タグ:エイブラハムダービー ( 5 ) タグの人気記事

今年のバラ 5月の庭①2018
c0156021_13574601.jpg
二月に今年増やした大苗を植え込んだ。
ことしもデビッドオースチンローゼズ社からシュロップシャーラッド の裸苗と
c0156021_14223194.jpg
c0156021_14223330.jpg
ジェネラスガーデナーの裸苗を購入し植え込みました
c0156021_14223719.jpg
c0156021_14224275.jpg
ここ数日の雨が良かったのかゼネラスガーデナーがやっと蕾をつけ始めました。

去年平成29年2017年は年始から風邪で寝込みその後背中が苦しい痛い高熱の腎盂炎繰り返し、夏には腎臓尿管結石と腎盂炎と結石が尿管に詰まる尿管結石による水腎症で立川共済病院へ入院していたのでその間にハバチ にすっかりやられ追肥も遅れてしまっていた我が家のバラたち。今年は有機肥料のバイオゴールドを2-3月に慌てて与え、デヴィッドオースチン社のローズフードも与え、虫除けのニームをまきこの時期を迎えたところ、ゴールデンウィークにやっと咲き始めました。同じ肥料でも、不思議と元気のいい苗は毎年違います。今年我が家で元気がいいのはエイブラハムダービー。
c0156021_13493824.jpg
エイブラハムダービー1年目の去年より大きめの花が咲いています。
c0156021_14355203.jpg
エイブラハムダービー。蕾も美しく大きいので見応えがあります。
咲いてからもゆっくりたっぷり開くので素敵です。
エイブラハムダービー2年目の今年は茎がまっすぐ伸び、切り花にしても華やか:でしっかりとしたカップ咲き (左真ん中がエイブラハムダービー。右はパットオースチン)
c0156021_13494156.jpg
枝で咲いてる時も美しいエイブラハムダービー
c0156021_13552413.jpg
エイブラハムダービー(デヴィッドオースチン社 イングリッシュローズ)
c0156021_13552662.jpg
c0156021_13493944.jpg
エイブラハムダービーは切り花にしても華やかでよく開く。
(下も エイブラハムダービー 右が パットオースチン デヴィッドオースチンローゼズ社の裸苗から育てて2年目)
c0156021_13563918.jpg

まだ蕾ですが、ピエールロンサール も今年は3年目で去年よりやや大きめに咲きました。
c0156021_15112961.jpg
切り花にしてもピンクの縁取りのクリーム色が美しいピエールロンサールはピンクベルベチェとよく合います。(左 ピエールロンサール右 ピンクベルベチェ) 
右の水差しはエイブラハムダービー
c0156021_13570254.jpg
ピンクベルベチェ(相原バラ園大苗裸苗で3年前購入)も元気に咲いています。今年一番早く蕾をつけました。
c0156021_15284877.jpg
去年植え替えたパフビューティも今年は蕾をたくさんつけました。
c0156021_14441640.jpg
c0156021_13583706.jpg
一年中咲く2年目パットオースチンも今年は特に花付きが良い。
c0156021_14515503.jpg
c0156021_13593918.jpg
パットオースチンの黄色味がかった大輪のオレンジは青磁の花瓶にもあう。
c0156021_13594004.jpg
アランティッチマーシュもやっと蕾をつけました。
(手前。奥はチェリーセージ)
c0156021_14302758.jpg
今年は大きくなりすぎて西側の庭に移した3年目ゴールデンジュビリーも咲き始めました。
c0156021_14312749.jpg
c0156021_14513061.jpg
今年はポスト周りはジョイフル本田で購入した多年草の苗でいっぱい。
カインズで三年前に購入し冬取り込みが遅くて凍死しかけたモンテスラも復活し元気です。
c0156021_15104134.jpg
c0156021_15104243.jpg
ガートルードジェキルとジュビリーセレブレーションは去年夏両腎の水腎症で入院していた際にハバチの幼虫にやられさらに追肥がなかったためか今年はダメ。毎年ハバチの幼虫は手で潰して駆除していたのですが。
大きく茂った3年目のレディエマハミルトン。今年もたっぷり葉をつけて株も充実。蕾をつけこれから咲き始めるところです。
c0156021_15173788.jpg
c0156021_14012842.jpg
今年は結石に苦しまない夏にしたい。
今日は雨の後なのでお散歩はお休みのびすけです。
c0156021_15221453.jpg
c0156021_15234792.jpg
c0156021_15234807.jpg





[PR]
by 7thclouds | 2018-05-07 05:02 | バラを育てるのはたのしい!

c0156021_13300106.jpg
柔らかいフリルが美しいレディエマハミルトン。今年はやや遅れ気味ながらやっと咲きました。去年たくさん咲いたので心配して肥料もこまめにたしましたが、無事今年も元気。
c0156021_13300157.jpg
柔らかく明るい薄い花びらの上品なアプリコットピンクが素敵なレディエマハミルトン。アランティッチマーシュと並べてもふわり感がよく合います。
c0156021_13304758.jpg
オレンジがやや強めのゴールデンセレブレーション、去年と違い今年は一番早く咲きました。
c0156021_13300206.jpg
ピンクベルベチェも次々大きく咲き始めています。
c0156021_13300277.jpg
エイブラハムダービーは大輪なだけでなく花付きも良く雨にも散らずよく持っています。
c0156021_13300341.jpg
アランティッチマーシュも今年は5月から次々と大輪に良く咲きます。
c0156021_13300301.jpg
ガザニアカナリアスマイルも昨日の雨で益々元気。
c0156021_13300343.jpg
オリーブも新芽が出てきました。びすけはお散歩待ち。
c0156021_13300483.jpg
昨日の雨が乾いた頃にお散歩いきましょー
c0156021_16361004.jpg

c0156021_16361129.jpg
昨日摘んだエイブラハムダービーもテーブルの上で綺麗に花持ちしてます。
c0156021_16491142.jpg
イングリッシュローズ3種並べてみると、もっとも華やかなのは、レディエマハミルトン(真ん中)、大輪のふわり感あるエイブラハムダービー(右)はピンクの色合いがややモーブですし、アランティッチマーシュ(左)も紫の色明るいですが強香な中でも濃いめのかおりにあうバイオレットピンク。
c0156021_16515279.jpg
レディエマハミルトンと同じような華やかさは、イングリッシュローズ以外では、花びらの薄いふわりとした淡いピンクのピエールロンサールにもあります。
















[PR]
by 7thclouds | 2017-05-27 13:13 | バラを育てるのはたのしい!

雨が降ってきそうなので、我が家の庭のバラを雨で散ってしまう前に摘んで花瓶に挿す。
c0156021_12383940.jpg
一昨年植えたピエールロンサールが今年はやっと大輪の花を咲かせた。
c0156021_12383986.jpg
去年植えたエイブラハムダービー、今年は大きく咲いた。
c0156021_12442835.jpg
去年植えたアランティッチマーシュも今年は大きく咲いた。
さて、↓記念写真のように並べて撮影。
c0156021_12384026.jpg
左がアランティッチマーシュ(右奥も同じ)真ん中がエイブラハムダービー右手前がピエールロンサール
c0156021_12442941.jpg
こうしてみるとバラの苗を購入する際、色の分類では、アランティッチマーシュは紫、エイブラハムダービーはアプリコット、ピエールロンサールはピンクにカテゴリー分類されるのがよくわかると思う。ちなみに、花持ちが良いのは?と思われる方のために、ご参考までに申し上げると我が家の庭のバラを切り花にして花瓶に挿したとき、切り花にして持ちがいいのは、ゴールデンセレブレーション、アランティッチマーシュ、ピエールロンサール。逆に、一晩でクシュっとしてしまうのは、ガートルードジェキル。それとパットオースチン。だが色は強く残るので、
c0156021_13325585.jpg

ドライフラワーには向きます。

[PR]
by 7thclouds | 2017-05-24 12:23 | バラを育てるのはたのしい!

c0156021_19243491.jpg
今日の夕方のパットオースチンとシャリフアスマ
c0156021_19243449.jpg

そして
c0156021_19243518.jpg
アランティッチマーシュ
そして
c0156021_19243577.jpg
エイブラハムダービーも大きく咲きました。
c0156021_19243502.jpg
オリーブとシャリフアスマをバックに撮影(北側の庭)
c0156021_19243608.jpg
エイブラハムダービーとアランティッチマーシュ
c0156021_19243640.jpg
パットオースチンとエイブラハムダービーとアランティッチマーシュ
c0156021_19243760.jpg
上からアランティッチマーシュ、エイブラハムダービー、パットオースチン
全て去年デヴィッドオースチン社の公式インターネットサイトから購入し植えた大苗が育って大きく咲いたイングリッシュローズです。
デヴィッドオースチン社の公式インターネットサイトURL: http://www.davidaustinroses.co.jp/japan/advanced.asp?PageId=1988









[PR]
by 7thclouds | 2017-05-23 19:09 | バラを育てるのはたのしい!

c0156021_23023361.jpg
北側の庭
去年秋の遅くまで咲いたので心配していたパットオースチンですが、今年もたっぷり大きく咲きました。
ティーっぽく反り返りながら見事に咲くパットオースチンはデヴィッドオースチンの奥様のお名前にちなんだバラです。北側でも日当たりがよければよく咲きます。
c0156021_23023425.jpg

c0156021_23091230.jpg

c0156021_23091279.jpg
その隣にはシャリフアスマを植えています。これは昨日の様子ですが
c0156021_23091360.jpg

同じシャリフアスマ、
今日の午後大輪のカップ咲きで咲きました
c0156021_23023530.jpg
北側でもよく日が当たるのでしっかり育ちました。葉の色も明るくきれいです。
透明感のあるピンクの薄い花びらがカップ咲きに咲くところが、シャリフアスマの良さです。
c0156021_23091310.jpg

西側の庭
c0156021_23091492.jpg
西側ではアランティッチマーシュ
c0156021_23023550.jpg
去年西側に植えたアランティッチマーシュ。今年は大輪に咲きました。明るいピンクに近い紫の深いカップ咲きが素敵です
c0156021_23091486.jpg

c0156021_23023636.jpg
去年植えた西側のエイブラハムダービー。オレンジピンクのような色合いはエイブラハムダービーにしては少し変わり色風の今年のエイブラハムダービーですが香りの濃さは変わりません。


[PR]
by 7thclouds | 2017-05-22 22:49 | バラを育てるのはたのしい!