ぱぱぱっとクッキング 素揚げキャベツとディープフライドオニオンのツナとごまペースト和えショートパスタ(ブロンズフェストーニ) キャベツの食べ方①揚げてソースに使う平成29年10月25日水曜日雨☔️

ぱぱぱっとクッキング 素揚げキャベツとディープフライドオニオンのツナとごまペースト和えショートパスタ(ブロンズフェストーニ) キャベツの食べ方①揚げてソースに使う。平成29年10月25日水曜日雨☔️

今日はパル生協の日でエコジャガイモがたくさん届いた。初めて頼んだ冷凍チキンを揚げ、付け合わせにキャベツを千切りにしたらキャベツの外側の傷んだところが残ってかわいそう。今日はご飯を炊いてないしIKEAの雑穀ビスケットもおととい終わっちゃった。パスタにしようかな?いくらトマトソースが好きでも、毎日トマトソースも飽きるので、そのキャベツの外側の痛んだところをなんとかしようと思い立った。キャベツを揚げてパスタソースにしてみよう。キッチンのIHコンロの背中側の棚にはツナ缶がある。さらにトマト以外にソースっぽいものといえば思いつくのは、、ツナ缶の隣奥に置いたごまペースト!
そこで、今日もメインは揚げ野菜!
そこにあり合わせのツナ缶+ごまペーストでパスタにしてみた。パスタにごまペーストを使うのは初めてですが、目に入るものでねっとり系のパスタソース似合いそうなものが他になかったと言うのが幸いしました。
c0156021_13133439.jpg
ごまペーストがツナの香りの強さを消しまろやかです。我ながら今日も上出来!美味しい!

材料(4食分)
ラテラエイルチェロ社の
ブロンズフェストーニ(ショートパスタ)カップ3
お湯1000cc
塩 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1
玉ねぎ1個
ジャガイモ1個
ツナ缶1缶
ガーリックパウダー小さじ1
塩小さじ1
お湯大さじ3
セサミペースト(ごまペースト)大さじ1

作り方
①お湯1000ccを沸かしショートパスタを12分茹でる。
②ステンレスかガラスあるいは陶器のボールに
ツナ缶を開けそこにごまペースト大さじ1と塩小さじ1ガーリックパウダー小さじ1お湯大さじ2を入れよく混ぜる。
③天ぷら鍋に600ccの油を入れ180度に設定。
④玉ねぎを5ミリ幅に輪切り。ジャガイモを縦に薄く切る。それぞれ2分ずつ揚げる。
⑤パスタの皿中央に揚げたジャガイモを載せる。
⑥パスタの皿中央に揚げた輪切りの1/8の玉ねぎを載せる。
⑦揚げた玉ねぎの1/8を②のボールに入れる。
⑦最後にキャベツを180度で30秒揚げる。
⑧揚げあがったキャベツを②のボールに入れる。
⑨茹で上がったパスタを⑧のボールに入れよく混ぜる。ここで塩加減を調節。
⑩揚げたジャガイモと玉ねぎを中央に載せたパスタ皿に⑨を盛り付けて出来上がり。
お好みで粉チーズや好みのチーズを少しかける。
c0156021_13330409.jpg
c0156021_13330603.jpg
c0156021_13330721.jpg
c0156021_13330821.jpg
c0156021_14092774.jpg
c0156021_14092852.jpg
c0156021_14085225.jpg
キャベツの外側は冷蔵庫に入れている間にポツポツ痛んでいますが食べらるのです。生の千切りには向かないけれど、揚げてパスタソースにしちゃおう!と思ったのが今日のパスタ料理のきっかけ!
c0156021_13432501.jpg
キャベツは1センチ幅なので30秒で充分揚がる。
c0156021_13422805.jpg
c0156021_13454070.jpg
c0156021_13454161.jpg
c0156021_13454250.jpg
c0156021_13454304.jpg
c0156021_13464100.jpg
パスタ皿に素揚げの薄切りジャガイモと玉ねぎを置きその上にごまペーストとツナと素揚げ玉ねぎディープフライドオニオンと素揚げのキャベツそしてガーリックパウダーと合わせたパスタを置きます。軽く粉チーズをかけてもコクが増します。
c0156021_13464357.jpg
料理を作っている間にたっぷり汗かいてしっかりお腹も空きました。
c0156021_13464445.jpg
c0156021_13473117.jpg
私の料理でよく使うラテラエイルチェロ社の有機のショートパスタはイタリアで70年以上にわたる伝統的な無農薬有機栽培の小麦を使った有機パスタです。ネットショッピングのアマゾンで入手できます。今日のようなごまペーストのごまの油が強くねっとりまったりしたそれでいて汁っけの多すぎないソースですとパスタにしみすぎずパスタにしっかりよく絡みぷりぷりっとした舌触りもよい。勇気というだけでなく食感がよく一個一個のパスタのプリプリ感がすごくあるので少量でも「食べた感」がしっかりあるので、ラテラエイルチェロ社の有機パスタはよく使います。パスタの下のジャガイモと玉ねぎの素揚げの甘い香りがうまくまろやかなごまペーストによく合います。今日は思った通りの出来で大満足です。
材料が縛られる(今日はトマトソースは飽きたなーとかバターないからクリームソースは無理だなーとか)制約があるからこそ思いつくのが料理だなとよく思うことがあります。今日もそういう感じで、美味しいパスタができました。

今日のパル生協
パル生協の、冷凍チキンフライも見かけは薄いのでどうかなと思ったのですが、食べてみると皮の脂がよくのっていて美味しかったです。塩味がきいているので、ソースはかけずに食べる方がオススメです。

パル生協ではじめて頼んだエコフルーツセット
Pal生協のエコフルーツセットがお試し価格になってお得だったので頼んでいたのが今日届きました。
タイの無農薬バナナ、狭山ベリーランドの中が赤いキゥイ長野県サンファームの秋映エコりんご奈良県大紀コープファームの有機肥料低農薬柿長崎県の有機肥料日野江マルタエコ極早みかんです。
バナナを早速いただきましたが美味しかったです。
c0156021_14300982.jpg
c0156021_14313831.jpg
りんごと一緒にタッパーや容器ビニールパック等に入れておくと甘みが増しますが、それにしても甘くて美味しいキウイフルーツ(レインボーレッド 狭山ベリーランド 埼玉県)
こういう美味しいキゥイが実をつけるのも、農家の皆さんと元気に蜜を集めながら受粉してくれている大小いろいろな種類の蜂や蝶や蛾たちのおかげです。人間は自然の生き物たちに生かされている。
c0156021_11153474.jpg
キウイを食べどきを逸しず美味しく甘く食べるコツはリンゴやバナナと一緒の容器やビニール袋に入れ冷蔵庫で保存すること。手で持って全体はやや硬めでも少しかるーく柔らかいところがちょっとあるかな程度がちょうど。柔らかくなりすぎると腐らせたりします。
c0156021_11153511.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2017-10-25 13:05 | ぱぱぱっとクッキング