Ohanami in Waseda (4) at ShinEdogawabashi public park 元地元 早稲田へ花見に(4) 新江戸川公園

元地元 早稲田へ花見に(4) 新江戸川公園

日大二高女子部のクラスメートが恒例の女子部クラス会花見会を初めてくれてはや5年くらい?いつもは彼女の地元近所中目黒でお花見なのですが、偶々今年は私の元地元早稲田で花見にしました。元地元早稲田へお花見の今日の締めは新江戸川公園です。この辺りは約3年前まで新宿区早稲田町の自宅マンションに住んでいた頃愛犬びすけとほぼ毎日お散歩しました。
文京区区立新江戸川公園は、神田川の川べりに広がった森木立がうつくしく、すぐそばは高速の早稲田出口なのに、そのこちら側には神田川と大井堰があり、そのおくには護国寺側に向けて山の崖が切り立っています。その切り立った崖を大きな木々が支えているので、都心なのに里山化のような森が細く拡がっているのです。
初めての八雲庵から椿山荘の庭園をめぐり、今日のお花見の最後に新江戸川公園を選んだのはこの川べりの桜は特に夕暮れ時に川面に映る様がとても美しいからです。
c0156021_16224950.jpg
提灯の明かりもともって水面に揺れます。
昨日は出ていませんでしたがおそらく次の週末には文京区の商店街の焼きそば屋台も楽しくご近所や勤務先の勤めの方たちの花見のにぎわいも風情があります。
ひるまの新江戸川公園のあたりの神田川にかかる桜もいつ見ても見事ですが夕暮れ前もうつくしい。
c0156021_16265536.jpg
どての萩の花は今年はまだ早いのでつぼみが開きかけでした。今年は桜の開花が早いのだと萩の花の様子で改めて感じます。
c0156021_16265632.jpg
この細い通りが桜に埋もれるさまは、桜が空から降ってくるような錯覚を覚えるほどです。
c0156021_16265942.jpg
c0156021_16270140.jpg
公園の時計もしっかりと時を刻み、森と神田川、眼下に広がる早稲田から新宿一帯を見守っているかのようです。
映画配給でも有名なキングレコード前の有楽町線江戸川橋駅前交差点側の橋から夕日を眺めつつセルフィー。
c0156021_16321953.jpg
ここはよく鳥たちが魚をついばみに来ている場所なのですが、今日も美しいシロサギが優雅に飛んでいてホッとしました。
文京区の屋台が出ていなかったのでこの後は、中華にしました。このお店はかつて早稲田町の自宅マンションに住んでいた頃いつも愛犬びすけとのお散歩帰りに新目白の横断歩道を渡るとちょうど正面にあり一度来てみたかったお店。汁なし削麺と餃子が美味しく、お花見の仕上げにちょうどの場所にもあり、ぴったりの花見の宴となりました。

[PR]
by 7thclouds | 2018-03-26 16:06 | お花見