本太郎が絶賛するISISにも似ていたと言える。

#東条英機 #蒋介石 民族至上侵略略奪暴力原理による「民族分断不穏分子」中国共産党への暴力と略奪の正当化 「#中共 から #大東亜圏 守る中共への侵略「咎める」#欧米列強 粉砕」称す背景には暴力テロギャング下剋上至上原理であるナチスのギャング略奪正当化の為の「思想」のフリが大きかっただろう。ドイツではこの「思想」と称するギャング至上原理は「ゲルマン民族至上のためだけの社会政策」という名でちょうど現在の米国共和党のトランプやバーニーサンダース「白人ファースト社会労働政策」が人気を集めたのと同じようにのように第一次大戦後ベルサイユ条約の賠償金で経済が逼迫するドイツの若者にあっという間にひろがった。ゲルマン民族暴力テロ略奪侵略地上げ正当化を「ゲルマン民族のためだけの財源充実」で正当化した。ゲルマン民族キリスト教と異なる立場のジューイッシュ民族への略奪強殺強制移住集団毒殺ホロコーストの正当化や生命をギャング至上原理に邪魔かどうかで判断するナチス「思想」という名の単なるギャング至上原理がドイツにも広がった頃だった。しかもそもそもバイキングギャング至上原理 ナチス の根底には略奪の正当化がありあらゆる国民に労働を求める共産主義という経済体制は相入れなかった。そこで
日独伊同盟による「民族団結暴力テロ至上」ナチスによる第二次世界大戦には反共産主義が大きな正当化根拠となった。資本主義と異なる共産主義いずれもが平等公平評価を基本とする対価性の原則に基づく貨幣経済を基本としているにもかかわらず「異なる経済体制」という対立煽りが成立しやすい危険がある対概念であるところ日独伊同盟による軍事強化と軍事的殺戮実態としてギャング至上原理の行為に「国民が共に生産し消費する」という発想は邪魔であり、従って、ナチスの攻撃対象に据えられた。
特に日本では蒋介石が中国共産党の国家建設に対する不満を具体的軍事テロ行為で行うべく日本の東条英機の満州国家建設により日本軍を蒋介石の対中国テロ対中国侵略に参加させる点で反共は欠くべからざる洗脳道具とあらゆる残忍で残虐な悪質きわまりないテロ侵略略奪地上げ行為をも恰も必須であるかのようの思わせ「目的のために手段選ばず」こそが恰も正義であるかのように思わせる洗脳道具として機能した。反共は従って一般日本人に意味がないだけでなく一般台湾人にもアジア人にも全く意味がなかった。一方で侵略略奪虐殺ギャング至上原理にあって中国共産党国家への侵略を恰も正義かのように据えていた蒋介石と東条英機のような「中共粉砕欧米粉砕」ナチス原理の正当化合法化は、反共だけでなく、「中国共産党国家粉砕」という名のギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理の為の略奪強殺毒殺侵略を制止する欧米列強と国際連盟の平和外交原則の徹底及び資本主義経済貨幣制度をもナチス蒋介石東条英機は否定していくことになった。それは、ドイツナチスが市場価値よりも「ゲルマン民族至上の国家建設のための貢献度」を重視した。健全で幅広い消費者よりも、ゲルマン民族やギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理にたつギャングナチスのみを消費者とするためますます侵略の必要が増しゲルマン民族ギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理のためだけの国家建設ーと称する軍費調達の為のジューイッシュ資産への略奪を「合法化制度化する」ホロコースト強制移住強殺毒殺が議会の多数決で立法され実施された。ナチスは略奪を否定する共産主義を徹底的に否定するだけでなくジューイッシュ及び富裕層巨大なマーケット消費者を暴力テロ軍事テロ行為や侵略行為で虐殺してもナチス国家が存続する事を狙い消費者を激減させることで成り立たなくなる資本主義や貨幣経済をも徹底的に否定する。なぜなら最終的にナチスは国土の広大さを評価の基準にし資源をできるだけ少ない人数で略奪し合うことでのみ成り立つギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理に起因するので、できるだけ多くの生き物を暴力で破壊し奪いその略奪状態をできるだけ長く維持することにすべてをかけていると言えるので、その発想つまりナチスの発想ギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理にとっては「敵は少ないほうがいい」ということになり結果ナチスギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理においては、絶対に何が何でも少しでも多くの生き物を破壊消滅させるために「邪魔」な制度例えば貨幣経済資本主義共産主義平和外交医療文明の発展人権概念個人の権利法律技術の発展など地球の生命の維持発展に寄与する全ての技術が邪魔にされることになる。
これは、どういうことかというとつまり、東条英機蒋介石ヒットラームッソリーニがのめり込んだ略奪強殺毒殺虐殺「正当化合法化」中毒ギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理ナチス「思想」による「既成概念の革命 運動」は明らかに人類と地球の生命の歴史と発展を止める危険があったことを意味する。
つまり、 英米仏中露が日独伊三国のナチスギャング至上原理による侵略戦争を止めたことは、地球の全ての生命を守り人類の文明と人類の生命存在と発展を守ったと言ってよい。
そして、昭和天皇と日本政府が71年前の今日暗殺の(おそらく東条英機一派残党)危険も顧みず行うべきでなかったどんな正当化根拠も存在しない大東亜戦争だいにじを終了させたことは極めて重要なことであった。
そして今日この平和な日本に生きる日本人として二度とあのような惨禍に世界中を引きずり込んではならないと改めて思う。
誤った国策によって日本人だけでなく世界中をアジア中の人々の命を日本人が奪った、たくさんの尊い命が無くなってしまった。そのことを日本人は深く反省し二度とギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理略奪強殺毒殺侵略地上げの合法化正当化を「選挙で選んだ代表 や その他 市民運動」でも行わないことを常に意識する必要がある。
例えば「目的のために手段選ばず」という言葉の結果がもたらすファシズムや嘘洗脳なすりつけ洗脳に基づき民主主義の基本である選挙民有権者が選挙権を行使する際の判断基準を詐欺となすりつけデマテロでずらされない」「デマテロメールに騙されない」などといった小さなしかし重要な有権者としての基本的能力を常に意識的に身につけ備えることなども重要だ。
具体的には、反共反欧米反人権のギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理に基づく政治団体組織民進党緑の党生活の党維新の党や類似政党の有権者に送られるデマテロメール等の逆さま洗脳に騙されたまま立法府である議会国会をギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理の思うようにされないように気をつけるべきだ。
日本が再び世界へのアジアへの残虐な暴力テロ行為を行うことのないように、日本人が軍事クーデターによる抑圧の結果とはいえ選挙で熱狂的に選んだ「民主的代表」の元で再び陰惨な虐殺略奪強殺を恰も「競うべき行為と対象」であるかのように思わせられることのないように、海外侵略国内軍事テロのパターンである略奪としての海外侵攻を「国際協力軍」として憲法に織り込むための、あるいは、大日本帝国憲法への復古以外の憲法改正を許さない民進党緑の党生活の党未来の党あるいは類似の新党の洗脳デマテロに絶対に引っかからないーそのような個々の意識と知識と分析判断能力がこの地球の生命の歴史と発展を守る。
c0156021_07240358.jpg

c0156021_07240396.jpg

c0156021_07534454.jpg

c0156021_07534418.jpg

祖母の墓参りを済ませ帰宅するとゴールデンセレブレーションとエマハミルトンムスティンウッドが猛暑にもかかわらず元気に咲いていた。
このように真夏の夕方平和にバラが咲いているのを喜べる穏健な日々を送れるようにそのような政治的選択を戦後71年間私たち日本人は行ってきた。自民党政権と憲法と国連と日米安保と日中日露日韓日本とアジア日本と豪州欧州アフリカ北欧東欧南米の平和外交関係の進展が今日の日本室の高い安定した人権と安全と経済を回復安定発展させてきた。

そのことを鑑みて、終戦記念日に日本人は重要なことを忘れてはならない。
あの戦争は誰かが起こしたのではない。
普通選挙の元で日本人はシーメンス事件をきっかけとした朝日新聞の「反既成政治反公務員反官僚反国際派官僚反インテリ反国際派経済人」というキャンペーンで多くの平和国際外交主義非開戦派を根拠なく「外国から武器を購入してばかりで国産武器の開発を遅らせ日本人アジア人裏切って欧米諸国と私服肥やした」という根拠ない言いがかりで国際外交派非開戦派及び国際的ではないが徹底外交派非開戦派をあらゆる分野から一斉にパージした。
外国武器を排斥し国産軍需利権に固執しその為の国際紛争開戦侵略戦争の原因を積極的に作り出すこのような動きは日本の近年では民主党政権の鳩山由紀夫政権に著しくその「アジアの警察官」として海外列強とともに「国際紛争」の解決に憲法で定めた軍隊を持ち憲法で国際協力軍を定め大っぴらに日本が海外侵攻できる憲法にすることを謳っている。鳩山由紀夫新憲法試案http://www.hatoyama.gr.jp/tentative_plan/
さらに鳩山由紀夫政権における民主党内トップといっていい民主党幹事長であった現在生活の党党首の小沢一郎はその新憲法試案URL:http://bastos.fc2web.com/page004.html のなかで「あらゆる手段を持って国際紛争の解決のために行うべき事を行う」との趣旨を明確に述べており通常このことは日本の核兵器開発核武装及び少年兵も含めた徴兵制をも含む海外侵略信仰を含むと解釈される。
実際、小沢一郎は鳩山由紀夫政権発足後すぐの憲法記念日において「日本の国産軍需振興と武器開発禁止三原則の解除を先ずは憲法改正がなくてもできるところからやらなければならない」と述べておりその言葉はその後民主党政権の野田政権においての日英日豪武器開発や海江田政権におけるソマリア自衛隊軍艦軍事派遣及び社会党土井たか子が止めてきた憲法調査会活動の再開及び現実的に憲法改正を行うための具体的立法憲法改正手続き法の立法を戦後初行った。それだけでなくさらに、欧米コンプレックスとアジア民族至上の為の欧米諸国中国共産党国家及び大国との戦争を可能にする国産軍需振興予算や核兵器開発予算(茨城東海再処理施設における使用済み核燃料の再処理過程における核兵器製造必須物質の精製及び核兵器製造予算)を消費税増税で賄うのは「消費税増税反対」という逆さま嘘洗脳選挙で勝った目的のためには手段選ばぬアナーキズム反欧米反日反朝鮮日台反大国アジア民族原理民主党政権のもとでは無理と判断するとアジアあるいはアジア「民族独立解放」支持の諸外国ギャング(事実上のアジア自滅地上げギャングナチス)がカジノでマネーロンダリングできるようにと具体的現実的にカジノを可能にするためのカジノ立法を維新の党の橋下徹の案にのるかたちで最後は最も嫌がっていた自民党を巻き込んで成立させたのも民主党政権だ。
さらに戦前の東条英機政権に近い民主党政権の民進党政権の動きや動機は国際的に見るならば今現在のアルカイダ、ムスリム同胞団、ヌースラ、シリア自由戦線FSA、ボコハラム、タリバン、ISIS=イスラム国と称するいずれもイスラム民族至上原理外国排斥石油の輸出禁止と自国イスラム圏での武器開発「イスラム民族の西欧やジューイッシュ欧米人権概念個人権利概念経済貨幣制度支配からの独立解放」を称するイスラム国家虐殺自滅原理テロ組織事実上のイスラム圏の自滅地上げ及びイスラム系欧米人への差別と弾圧の正当化)と極めて近似している。
そして、小沢一郎や山本太郎がISIS「イスラム国(と言う名のイスラム民族の自滅地上げ暴力テロ組織)」を絶賛していることは第二次世界大戦前の東条英機政権と朝日新聞日台の「中国共産党国家建設阻止及び阻止に加わらない西欧列強との決戦及びアジア諸国への暴虐虐殺」と小沢一郎鳩山由紀夫岡田克也橋下徹嘉田由紀子蓮舫ら民主党民進党生活の党緑の党未来の党の(および昨今の日本共産党社民党市民連合と言う名の反自民原理化した野党連合)の反自民洗脳反ジューイッシュ反経済反人権原理「アジアの西欧諸国や大国ロシア中国共産党国家列強からの価値抑圧からの独立解放(という西欧コンプレックス大国コンプレックス国際化乗り遅れとギャング下剋上ナチスの学歴蔑視を背景とする事実上のアジア自滅地上げとアナーキズム)」という「目的のためには手段を選ばず(どんな逆さま嘘でも平気な民主党民進党生活の党緑の党未来の党等の24時間逆さま嘘洗脳選挙)」とは極めて連続性の高い性質のものであり日本とアジア世界の平和と安全と人権保障極めて由々しき流れとして政事の舞台に存在し有権者の選択肢かのように朝日新聞などが喧伝室老けているのは極めて異常な事態が起きていると言わざるを得ない。

東条英機政権の誕生の背景
経済界政界の非開戦派非軍事国際外交国際連盟人権外交派は「日台の中国共産党国家建設阻止欧米との決戦」推進のためにそもそも存在した朝日新聞の開戦派陸軍国産軍需派の政権内経済界政界での台頭を画策するためだけにシーメンス事件を奇貨として全く根拠ない非開戦派への国家的非難と弾圧を日夜煽りが想像を絶するほどまことしやかに行われた。朝日新聞の煽りにのった社会的空気は青年将校による二度のクーデターの基礎と非開戦派経済界政界への民族主義的暴力テロの「正当化根拠」を提供した。と同時に年中変わりなく政府官僚と経済界政界を追及していた日本共産党と社会党が国民の官僚への怒りの民主主義的受け皿にならないように国会の民主主義的立法により日本共産党と社会党を「腐敗糾弾」から退ける唯一の手段として東条英機はドイツナチスがとった手法と同じく、共産主義社会主義政党の非合法組織化という方法をとった。日台の「中国共産党国家建設阻止中国共産党国家建設阻止しない欧米諸国列強との決戦」の根本的中国大陸地上げの動機と一致する行動として共産主義政党及び社会主義政党を日本における非合法組織として逮捕起訴できる新法を成立させ一斉に捜査逮捕起訴リンチ等で弾圧虐殺した。
その結果日本人の有権者に選択肢として何が残ったか?「中国共産党国家建設阻止 正当化のための満州国家建設」と言う名の事実上の中国大陸地上げのための国産軍需振興と「日台東条英機と蒋介石の中国共産党国家建設阻止欧米列強との決戦及び日台反大国中国共産党国家建設阻止反欧米民族原理東条英機政権と蒋介石一派以外アジアの誰も日本の政財界も台湾の多くの一般人や穏健派反ギャングの一般政財界も望んでいなかった「アジアを守る」風でアジアを破壊するアジア自滅地上げの為の大東亜戦争を嫌がるアジア諸国を虐殺し弾圧強奪し続けた日本による日台東条英機蒋介石による大東亜戦争第二次世界大戦への道は朝日新聞の扇動と朝日新聞の扇動による「正当化」を背景とした日本の青年将校の非開戦派への虐殺弾圧軍事クーデターや非開戦派で官僚企業腐敗追及の日本共産党社会党への虐殺弾圧といったファシズムの影響下に強くあったとはいえ、日本国民成人に等しく与えられた普通選挙権の行使民主主義の行使の元反エリート反学術反インテリ反国際派国産軍需たたき上げ高卒の東条英機を「国家のためのインテリ日本の愛国戦士」と美化し民主主義の基礎となる情報事実を日夜捻じ曲げひたすら負けるための戦争へ朝日新聞が追い込み続けた。その背後には常に日台「中国共産党国家建設阻止中国共産党国家建設阻止に参加しないあるいは咎める列強との決戦」をアジア自滅地上げの為の「民族独立解放運動」という目的のためには手段選ばぬ嘘洗脳記事で扇動し続けることをあたかも正義かのように思い込む異常な「中国共産党国家建設阻止」と言う名の略奪主義ナチスギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理が常に「思想」「運動」としてギャングの普遍化として存在し、一般国民が普遍的に朝日新聞が美化する国産軍需振興高卒主義高卒東条英機絶賛へ迎合的になればなるほど、学術的科学的軍事分析は排除されアジア日本を自滅させる負けるための戦争が泥沼の自滅スパイラルへ加速していった。
あの時なぜ日本人がそれでも東条英機政権を選び続けたのか?今なら日本人はあの様な朝日新聞洗脳や24時間洗脳に負けずに戦争で自滅せずに済むのか?
日本人は終戦記念日に昭和天皇の終戦の勇気ある決断を感謝し「国策に殉じた」日本軍兵士及び大東亜戦争で無残に虐殺されあるいは身体精神的にズタズタにされたアジア諸国欧米諸国そして日本沖縄の人々への深い反省と悔悟の念を持つとともに二度とあのような戦争を起こさないために今何ができるのか日本人の当時の選挙での行動があのような想像を絶する残忍で陰惨な惨禍を各国の被害を生んだということを忘れずに常に真剣に自らが政策立案を知り大切に真剣に慎重に真面目によく知り政策を知り公約だけでなく各候補の経歴学歴の真偽それまでの政治政策行動立法行為などを複数の信頼できるソースなどで調べ公約と実際の政治活動立法行動の一致不一致逆さま嘘洗脳で選挙を勝ってきているだけかどうか詐欺商法原理団体等犯罪組織の背景はないかなどよく調べた上で真摯な投票行動を行うよう心がけることを改めて心に刻む日であってほしい。

今日改めて思ったことだが、徹底的に有権者が選んだ東条英機政権の戦争責任をどこまでも朝日新聞が「天皇の戦争責任」と嘘洗脳記事で長年すり替えてきた背景には、東条英機を美化し東条英機政権で日台「中国共産党国家建設阻止及び阻止に加わらない欧米列強やアジア諸国との決戦 その為に「役に立たないインテリ国際外交が軍人官僚政財界人は反アジアで無駄」というギャング至上原理バイキングギャング下剋上原理ナチスの中国大陸と日本を地上げする自滅地上げ洗脳原理を日夜日本国民に洗脳し続けた朝日新聞の扇動罪戦犯逃れだけが理由であったと思われ重ねて朝日新聞の存在意義が日本と世界とアジアの平和に対して極めて由々しき問題を持ち続けていると改めて感じる。

[PR]
by 7thclouds | 2016-08-15 20:46 | 時事政治