<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日曜日の朝は栗カボチャのサラダとパニーニ
c0156021_11355052.jpg
今朝は かぼちゃとホワイトマッシュルームのサラダ と チーズパニーニ
去年はカボチャとりんごのスライスでクリスマスのローストチキンの付け合わせにしましたが、今回は同じパル生協の栗カボチャを西友オンラインストアで購入したホワイトマッシュルームと合わせてみました。
ホワイトマッシュルームの生は作りたてはシッコリとした食感があり、塩などでしんなりしてかたはつるりとした舌触りで美味しいですよ。春らしさもある生のホワイトマッシュルームを栗カボチャのしっとり感でパサつきなく味わえるカボチャのサラダにいれていただきます。

栗カボチャとホワイトマッシュルームのサラダ 


作り方

栗カボチャ を冷蔵庫で解凍

玉ねぎ一個を薄切りの輪切り (水で10分晒す)

ホワイトマッシュルーム 6-10個 縦に薄切り

栗カボチャと薄切り玉ねぎとホワイトマッシュルームの薄切りをタッパーやボールに入れ分量の塩酢オリーブオイルをかけお好みでホワイトペッパー小さじ2杯を入れ出来上がり。


材料

パル生協 冷凍 栗カボチャ 400グラム

塩 大さじ1 

酢 大さじ4

オリーブオイル 大さじ6

(好みでホワイトペッパー小さじ1-2)

*玉ねぎが苦手な方は玉ねぎ抜きか1/2個でも。

c0156021_11355101.jpg
c0156021_11355284.jpg
c0156021_11545122.jpg
c0156021_11545192.jpg
チーズとベーコンのパニーニ
c0156021_11545342.jpg
c0156021_11545457.jpg
c0156021_11562742.jpg
c0156021_13281030.jpg
パニーニにチーズとベーコンを挟み、最近、イオンモール のFLAXUS(ワールド)で見つけ購入した(¥4000)のチーズグリル(トーストサンド機)!スヌーピー とウッドペッカーの形が浮き彫りになりパニーニの中のチーズもうまく溶ける🧀お弁当作りや朝食作りの強い味方です!
c0156021_13281180.jpg
ウッドペッカーとスヌーピー で挟むとトーストがきれいな浮き彫りになります。
c0156021_13281148.jpg
グリルドチーズメーカー(フロンティア物産)
(米国 カルフォルニア州 カノア SmartPlanet 社 からの輸入品)

[PR]
by 7thclouds | 2018-02-04 11:35 | ぱぱぱっとクッキング

今日は豆撒き (立春の前日 節分) 2018年 平成30年2月3日 土曜日
c0156021_20450293.jpg
慌ててファミリーマートへ節分の大豆炒り豆を買いに行って豆まきの豆を確保。
c0156021_20450360.jpg
平成30年 2018年の 節分は立春の前の日の今日2月3日です。節分の由来は、冬の季節が終わりを告げる立春の前の日、農業新年度が始まる立春の前の日に、古い手持ちの豆を炒って食し、種まき豆との区別をしつつ、「鬼は外福は内」で邪気を払い、新しい農作物を耕す新作物年度に向けて新しい作物の豊作と五穀豊穣を願ったお祭りです。

宮中行事の節分は4回ありますが、大豆を食べるのは立春前の豆撒き節分のみです。
したがって、節分の宮中行事は柊に鰯の頭を載せて飾って鬼を払った鬼払いの行事の方で、また別のものだったのではないでしょうか?たまたま季節の変わり目に邪気を払う鬼払い鰯柊という宮中行事が、農業新年の立春前に古い大豆を炒って食べる豆撒きと時期が一致しただけではないかと思われます。
農業祭五穀豊穣方策を願って行われていた風習ではないかと思われます。古い大豆を炒って冬に不足しがちな大豆由来の貴重なビタミンや大豆タンパク質の栄養をしっかり体内に摂りこみ、新しい農作物年度への備えをしつつ、新年度の種豆と分けつつ、農作物の新年の新サイクルの邪気払いと豊穣祈願を兼ねたものと言われています。英国では古い小麦粉を全て使って卵と牛乳と砂糖一緒にたくさんパンケーキを焼くパンケーキデーがありますが、これも現実的には古い小麦粉を使いきり冬のタンパク源にしつつ、農業の神様へ豊穣と厄祓いを祈る宗教上の慣習にもなって同じような目的のお祭り習慣はあるのだなと思います。

今年も健康に気をつけようという気持ちで、
「鬼は外」邪気払い。
日本中あるいは世界中で飢饉が起きないようにと願う五穀豊穣豊作祈願。
豆撒きの日、そっと豆撒きをしてしっかり炒り大豆を食べ、タンパク質を補充しました。
c0156021_20450443.jpg
c0156021_20450542.jpg
c0156021_21062109.jpg
毎年炒った大豆豆を喜んで食べては食べすぎるときもある我が愛犬びすけですが、今年は炒った大豆豆に興味なさそうな、感じ。
c0156021_23032307.jpg
c0156021_23032542.jpg
それよりも、キビナゴ煮干し入り夕飯が気になる様子です。

そういえば、12年以上前に新宿コンランショップで購入したランプ↓大事にしてたのに!
先週リビングにIKEAで購入した本棚とTVオーディオラックとソファーを入れる時に家具を動かした時にうっかり割ってしまったのですが、無事3Mボンドのガラス用で修復できました。
c0156021_23032703.jpg
c0156021_23032852.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2018-02-03 20:39 | 豆撒き

平成30年1月2日〜1月7日 お散歩始め 都立東大和南公園 初詣 氏神さま 豊鹿嶋神社  新宿区 墓参 パークハイアット東京 七草がゆ
c0156021_19081339.jpg
平成30年1月2日お散歩始めでした。
c0156021_19081493.jpg
散歩始めは都立東大和南公園
c0156021_19081518.jpg
c0156021_19081619.jpg
c0156021_19104292.jpg
卯年生まれの犬我が愛犬びすけは私のトリミングで顔まわりは長めの毛足です。
c0156021_19104323.jpg
去年は風邪で寝正月だったので一昨年の新宿区馬場下町天祖神社のお札を、今年はやっと東大和市の氏神さま豊鹿嶋神社に納めに来ました。
c0156021_19104360.jpg
豊鹿嶋神社は都内で最古の神社です。日本全国に600ある鹿島神社の流れです。http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/kitatama/higashiyamato/5762/
タケミカヅチ 武甕雷 の神が祀られていて地震避け の神などとも称されます。http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1003713164.html
c0156021_19104449.jpg
1月4日 墓参
c0156021_19104532.jpg
パークハイアット東京の一階テラスカフェでお茶🍰☕️
c0156021_19334983.jpg
c0156021_19335210.jpg
c0156021_19335374.jpg
綺麗な青空が少しずつ暮れていきライトアップが映える水面に
c0156021_19335483.jpg
1月7日 七草がゆ
c0156021_19353782.jpg
パル生協と東中神(昭島市)自然館キノで購入した七草で七草がゆを作りました。
七草がゆの由来は色々言われていますが、今年は由来についていくつか面白いブログが上がっていたので引用掲載しておきます。まず、春の苦味のある野草はいくつもあるのになぜこの七つの野草なのかを説明しているブログ『春の七草で「七草がゆ」を食べる意味ってなに?』URL: https://www.google.co.jp/amp/s/rassic.jp/content/8089.ampというブログによれば以下の通りということになります:芹(せり):競争に競り(せり)勝つ 薺(なずな) :なでて汚れを取り除く御形(ごぎょう) :仏の体をあらわす繁縷(はこべら) :茎に葉がたくさんつく→繁栄をあらわす仏の座(ほとけのざ) :仏の安座 鈴菜(すずな) :神を呼ぶための鈴 清白(すずしろ) :汚れのない清白」(出典『春の七草で「七草がゆ」を食べる意味ってに?』URL: https://www.google.co.jp/amp/s/rassic.jp/content/8089.amp より)
さらになぜ1月7日かという点については「邪気を払う5節句 のうちの一つが1月7日(1/7人日 3/3上巳 5/5端午 7/7七夕 9/9重陽 このほか1/1 が節句)が人日の「節句」で節句には無病息災を祈って邪気を除く節目だから」ということのようです。(出典『春の七草で「七草がゆ」を食べる意味ってに?』URL: https://www.google.co.jp/amp/s/rassic.jp/content/8089.amp より。)この点、ウイッキペディアには御伽草子に出典を求める記述があります。しかし、「『ブログ 春の七草・春の七種 https://www.benricho.org/koyomi/nanakusa-wakana.html」では枕草子などの原典をあげ平安京時代の「若菜摘み」と、上記の『春の七草で「七草がゆ」を食べる意味ってに?』URL: https://www.google.co.jp/amp/s/rassic.jp/content/8089.amp 」が挙げる人日の無病息災の宮中行事が重なったものと根拠づけていて「若菜摘み」+人日の無病息災宮中行事説「『ブログ 春の七草・春の七種 https://www.benricho.org/koyomi/nanakusa-wakana.html」の記述には説得力があります。
c0156021_19353884.jpg
c0156021_19353949.jpg
c0156021_19354002.jpg
c0156021_19381870.jpg

c0156021_19381961.jpg
c0156021_19382018.jpg
苦味のある野草は胃腸の消化を助けるための工夫だったのでしょうね
c0156021_19382191.jpg
c0156021_19413266.jpg
毎年七草がゆを食べ、1/11の鏡開きでおぜんざいを食べお正月からの「お餅食べ続け」状態が徐々に収まっていくのです。
c0156021_20010274.jpg

c0156021_20010357.jpg
c0156021_20010439.jpg


[PR]
by 7thclouds | 2018-02-03 19:07 | 新年