今日は節分 2018年 平成30年2月3日 土曜日

今日は豆撒き (立春の前日 節分) 2018年 平成30年2月3日 土曜日
c0156021_20450293.jpg
慌ててファミリーマートへ節分の大豆炒り豆を買いに行って豆まきの豆を確保。
c0156021_20450360.jpg
平成30年 2018年の 節分は立春の前の日の今日2月3日です。節分の由来は、冬の季節が終わりを告げる立春の前の日、農業新年度が始まる立春の前の日に、古い手持ちの豆を炒って食し、種まき豆との区別をしつつ、「鬼は外福は内」で邪気を払い、新しい農作物を耕す新作物年度に向けて新しい作物の豊作と五穀豊穣を願ったお祭りです。

宮中行事の節分は4回ありますが、大豆を食べるのは立春前の豆撒き節分のみです。
したがって、節分の宮中行事は柊に鰯の頭を載せて飾って鬼を払った鬼払いの行事の方で、また別のものだったのではないでしょうか?たまたま季節の変わり目に邪気を払う鬼払い鰯柊という宮中行事が、農業新年の立春前に古い大豆を炒って食べる豆撒きと時期が一致しただけではないかと思われます。
農業祭五穀豊穣方策を願って行われていた風習ではないかと思われます。古い大豆を炒って冬に不足しがちな大豆由来の貴重なビタミンや大豆タンパク質の栄養をしっかり体内に摂りこみ、新しい農作物年度への備えをしつつ、新年度の種豆と分けつつ、農作物の新年の新サイクルの邪気払いと豊穣祈願を兼ねたものと言われています。英国では古い小麦粉を全て使って卵と牛乳と砂糖一緒にたくさんパンケーキを焼くパンケーキデーがありますが、これも現実的には古い小麦粉を使いきり冬のタンパク源にしつつ、農業の神様へ豊穣と厄祓いを祈る宗教上の慣習にもなって同じような目的のお祭り習慣はあるのだなと思います。

今年も健康に気をつけようという気持ちで、
「鬼は外」邪気払い。
日本中あるいは世界中で飢饉が起きないようにと願う五穀豊穣豊作祈願。
豆撒きの日、そっと豆撒きをしてしっかり炒り大豆を食べ、タンパク質を補充しました。
c0156021_20450443.jpg
c0156021_20450542.jpg
c0156021_21062109.jpg
毎年炒った大豆豆を喜んで食べては食べすぎるときもある我が愛犬びすけですが、今年は炒った大豆豆に興味なさそうな、感じ。
c0156021_23032307.jpg
c0156021_23032542.jpg
それよりも、キビナゴ煮干し入り夕飯が気になる様子です。

そういえば、12年以上前に新宿コンランショップで購入したランプ↓大事にしてたのに!
先週リビングにIKEAで購入した本棚とTVオーディオラックとソファーを入れる時に家具を動かした時にうっかり割ってしまったのですが、無事3Mボンドのガラス用で修復できました。
c0156021_23032703.jpg
c0156021_23032852.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2018-02-03 20:39 | 豆撒き